小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2017/10/13(Fri)
※カラオケとお経

今月に入ってから毎日朝5時過ぎからお経の声がして・・いささか
うんざりしていました・・申し訳ないですが・・<(__)>
お盆だったせいもあり、また、1週間は休んで、先祖を供養すると
言うこの国の風習でもあったから・・ですが・・殆ど何処の家でもお
墓参りに出かけました。

お坊さん用に弁当を準備して行くそうです。私も誘われたのですが
親族ではないし4時間バスに乗って行くという話でしたから断った!

普通の人は断るなんて失礼だと思うのですが高齢でもあり、4時間
山道をバスに揺られる元気は無かったからです。
腰痛も出ていたし・・(-_-メ)

それは1週間で終わったのですが・・最近亡くなった人の家はお経
が絶え間なく毎日、1週間以上同じ時間に時にはテープだったりと
大きな読経が流れていました・・(-"-)

それもようやく終わったと思って静かになった途端に今度は何処の
家からか?解らないですが・・朝から夕方まで“カラオケ”を歌う人が
いて・・それも《MAX》状態で歌うから・・「えらいこっちゃ!」他人がどう
思うかなどは先ず考えない国民性ですから(それでも、ベトナムより
かは恥ずかしいことは知っている民族ですが)・・(@_@。

日本人とは全く違います・・\(◎o◎)/!

お盆で親族が残っているのか?最近は酷く賑やかです・・(@_@;)
哀愁を帯びた歌声あり、飛んで行きたいような陽気な歌もあって・・
音の感覚は目茶苦茶です・・あはははは

何時でしたか?カンボジアの国営TVを見ていたら男性歌手が本当に
泣きながら歌っていて驚いた記憶があります。
この国は【失恋、別れ、望郷】の歌が多いそうです!
大抵の家には”カラオケ”の機械がある見たいで・・あちこちから聞こえ
それは複雑です・・(--〆)
この記事のURL | カンボジア | CM(1) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2017/10/12(Thu)
※市場で・・

数年前住んでいた家の近くのお兄さんに偶然出会って吃驚仰天
しました・・\(◎o◎)/!

未だ、カンボジアに戻って数日しか経っていなかったから「まさか?
まさか?」と言う感じで・・(@_@;)大声で「、マダム・・」なんて声をか
けられて・・とに角驚きました!

何時も言ってますが外国人の女性は全て《マダム》と呼ばれます!

彼は少し太っていて何か?違う人の様に見えた・・自分も老婆にな
った事だろうと思いながらも懐かしく・・当時病気をした時や引っ越し
の時には随分世話になった人です。

空港までトックトックで送ってくれて「必ず、また会いましょう!」と言
ってくれた人でした!

また、近くに住んでいてバイクタクシーで街中に何時も近くにいれば
乗せてくれた小父さんとも遭遇して・・矢張り懐かしく嬉しかった!
言葉ではなく”心”が通じている感じがありました・・( ^^)

瑣末なことだけれど・・見知っている人に会える事は矢張り嬉しい!

昨日は、朝方、猛烈なスコールが降って雷鳴が轟き吃驚しましたが
日中は暑さも然程ではなくずっと晴れて風も少しあって気持ちのよい
天気でした・・(*^_^*)

高校生くらいの女性が卵を売っていたので・・袋を貰いそれに入れて
居たら彼女が私が出したりエル札を出すと「それで丁度です」って・・
日本語で話してくれこれも驚かされた・・(@_@。

初めて聞いた日本語でした。かなり、上手でした!
そんな事も朝の市場の些細な出来事ですが幸せを感じた1日になり
嬉しい時間をくれました・・(*^^)
この記事のURL | カンボジア | CM(1) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2017/10/11(Wed)
※珍しい観光地・・≪プーンタノン≫

シェムリアップから50㌔程北上した街〖タノン村〗にあります。
カンボジアの“カッパドキア”とも言われ奇怪な岩石群が広がって
います。

週末ともなると近隣の人で賑わい市内からの観光客が沢山訪れ
るようです。
市内からは旅行会社の車でチャーターするか?バイクタクシーで
行くことができます。

近場のお寺に車を止めて10分ほど歩くとお目当ての岩石群に到着。
奇怪な岩の後ろには素晴らしい景色が広がり・・そのギャップの差
に驚倒されると思います・・( ^^)

尤もこの岩が観光化されたのは未だ2年程度で誰も手をつけていな
いからその自然の美しさやハイキング等が盛んになって来ています。
未だ未開の土地なので・・早目に観光される機会があるといいですね!

〔プーンタノン国立公園内〕です。
不思議な光景と自然美に圧倒されるのではないでしょうか?時間が
止まった様に感じられます。
この記事のURL | カンボジア | CM(1) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2017/10/10(Tue)
※再度のカンボジア

「何が1番変わった?」と聞かれたら矢張り生活が豊かになったこと
ではないでしょうか?殆どの人は家に住むようになっていた事です。

以前は小屋の様な場所でしたが土の上に筵を敷いていたり、または
ハンモックで寝ている人が凄く多かったのですが、ドアーの付いた家
に帰って行く姿を見ると心が幸せになります。

生活も子供たちの様子も変わって・・何となく落ち着いた暮らしが見ら
れます。

それに、トックトックが増えて・・以前よりかなり台数があるのを感じ
ます。
先日も書きましたが・・凄く豪華な物もあって向かい合わせで座って
4,5人乗れるものや、布を周囲に付けて日焼けしないようになって
いたり、華やかな生地でデコられたものもあり・・驚きです・・(@_@;)
これからの『乾季』から始まる結婚式用なのかも知れません?
形も様々で・・楽しめます・・(*^_^*)

まー台数が増加したのには吃驚します。前はトックトックを探す事で
必死になったものですが・・今は何処にでもいて安心です・・( ^^)
それだけ暮らしが楽になったのかも知れませんねぇ!
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2017/10/09(Mon)
※長距離バスで

未だ明けやらぬ真っ暗の道路を時折、バイクや自動車が通過する。
ベトナムにいた頃は今の時間(午前4時半)と言えば煌々と電気が
点灯していて、市場の店は開店準備に追われているのを思い出し
同じアジアでそれも隣国なのに・・これほど国民性が違うのも珍しく
感じています・・( ^^)

未だ誰も起きて無くて周囲は静寂に包まれています。この国の朝は
6時半位でしょうか?玄関を掃除する人やバイクを家から出す人達
もその頃になるとぼちぼち動きだすという感覚です・・(@_@。

洗濯機も気を使って7時半ごろ回していましたが・・そんな事は「お構
いなし」で真夜中でも回す人がいて吃驚しました・・(-_-メ)
毎日洗っている人がいるのも「このアパートメントの不思議な現象?」

さて、長距離バスはタイ(バンコク)から直通バスが出ています。
これが便利なのですが何せ遠い・・(@_@;)時間は片道8時間と言う。
それでもプノンペン行きだと12時間掛るので未だ良い方かも?

飛行機と違って極端に安価で30$位です。ただ、国境を越える時
にカンボジアのビザの取得手続きで30$と手数料が取られます。

またベトナム・ホーチミン市からもシェムリアップ、プノンペン迄バス
が出ています。
所要時間はそれぞれ片道6時間、12時間掛ります。ホーチミン市内
の旅行代理店でチケットを売っています。料金は私が住んでいた頃
は22$でしたが・・今は30$前後だと言います。
ここもまたカンボジアのビザ取得に料金が掛ります!

案外バスも面白いです・・( ^^) ビザの関係で何度か1人で、乗りました
が・・色々な人の人生が見えて言葉は解らなくても人間のする事は同じ
だから・・ははははは
まーとにかく荷物が多いのには驚かされましたが・・\(◎o◎)/!

沢山の人に遭遇し、一緒に共有の時間が有ったものです。ふと、思い
出しました・・(*^。^*)
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ