小夜しぐれ
2017/03/16(Thu)
※東京下町に住んで2年・・?

この大都会に住んで2年が経った・・本当に早いもので・・最初は
この物価の高い土地で生活ができるか?とか寄せ集めの様な
人々の中での生活は大丈夫?とか〔何せ、半世紀も昔にしか住ん
だ事がなく・・時代と老化で・・かなり振り回された1年間だった!〕

此処へ来た時は病み上がりで・・極端に体力もなく、また劇瘠せ
状態・・(^_^;) とに角食べて食べて太らねば・・体力が持たなくて
胃潰瘍も大きなのができたり髪の毛もごっそり抜けて・・冬服が
重かったのを嘘のように思い出しています・・うふふふふ

1年間で10㌔太り2年目にもまだ太りだして・・あはははは
これは薬の副作用も半分はあると言われたのですが・・(・_・;)
今は腰痛のコルセットをし、ゴムのパンツやスカートを履くと
言う有様で・・最近は少し落ち着いてきた・・やれやれ!

薬も最初は10種類以上飲んでいたが今は半分になり、食事も
かなり減ってきた。これでもう少し背中やお腹の贅肉が取れたら
元に戻るかも・・と淡い期待をしています・・きゃはははは

お酒も週末缶ビール1本しか飲まないのに・・顔と足がむくむので
毎日そろそろとストレッチ。それも帰国する前はかなりハードにして
いたのに・・今は怖くて殆ど回数も少なくなった・・!(^^)!

少しオーバーすると翌日、腰も足も痛くて歩くのが辛い・・(@_@;)
急激な運動が老化を促している感じでしょうか?年寄りの冷や水
にならないようにお風呂上がりに本当に少しだけにやっている。

未だ血圧が高いので・・これは治らないのか?かなり強い薬に替え
たのに・・朝晩は未だ下がらない・・寒さのせいもあるらしい・・(-"-)

しかし、ただ1日が早く2度とは戻らない日なのに・・時々はその事
を忘れて”だらしのない生活”をしている自分に”檄”を飛ばしてみる
が何処かで老化を恐れ【まーいいか?】と言ういい加減さが出て来
て、今迄頑張って生きてきた生活をぐしゃぐしゃにしてしまう・・(-_-メ)

『歳だから』なんて何の言い訳にもならないのに・・恥ずかしい限り
もっとちゃんとしてしっかり残りの時間を楽しく味わって生きなけれ
ばとは心裡で思っているのだが・・気が張り詰めているばかりだと
頭や身体に疲労が溜る感じがして・・ふぅーーー

まー人生には何があるか解りませんから・・可能なことはしたいし
出来る時間は精一杯に生きていたい・・これが最近の心の内かも
知れません・・(-_-メ)

確固たる信念で生きるなんて・・疲労困憊してしまい【もー面倒!】
とかなって行く自分自身が近頃見えてきている・・とほほほほ

「これは拙いし人として一寸嫌な部分だけれど、それも老化の要因
だと逃げている日々ですから・・{あーあ・・(-.-)}
この記事のURL | 日記 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ
2017/03/14(Tue)
※夏目漱石の『こころ』解釈2回目なり・・(^_^;)

丁度1ヶ月前に夏目漱石の『こころ』について様々な解釈や要訳が
有ることを講座で習い・・その終盤として2回目が行われました。

日曜日で天気もよく、相変わらずスカイツリー近辺や浅草は観光地
でごった返していました・・(@_@。

前回も書きましたが要するに漱石の『こころ』と言う小説は本当の所
こんな小説だった・・という大学の教授の話で、私は想像もしていなく
ましてやあの長い分厚い本を読解するだけの知能もありませんから。

けれでも、一応図書館で本を借り分厚い重い本を斜め読み程度に
は読んで出かけました。でも、何となくと言う感覚で教授が言わんと
する事などは頭の上を飛んでおりましたけれど・・あはははは

前の回は160人びっしりで・・また男性が多く驚倒しましたが今回は
前の時よりも人が少なくその上天気が良かったので、薄着で出かけ
た私は肌寒くて〔若い人に比べたら着込んでいる方〕なのに・・足元
から寒気がしていて「風邪をひいたかも?」と思ったほどでした!

▲さて、たった1冊の本に対する数多の先生方の解釈の違いと言い
  ますか?面白く興味は沢山ありました。▲

明治44年に出された《新公論》と言う雑誌には大勢の先生達のこの
本に対する解釈の違いが出ていたそうです。

例えば①沢柳政太郎氏<田園の幸福は金銭に換算すべからず>
    ②杉山重義氏<郷土の誇りと高等遊民の覚醒>
    ③高楠順次郎<田園の美的生活>
    ④河岡潮風<亡ぶ都会荒るる田園>などが
この本を支柱にし様々な解釈と思考が語られていると言う話でした。

まー正直言って「さっぱり理解不可能な頭脳で・・ぶっ飛んでおりま
したが・・ははははは
真面目で研究熱心な先生たちの思考や視点、観点の凄さにたった
1冊の本から導きだされる解釈や要訳に驚愕の思いで拝聴してきた
次第です!

◆人生は凄いです。1人1人波乱万丈の生き方がありそれは誰とも
 酷似していなく決して同様ではなく重複するものでもないのです◆

◆生きている事はそれだけで素晴らしい事ですねぇ・・(@_@;)
 生かされている事の奇跡を数えながら朝、覚醒する不思議さと有難
 さに我が心は感謝あるのみを感じそれが現実の今の生活です◆

▼漱石が何を言わんとしたのか?私の頭の中では整理は出来ない・・
  けれど生かされているこの不思議な力は全て『こころ』から発して
  いる表現でありそこが源である気がしました・・( ^^) ▼

そして正に今読んで少しは『こころ』が穏やかになれたのはこの機会
を頂けたからに違いないと思いましたし、そこにこの『こころ』を描いた
作品だったのだと個人的に想像できたのですが・・難しかったです!

 ☓多分、脳の活性には少し役立ったかも知れません・・うふふふふ☓

刺激にはなったかもです!しかし、本音では「もー無理だわ」と思った。
何故なら・・かなりの疲労が頭と足に来たからです・・ははははは

彼女がくれたチケットでしたが・・彼女の様に若い人が受ける刺激と
老いた私の様な愚鈍でガタガタの脳細胞では受ける刺激にも多様
性があって・・個人的には強烈な痛みで有り・・難解過ぎた気がしま
したねぇ・・\(◎o◎)/!
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ
2017/03/13(Mon)
※〖卒業式〗だったんですねぇ・・(*^^)v

10日の金曜日に髪の毛が伸びたので・・カットをしに何時もの店に
出掛けました。

外に出ると5~7人位の着物(それも袴姿)の女性の集団に遭遇し
ました・・\(◎o◎)/!

次から次へとその集団は電車から溢れて出て来て・・余りにも多く
ずっと見とれておりました・・あはははは

数人は全く同じピンクの桜模様の着物に紺の袴、そしてブーツ姿
の集団で驚きました・・(@_@;)

娘の時は20年も前だからすっかり忘れていましたが・・今は洗える
ポリエステルの着物と袴だそうで・・それも店も決まっていて・・柄も
同じだとは想像もしなかったので驚き半分と・・その店のセンスや質
を感じて・・??愕然とし吃驚もしましたが・・(-"-)

でも、それでも良いのかも知れません・・私が知らない時代の流れ?

『単純に決まった店で借りているのか?それしか?なかったのかも?』
知れませんが、10人程が揃っている事では美しかった・・うふふふふ

ただ色々な色彩の着物の方も多くて・・それは草履だったりヒールとか
ブーツ(これが袴がかなり短くて不釣り合いな感じを受けました!)

丁度、バス停にいたら・・その集団に出会って、私と同様の年齢の方と
話をしました・・( ^^)
「袴が短いですねぇ!もう少し長い方が綺麗に見えるし・・ブーツも
短くても隠せるのに」と言った私の言葉を一刀に遮断する様に「今は
あれでいいんですよ!何処で汚してくるか?解らないし、靴も草履も
あんな物です。」

「洗える着物だから・・同じ物だと安価なのですよ」って教えてくれて
これもまたまた驚きの連続でしたが・・(@_@;)

晴れやかな〖卒業式〗に水を差すような言い方をなさる見知らぬ
老人に一寸だけど心がざわつきました・・ははははは

それだけで十分美しく可愛い若者に苦言を呈しているようで一寸嫌
味な方の様に感じました・・(-_-)

《成人式》にお金がかかるので〖卒業式〗は簡素にするのが普通だ
とも言っておられたが・・我家は幸いにしてレンタルすることもなく娘に
着物も袴も着せる事ができた時代だった事をふっと思い出し・・(*^_^*)

今は既に忘れていることでしょうが・・矢張り日本人の着物姿は廉価
でもレンタルでもその晴れ姿は私は好きですねぇ・・(*^^)v

若い方の着物姿はそれなりに矢張り素敵ですもの・・ふふふふふ
この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ
2017/03/10(Fri)
※久しぶりに携帯を長く掛けた・・あはははは

私は何時も執拗に書いていますが携帯が好きではありません。
家族からしか先ず掛ってきません。私は余程でないと掛けないから・・(-_-)

息子からは毎日、夕方、帰宅前に「お風呂入れておいて!」と言うTELだけ
あってそれから、食事の支度をして・・お湯が溜った15分位で帰宅します。

昨日は数少ない友人からTEL が来て・・俳句について彼女の友人がどんな
本が良い?
などと言う話でしたが・・珍しく色々な話がでて・・私としては生まれて初めて
大袈裟ですがお喋りした気がしました・・ひゃはははは

携帯で長時間1時間ちょっとも話しました・・\(◎o◎)/!
本当に電話は嫌いで何度も同じ事を繰り返すから娘とは「解った!じゃ切る」
とお互いどっちかが切るから4分以内で用件のみ・・(-_-;)

何時間も話すと言う人(娘などは3時間も喋るとか?)
どんなお喋りをするのだろうか?

         ☆想像もできない・・若いからかもしれない?☆

何せ愚鈍で脳細胞がガタガタだから・・電話の反応が鈍いのか?面倒くさく
なってくる!公的な事や私的な事で電話をする時は尚の事短い私です。

携帯は外出時に大抵は家において出てくる。持ち慣れないからすっかり忘れ
「どうして置いてくるかなぁ?意味無いよ!」と息子に叱られる・・(-.-)
この記事のURL | 日記 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ
2017/03/09(Thu)
※カンボジアの子供たち・・

彼らは毎日が凄く忙しい・・\(◎o◎)/!お店をしている両親、屋台を
している親たちの手伝いから、家の掃除、洗濯まで小学校へあがる頃
から自発的にしている・・(@_@。

誰も教えなくても、親が忙しくしている姿を見て・・自然と働いているのが
現状です。

町の学校が大体1ヶ月交代で午前と午後の部に分けられているのですが
何も知らなかった私は「貧しくて学校へも行けないのかなぁ?」とか思った
時期もありましたが・・小学校は無料でした・・・・(*^^)v
友達作りや字を読める事もあって・・都会の親は小学校だけは熱心に通わ
せるようです・・(^_^;)

ただ、着て行く服やカバン(布製で作ったものや、そのままをビニール袋)
に入れている子供もいて・・必ず親か?兄弟がバイクか?自転車で学校
迄送迎している。

{これはベトナムも同様ですが、ベトナムはもう少し余裕がある感覚です}

子供たちはすることが沢山あって街中でも親の仕事の手伝いから、掃除
洗濯まで幼い子がやっているのを毎日のように見ていた・・(*_*)

又、田舎の子供たちは家事に手がかかるので終日働いている姿を見る事
が多い。水を汲みに行ったりバケツで家族分を汲んできたり、それも井戸
があればいいですが・・庭を掘っただけの井戸なら力仕事なのに未だ学校
へも行かない子供が何度も何度も水汲みをしている様は胸が痛みます!

田舎の子供は学校へは先ず行っていない。行ける時間がないからです!

水甕をいっぱいにしておかねばならない様でどれだけの往復をするのか?
想像するのさえ切ない・・(--〆)

牛を追って草を食べさせに連れて行ったり、時々は遠出したり、迂闊にして
いると牛が逃げたりする・・それを10歳くらいの子供が操っているのだから
田舎の子供の仕事は大人並です・・(-_-メ)

牛のロープが外れていなくなったりしたら・・それはその子にとっての最大の
失敗で親からきつく叱責され、牛が戻るまで食事など食べさせて貰えないし
一家の財産が行方不明になれば家にも入れて貰えない・・それ程厳しく躾ら
れている・・(@_@;)

他にも薪を集めたり火を熾し料理の手伝いをしたりと親と同様に働く。10歳
を超えたらもっと多くの仕事があると言われている・・(-"-)

都会の子供は2部制の学校でも親は行かせるが・・田舎の子供は先ず仕事
を手伝う子供が必要不可欠なので学校へは行かせて貰えないのです!

つまり、カンボジアの子供は仕事をしながら遊んだり勉強をしたりするのです。
遊びは手伝いの延長であり遊びながら家事や子守、料理などを覚えていくの
だから・・それは見ていても驚きます・・(@_@。

10歳と言う年齢で一人前に店の留守番をしたりしている子供の多さに驚かさ
れる。そして・・仕事を覚えて親が幼児を育てたり、配達をしたり用事で出かけ
ると留守番を当然の様にさせられる・・(-_-;)

カンボジアの子供にとって《玩具》は無いに等しい。店で購入するものではなく
自分で工夫して造りそれで遊んでいる子供が多々居て・・それでも上手に何か
工夫している様は見ていて飽きない・・( ^^)

上手に竹の棒を削ったり、石を削って道路に字を書いて幼い子を背中に背負
って遊ばせながら自分も遊んでいる姿を見ると・・心が揺れて苦しくなる事も・・
時々はありましたが・・天真爛漫に遊びと仕事をしている子供たちはその環境
が当然だから・・何も不思議でもなく晩ご飯ができるまで・・外で遊んでいる!

夜も『停電』や〖雨季〗などで食事ができない時は土間で食べているのをよく
見かけたものです・・\(◎o◎)/!
蠟燭を何本も立てて薄暗い中を雷鳴の閃光が走るのもすっかり慣れました。

食事も矢張り貧しくて・・惣菜などは2つ位で煮物か?炒め物、スープだけ?
川魚を家族が一切れ食べて次に回したり、ご飯の上にスープをかけて終わる
食事が都会でも多くありました・・(-"-)

野菜もお米も廉価だから・・そしてお米はいくら食べても消化が良くて軽いから
量は沢山食べられるようです!

毎日ですが・・殆どはご飯とスープ、煮物、炒め物しか作らない。ベトナムよりも
貧しい食事ですが・・味は決して不味くはありませんでした・・(*^_^*)
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ