小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/07/14(Sat)
※高すぎる・・

スーパーの話をしましたが・・日本製の商品もちらほら並べて
有って・・有名な醤油や麺類の出汁の素もあります。

マヨネーズも和風出汁などもあって・・日本食に近い我家には
とても有難く・・懐かしく見ているだけで・・中々手が出せません。

鰹節(花かつお)や昆布もありますし、納豆、漬物類もあります。
米酢、油などもあって、不自由ではありませんが・・とに角、この
国はキングサイズと言いますか?メガタイプが多く殆どの商品
は巨大なので・・驚かされます・・(@_@;)

漬物の沢庵に至っては1本日本で売られている大きさで7,8㌦
はします。パック詰めや小分けしたものなどは無く、それ1種類
で全く売れていない感じがしました・・\(◎o◎)/!

どうしてこんなに高価なのでしょう・・信じられません。ベトナムに
住んでいた時も豆腐が5㌦近く〔今は日本製が沢山入荷している〕
と聞いていますし・・日本の有名なスーパーも出来ているから値段
は解らないですが、それでも、未だかなり高いと思います・・(@_@。

ここカンボジアでは漸く、日本製品が入って来たという時代です!
だから仕方無いのかも知れませんが・・韓国製の海苔やキムチは
案外安価で手に入りますから・・これからかも知れません・・(-_-;)

食べ慣れていないからこの国の人は手を出さないと思いますし・・
矢張り自国の物や地場で採れた物は安価で毎日の食事には最適
なのだと思います。

市場にやっとエノキ、シメジ、エリンギが大きな店に置きだしたところ
ですから・・出汁の素、豆腐、漬物などは未だ未だかも知れない!
この記事のURL | カンボジア | CM(2) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールん風に揺れて・・)
2018/07/13(Fri)
※日々雑多なこと・・

久し振りに『雨季』らしい激しい雨と雷鳴が鳴り・・地面に叩き
つけるように短期間でしたが何度も降りました・・(-_-)

その合間を見て、市場へ、もー1度と美容室へ行ってきました。
何も雨の降りそうな日に出かけなければ良いのにと思いつつ
矢張り、気になると落ち着かなくて(これは性分でしょうねぇ!)

流石に2回も出かけると疲れて暫くベッドで横になっていました。
こんな時しみじみ歳を感じます・・ふふふふふ

さて、つい数日前のことです。

息子と朝食を外で食べる予定で出かけました。  序でに新しく
出来たスーパーに買物もする予定だったのですが・・朝食やは
酷く混んでいて帰りにすることにしてスーパーへ行きました。

以前は開店していたのですが・・未だ(クローズ)が掛けられて
いて、玄関で待っていました。

店員たちが大勢、掃除をしたり・・玄関先にテーブルを出して朝食
を摂っていました。時間が来ても“我関せず”で・・誰もがお喋りに
夢中という感じでした・・(@_@。

アジアの国では然程珍しい光景ではなく、他人への気遣いは全く
無いのが特徴でしょうか?

そこへ多分その日が初めてだと思うのですが・・日本でもよくビル
の掃除にエントランスや廊下などを大型の掃除機で洗剤を流して
作動させて掃除をしている姿は当然の様に見ていて、私達は知っ
ていましたが・・(-.-)

ここでは初めてみたいで数人が電気のコードを伸ばしたり、その
使用を若者たちがやり方を聞きながら動かそうとしていました・・

そこに若い女性が来て何か指示している恰好でした。息子と2人
で「あれはこの店の社長の娘だとか?いや、あの掃除機やの娘
かも?」なんてお互いに妄想しながら話していて・・ははははは
開店を待っていました。

そこに10人程度の女性が来てその中のリーダー的な女性が声
を掛けて来て「入って下さい」と言ってくれた。

まー瑣末な話と言えばそれ迄で何も変わった事ではありませんが
こんな所にも大きな掃除機が入り段々と慣れてそれが当然の様
に変化して行くのだと新品の掃除機を見ながら、新しく珍しい物の
導入が自然と次々に入って来ている事を感じた瞬間でした・・( ^^)
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/07/12(Thu)
※ハンモックとベビーカー

ベビーカーをこの国で見たのはたったの1度です・・(@_@。
それもかなり小型で日本のベビーカーの進歩に比べたら全くの
初歩段階ではないでしょうか?

一応半分には折り畳むことが可能みたいですが・・場所を取るし
それを使用するには余りに道路が凹凸で動かすのさえ容易では
ない感じです・・(・_・;)  ☓前に進まない・・ふふふふふ☓

だから、進歩しないし購入しないのだと思われます・・(^_^;)

ハンモックの場合は大人用から子供用まであって、子供は目の
細かい網状になっていて市場などでは未だ2ヶ月か3ヶ月程度
のベビーを店の柱に結わえてその中で眠らせて仕事をしている
のですから・・\(◎o◎)/!しますし、微笑ましくも感じます!

ベビーを入れたハンモックは横向きに寝かせているようですが・・
時々、真下を向いたりして顔に網目が付いていて可愛いいです。

仕事をしている母親は勿論、気遣ってあやしていますが隣の店
の人や買物をする女性はハンモックが止まっていると揺らしたり
勝手に動かして去っていきます・・(*^_^*)

誰でもが子供を育てている感覚がして・・素敵な光景だと何時も
見ています。

大人用のハンモックは大きな樹木と樹木の間に張られて・・今は
『雨季』だから余り見ませんが『乾季』に入るとあちこちで眠って
入る男性をよく見かけました・・( ^^)

当初は珍しくて何度かその中で寝てみましたが・・その揺れに慣
れなくて・・(--〆)その中へ入ることさえ一苦労していました。

私はあの不安定な揺れが苦手で・・どうしても好きになれません!

多分、子供の時から利用していればその感覚も違ったのかも知
れませんが・・風景的にはのんびりしてゆったりと寛いでいる感覚
はするのですが・・!(^^)!

苦手ですし、この国の人には理解して貰えない欠点があります!
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/07/11(Wed)
※雑貨や・・

何でもありと言うのが適当かも知れません・・( ^^)

ただベッド用のマット類が大きさや分厚さなどによって異なり
それが場所を取っているので・・雑貨やは店舗が普通よりも
何倍も大きい店が多いです。

まー私がこの国にきて買ったものなどからご紹介しますと・・
台所用品ではまな板、包丁、トング、しゃもじ、お玉、スプーン
フォーク、などの小物で絶対に必要な物など・・(-_-;)

大抵は中華包丁なのですが・・それも大小あり、無造作に店
に放置されている感じで置いてあり、日本人が普段使用する
包丁も中華包丁よりかは少ないですが、これもベトナムよりか
は本数はありました・・(@_@。

大きな物は盥やポリで出来たバケツ類が山積されていてその
大きさは大から小へと積んで有り・・真ん中辺りが欲しいと言う
と数人でそれを取り出すという作業をするから・・気に入らない
とは言えなくなってしまうのは一寸困ったことです・・(-_-;)

テーブルも椅子もプラスチックが主流で・・様々な大きさの品が
揃っていています。勿論、木製もアルミ製もあります。

とに角『乾季』には土埃が舞い上がる日々が続くから商品にも
その汚れで真白になっていても、それを拭いたりすることは無く
売ってくれる・・うふふふふ

洗濯関係では洋服を吊り下げている(中身は空洞だと思います)
棒の様な形がそれらが何10本も並んでいます。
少し歪になっていても構わずに店頭で場所を取っています!

食器類は全て部屋の床はタイルなので・・陶器類は殆ど種類が
無くこれもプラ製品が多いです・・子供用見たいですが落しても
割れないからだと思います。

後は収納の商品が発泡スチロール製の軽い物から籠で編んだ
物や木製のどっしりしたものまで置いてあります!

宝物探しのようで面白く・・好きな店なのですが取ったり積んだり
が面倒なのか無愛想な人が多く・・売れても売れなくても結構と
言う雰囲気が出ています・・ははははは

大きな物は甕などもあったり、七輪が沢山あって炭火で今も魚や
肉を焼きます。ガスのレンジは魚焼き器が付いていないから・・
焼きものは全て七輪と炭火で焼くんです。

また、変わった物を発見したら書きますねぇ・・(-.-)
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/07/10(Tue)
※大きな災害が・・

誰も想像出来なかったのでしょう・・(-.-)河川の氾濫は濁流を生じ
巨大化し大河の様に流れている光景は、観ていて心が潰れそうで
した・・(-_-メ)

本当にお気の毒です・・<(__)>
災害に遭遇された皆様や沢山の犠牲に遭われた人々のご健康を
心中より案じております!

地震があった時も心配しましたが・・豪雨も又、自然災害です。
物凄く激しく流れる様子は夢想だに出来ません・・(@_@;)
呆然と眺めている感覚で申し訳ない気持ちでいっぱいでした!

どうぞ1日も早く日常の生活が戻る事を願っております!

遠く住むカンボジアは『雨季』真っ只中ですが・・それでも昨日は
雨も降らず太陽も出ていましたが、湿気があるので、蒸し暑さの
状況には変化はありませんでした・・(-_-;)

天候不順なのは世界各地ではないでしょうか?
若い人の多い国での生活は刺激があリますが・・それだけに連
いていけない日々の流れの速さに1日が終わってしまう毎日で
これもまた与えられた自分の道だと思って生きております。
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ