FC2ブログ
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/09/21(Wed)
  ”留守の間にもご訪問下さいました皆様本当に有難うございました・・m(__)m”

   【台風が又、来ているようですが、大事無いことを切望しております】

昨日の早朝、予約したタクシーで三宮まで出た頃(午前5時半)は雨はまだポツリポツリと

言う感じでしたが、朝一の関空行きのバスは満席で、時間には十分余裕を持って出る短気な

性分だから、時間的には案じていませんでしたが・・( ^^)  突然の豪雨になり、2人待ち

程度の自販機の前で完全に身体中に沁み込むほど濡れてしまい「すわっ!風邪ひくかも?」と

思うほど瞬間的に降られました『雨女』です・・(-_-;)

夏用の帽子がそれでも役に立って、上着を脱いで、ストールを体中に巻いて一路空港へ・・

バスの窓には降りしきる雨粒が猛烈な勢いで流れて吹っ飛んで行きました!

ホテル経由のバスだった為、これも満席で、荷物が入らないとかで10分も待たされた。

いやはや、『雨女』とは言えこれ程降られたのは久しぶりでしたねぇ・・(@_@;)

空港に着くなり、即スーツケースを広げ、着替えましたが、何でこんなに混雑しているのか

判らないほどトイレも並んでいた・・(-"-)

濡れた服の始末にお土産用のビニール袋を広げたりなど、思いがけないハプニングでした。

ま、想像以上の混雑の中、はっちゃきになって、綺麗にしまい込んだ荷物類を出す作業は

気持的に疲れてしまった!既に搭乗案内が放送されて、何時もより早く手続きが進行した。

それだけ、税関が混んでいたのです・・(-_-メ)

それでも急かされる心を抑えて、おにぎり(前夜作った)とお茶で飲み込むように食べて

並びました。ペットボトルがダメなので、仕方なくもっと余裕がある時間だったのですが。

矢張り見ているとビジネス関係やロートルの優雅な数人連れが多かったですね・・(@_@。

皆その時間を満喫している様に楽しげに見えました。若者も多く、大抵がグループでしたが

ヴェトナム航空は7割程度の搭乗者で、私の横は空席だったから、毛布も枕も拝借した。

流石の3時半起きは老体には応えて、うとうとと30分程度眠りました。直ぐに昼食だから

結局は起こされてしまったのですが・・白ワインを3杯もお変わりして、食事と一緒に頂き

ました。節電のためか殆どモニターが作用しなくて、眠るより仕方なく、電気が一斉に消え

それからはお腹も膨れて暫し眠れました。面白そうな映画があったのですが、全く作動せず

日本とは全く違う点で理由の説明が一切無いから、本も読めないし、ただただ眠っていたと

言う機内は異常でした!

時間が来たら食事を宛がわれ、その後は殆ど窓も閉めて眠る体制で居たという体験をした。

本を20冊購入、化粧品、使い慣れた日常品や薬など、娘が着なくなった服を沢山貰ったし

初めて20キロをオーバーしました。現在は40Kまで可能になったそうですが・・!(^^)!

恐ろしいほどの荷物をこの国の人は持っていますから\(◎o◎)/!します。

雨のホーチミン予想でしたが、近くなると雨雲が消えて、窓から雲海以外に積乱雲の高い峰

や山があちこちに動物の形や人の横顔だったり、母が子供を背負っている姿など、多種類の

雲が降下するたびに出現して暫くは雲見を鑑賞しておりました・・( ^^)

騒ぐ客もなく、静かで殆ど眠っているこんな機内状況は初めてでした!入国時にEチケットを

聞かれ「ここに住んで居る事、ビザはこれです」と言い返して・・通過した。

プロだもの見れば判る筈なのに・・一寸嫌味な係官だった・・!(^^)!

空いていたので多分からかわれたかも知れません{大丈夫ですか?住所とTELを言います?}

「NO,OK」と言われて5番目位に終わった。外に出ると、湧いて出てくる人の顔、顔、何時

もと同じ光景なのに、迎えがないので、かなり重く、スーツケース以外にも鞄を持っていた

から、相変わらず躓いて荷物を落とす有様・・(・_・;)

もぐりのタクシーが横行しているのを聞かされ、何所かへ連れて行かれた話やお金を法外に

要求された話はどこの国でもあるのだが・・初めて〔すうっ〕と寄って来て「タクシー」と

聞かれ、一緒に行きかけた先に乗用車(おんぼろ)があるのを見て{あーこんな風に乗せる

んだ}と言う事を知りました。一応、顔写真の付いたカードを見せてくれたが・・(/_;)

「これはタクシーではない」と言い、ベトナム語で「駄目」だと言いました、すると数人

が組んでいるのでしょう・・舌打ちが聞こえました・・(^_^;)

ちゃんと、空港前でタクシーを案内してくれる人がいて、空港内に入れるタクシーは決まっ

ているので、どうぞ気を付けて下さいねぇ。遠回りしたり思いがけない場所で降ろす事など

もかなりあるようですから・・(-_-)

決して油断なく、兎に角半分位は英語を話す人が多く、上手に乗せるようで、驚きました。

暑さは32度程度でしたが、雨で体が冷えていた上に眠ったから、心配しましたが、先ず

風邪は大丈夫でした。何時もと変わらぬ空港風景ですが、悪い人がいるのも事実です。

今朝のホーチミンは6時半位で雲が流れだし、小雨の朝になりました。じめっとした暑さで

はなく、薄ら寒い朝になりました。雲行きが早いので、そろそろ日差しが出てくる気配です。
スポンサーサイト



この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記) | メイン | 徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/999-90bda2d2

| メイン |