FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/08/28(Sat)
何時も愚痴ばかりの生活を送っている訳ではなく・・(^_^;)偶には心が穏やかになる日

もあるものです。好き勝手に滞在させてもらっている生活だから・・本音の部分は余り

書きたくない所もありますが・・ほほほほほ

{嫌で、ムカッとばかりしていたら・・正直、気持ちが持たず「何のために来てるの?」

と言われそうですが}・・わははははは

ま、それなりに自己流ですが(時間を有効?)に使っている。ここでしか味わえない・・

【いかに精通していても生身で生の生活をするのとでは俄然、意味が違うもの】だから

▲些細な出来事にも驚嘆したり・・愕然として落ち込んだりは当然のことの成行きでし

 てこのブログと言う形で表出している時間が主流だし・・ある意味では・・ヽ(^o^)丿

{私のストレスの発散場であることは事実です。申し訳ございません・・(^_^;)▲

◆それでも、この国にいて・・感じる事、考える事、ぶち当る様々な瞬時の出来事等が

 愚鈍な頭に強烈なパンチで刺激を与えてくれている現実には感謝しております◆

日本にいて、ずっと一人暮らしで生涯を終える事だけが《残世だ》とつい先日まで・・

至極、当然の様に考え、疑う余地もない暮らしの中にいたのですから・・(--〆)

『1人の人生には何があるのか?』『何が残されているのか?』見当さえも考えること

さえも・・(ー_ー)!! ::一寸先は闇夜か?良夜か?誰にも解らない::

また、そこで〖思考回路からの逸脱を試みる私〗もかなりの”変人”だと思うのですが

それが出来ること、してしまう身勝手さや図太さ[子供の心をずたずたにしてでも]・・

それを乗り切ってしまう事が出来る・・*強運と仕合わせ* これを大事にしなければ

と日々、位牌に向かって・・独り言を言っております・・ふふふふふ

★可能な限り、自分を意図的に確認して生きていかねばならないとそう感じております。

 しかし、これが結構、きつくって<おろおろ状態>が続出するとかなり精神的痛手を

 受けて・・しばしの間茫然自失の日になることが間々あって・・情けなく思います★

※それでも夜は来て・・朝が来るのは有難いことだと痛感する毎日です・・(#^.^#)※


{}先日(月餅)のことを書きましたが・・本に載っておりましたので、紹介させて頂き

 ます。中国からの{地続きですから・・伝わった伝統的な行事で}旧暦で計算する様

 ですが9/22になるそうで〖中秋節〗と呼ばれているようです・・(^○^)

 そのお店があちこちにできています。日本でも旧暦の満月の夜にお供えする処もある

 のではないでしょうか?〖中秋月餅〗とも呼ばれているようですが・・日本では年中

 有りますし・・そう珍しくは無いみたいですが・・こちらでは伝統的に受け継がれて

 いる行事の1つみたいです。全く知らなかったのですが・・(@_@。

 {(月餅)には広東月餅と北京月餅の2種類があるようで}日本でもこの国でも茶色

  のまんまるで月に似せたのか?広東月餅しか見たことはありませんし、餡も甘辛が

  あることも知らなかった程です}・・(;一_一){}


≪公安がやってきた≫

そんな大した話ではないのですが・・[公安]の服装を見るだけでも、心臓が「ドキッ」

となるほど嫌な私ですが・・_(._.)_

何かの記念日だったのだと思います・・多分、外国人が住んでいるとは思わなかったの

でしょう・・(-"-)  ”ちゃんと居住証明も出してあったと思います”

  【真剣に本を読んでいて、話が佳境に入り結構、楽しい時間でした!】

    ■突然、玄関のドアーが物凄い音で叩かれました・・(@_@;)■

横にブザーがあるのにです。驚いて急いで階段を降り、ドアーを開けました・・そこに

2人の[公安]が立っていました・・ま、渋い顔をして・・(-_-メ)

仕方なく何か用事があるのだと思い『ヴェトナム語は解りません・・英語で話せますか』

と聞きました・・2人は驚いた顔をして・・お互いを見つめて・・一人は歩道まで戻り

ビルを確認するように見て素知らぬ顔をしました。もう1度「何か御用ですか?」って聞き

ました・・!(^^)! 多分、滅茶苦茶優しそうな顔つきで聞いていたと思います!

●お腹の中とは雲泥の差があるのにです。嫌な性格ですし、気色悪い私がそこにいた●

すると、手を振って(いい)みたいな仕草をしながら、向かい側の氷やに国旗が立って

いるのを指差しましたから「国旗を出せ!」と言いに来たのが判りました。

そこで「すいません。国旗は持っておりません」と言いました・・!(^^)!

また(いい)って感じで手を振って帰って行きましたが・・ただそれだけのことだった

のですが・・酷く緊張していましたし、胸の動悸が激しくなっていました・・(ー_ー)!!

  ▼▲〔案外意気地無しな部分もあるんです〕・・がははははは▼▲

こんな些細なことです・・それでも、何も悪いことなどしていない生活の日々でしたが

その頃、新しい外人が来ると「お金をせびりに来る公安]がいるとか聞いていたもので・・

もしかしてなんて・・頭の中はフル回転中でしたが・・直ぐに帰ってくれたし、理由も

意味も解り、すっかり安心しましたが・・(^.^) 暫くは「ぼけー」としていました!

日本ではお正月に国旗を出さない家の方が増えていますし・・学校の行事なども出さな

いとか聞いた記憶もありますが・・最近のことは何も解っておりません・・(-"-)

私自身も何時から国旗を出さなくなったか覚えていません。何処かで処分したのかも?

《》しかし、この国は全く違います・・

  これほどまで・・[公安]が1軒1軒訪ねて注意を促す事などあり得ないですもの!

  国を挙げて《国旗に対する心意気や愛国心の違い》を垣間見た瞬間でもありました。

  生活の流れの延長に自然となされている・・習慣付けられている感覚と言えばいい

  でしょうか?《》

☆一丸になると言う{魂の叫び}を聞いた気がいたしました・・大袈裟かも知れません。

 ただ1国だけアメリカに勝利した国の誇りであり栄誉でもあり、国としてのステータス

 なのだと感じたものです。それだけに、内に秘めた国への心は根強く・・パワーがあり

 想像出来ない程の底力と若者の多さに感激したことを思い出しておりました☆
スポンサーサイト
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記) | メイン | 徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/682-468f95b7

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。