FC2ブログ
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/08/10(Tue)
昨夕【居住証明】をこの地区の公安に、届け出してくれていた(P)がパスポートを

持ってきてくれた・・(^○^)

殆んど土、日を挟んで1週間ほど預けたままになっていたので・・心中案じていた!

 ▼精神的に不安である・・(-"-)異国でパスポートが手元にないと言う現実は▼

 {やっと、手中に戻った感じであった・・矢張り[ほっと]しましたねぇ}

以前の【居住証明】は1枚の紙だった記憶があるが・・今回貰ったのは表紙の付いて

いる冊子のような物に変わっていた・・ちょっと驚きました・・(@_@。

そこには住所と名前、後はヴェトナム語でさっぱり分らなかったが・・どれだけ引越し

しても大丈夫な位の枚数があって・・思わず・・「これは無駄でしょう?」と突っ込み

たくなるほどの枚数でした・・あははははは

前回のビザ申請の時は[パスポート替わりの証明書]が渡されていたから・・心身共に

何となく安堵感が有ったのだが・・今回はパスポートが手元にない不安感がありました。

こっちの人にとっては大したことではなくても・・パスポートは外国人にとっては命の

次に大切・・この国のバイクの様な存在ですもの・・(/_;)

最初は何処へ行くのにも、持ち歩いていたのだが・・息子に「持ち歩く方が危険だから

止めなさい」と言われ、それからは家に置いているが・・遠出する時は必ず持って行く。

大方の国では身分証明書があって”認識番号”みたいな物で・・その人が判別出来る様

になっている・・よく海外のドラマや映画では首から”認識番号”を付けた兵隊達を見

る機会があるが、何だか管理されているようでもあり・・(-_-メ)

ま、特殊な環境だから仕方ないのでしょうが、でも、それがないと困るだろうし・・

なんて考えると複雑な気分にもなりますねぇ・・(-_-)

日本では免許書か、パスポート、保険証など・・で割合簡単に証明出来るから、身分を

それ程自覚することはないのだが・・殊に海外での居住となると絶対必要だし・・これ

がないと不法滞在者となるので・・特別大切な事らしいです・・(--〆)

以前のホーチミンの日本人は4000人とか言われていました。しかし現在は調査した

訳ではないのですが他の国の人達が異常に増えて32万人が外国人だそうです。

1番多いのが中国らしく{地続きだからかしら?}とに角多いみたいですね・・(*_*)

日本人はかなり減っている感じかも知れませんし、他の国の進出で・・後退したのか?

詳細は存じませんが・・m(_ _)m

≪向かいの氷や≫

道路を挟んで真向かいが≪氷や≫さんです・・そして、先日書いた、露天商や屋台の家

がその間にありました。反対側が喫茶店(と言っても、プラスチック椅子とテーブルが

2つ位、有ってヴェトナムコーヒー殆んどがアイスですが)その店があり、適当に毎日

人の出入りがありました。

この国は暑いので何にでも氷を入れて飲むんです。ジュース、コーヒー、ビールにまで

これは驚いたし・・今でも私は〔氷なし〕でしか飲みません。

味が薄く美味しいとは思えないし〔氷自体)が水道水ですから、恐ろしいのもあります!

≪氷や≫には5,6人の若者が働いていて・・毎朝、6時になると、氷を粉砕する機械

のモーター音が鳴り出し玄関をそこの小母さんが掃除している姿を毎日見ていました。

大抵は朝ご飯は何処かで済ませてくるのか・・朝ご飯を食している姿は見たことがなく

2Fから数人降りてきたり、出勤してくる人もいました・・(^.^)

まだまだ『冷蔵庫は高嶺の花』だった頃です。冷蔵庫を買うのが夢と言う人もいました。

だから、〔氷〕は本当に売れていましたし、毎日ひっきりなしの配達があったようです。

玄関脇には大きな箱が有って《中はブリキで出来ていて・・そこに粉砕した氷と、塊の

氷が入っていました》小母さんはその係だったようで・・バイクで止まった人に氷の塊

を売っていました・・(^-^)

手袋はしているのですが・・半分にカットしたりもっと細かくしたりと・・大変だった

と思います。行列ができる位の繁盛ぶりで・・若い男性は配達要員みたいでした。

氷はドンゴロスの袋に詰められ、バイクの背中に5つか6つ乗せて・・多い時は背中が

見えないほど積むベテランさんもいました・・びっくりしてみていましたが・・(@_@。

前の足元に2つ位積んで・・<それもゴム紐で抑えているだけの状態です>古くなって

いるのも有ったのでしょうし{男性の力で思い切り引っ張って止める毎日ですから}

それでも、多忙で休む間もなく出這入りして常時配達をしていました・・(ーー゛)

或る日のことです・・

沢山の〔氷の山〕を積んだお兄さんが道路へ出た途端に、そのゴム紐が切れて弾き飛び

〔氷の袋が思いきり〕道路に投げ出され・・通行しているバイクには当たり、バイクは

転倒するし、弾みでお兄さんは転んでしまった・・\(◎o◎)/!

〔氷の袋が思い切り破れて〕・・あちこち道路に飛び散り、道路は瞬く間に〔氷だらけ〕

になりました・・〔氷や全員が出て・・とにかく転倒したバイクの人に駆け寄り謝って

いた様ですが・・まさか〔通行中に氷が飛んでくるなど・・考えられなかったでしょう〕

もう、売り物にはならないし・・粉砕されている〔氷〕ばかりだから通行の邪魔になら

ないように・・山になっている部分を均していましたがすぐに溶けていきました・・

凄い音がしたのですが・・バイクの人の身体ではなく、荷台にぶつかったようでしたが

怪我がなくて本当に良かったです・・(-_-)

丁度11時になるとおばさんが配達している人のお昼を作るのですが・・何時も歩道に

プラスチックの椅子の上に大きなブリキの鉄板を置いて大きな電気釜を載せ茶碗と箸や

スプーンをコップの中に入れ、何時も大体、揚げ物、野菜の煮込み、スープがメインで

3種類を作って・・鍋ごと置いていました。1番若い子がご飯をよそい、順番に渡して

いました。同じ時間帯に帰れることはまず無いので・・ばらばらの食事でしたが数人の

時だったり大勢の時もありで、毎日小母さんの食事作りは大変だったと思う・・( 一一)

多分、中には賄いを手伝う人がいたと思うのですが・・小母さんだけが目立っていた!

若いし力仕事だから・・ご飯が不足するなどはしょっちゅうで・・2つ位の釜の用意が

有ったのだろうと思います。〈それから1時間は昼寝の時間みたいでした・・〉

その隣に〔洋服や〕があって・・その隣が〔お粥や〕でした・・

この国では前にも書きましたが{宝くじのような物を売り歩く人が大勢いて}食事中に

特に執拗に押し付けて来ます・・私は1度も買ったことはありませんし・・興味もない

から何時も[NO]と言って断っていました。その人が丁度〔お粥〕を食べている男の

人にしつこく言い寄って買ってくれと粘っていました。 処が男の人が振り払った手が

その宝くじなる物を売っている小母さんにもろに当たって飛んだんです・・(@_@;)

ま、小柄で細く華奢で軽かったのでしょう・・その人が〔洋服や〕のショウウインドウ

に背中をぶつけたのです・・!(^^)!

::「ドーン」と鈍い音がしました”小母さんは尻もちをついた感じでした::

中から〔洋服や〕が出て来るし、〔氷やは見に来る状況〕で・・その小母さんはさすが

ヴェトナム人です・・(*_*)「大きな声でその男の人を詰り始め、背中に回って叩いて

いました。男の人も結構言い返したようですが・・数人で食べに来ていたのでしょう!

あんまり喚いて騒ぐから・・『お金を渡して帰って行った』・・こんな様子はあちこち

で見かけたし・・『お金がすべて解決することも何度も眼前で見る機会がありました』

{しつこくした彼女にも悪い処があると思うのだが・・あんなに嫌がっているのだから

 偶然とはいえ手が思い切り触れてしまっただけでのことなのに}

大仰に騒いで・・大騒ぎを起こし・・同情をかう計算が見え透いていて・・正直なところ

凄く厭な気分でした・・(;一_一)それでも、生活の為なのでしょう・・と思いましたが!

そんなある日のことでした・・

《向こうからお婆さんと一緒に楽しそうに歩いて来る女の子を見て歩いていました》

私とすれ違ってから・・突然そのお婆さんが眼が見えない振りをして・・女の子に手を

引かれ・・食堂に入って行きました・・今迄、シャンシャン歩いて楽しそうだったのに

突如、変身したもので・・呆然としました・・(ー_ー)!!

 ★こんなことを子供にさせて生活の糧にしているのかと思うと胸が痛みました★

★そして、平気で嘘をつく子供を育てている事にも腹が立って仕方ありませんでした★

{嘘をつく事が悪いことではないと言うこの国の気質はこの頃から芽生えていたのかも}

 知れず・・驚かされたものです・・(@_@;)(@_@;)

▼▲この国の人はごく自然に平気で嘘をつきます。良心の呵責なんて何もないから▼▲

  だと思います・・(-_-;)

しかし、そんな事が解らなかった頃は[約束したから必ず来ると思っていた]し「大丈夫」

「心配しないで」と言われると信じて待っていた私でした・・(-_-メ)

それで、何度も痛い目に遭わされ、どれだけ嫌な気分になったか数知れません!しかし

現在もそれほど変化はなく相変わらず、平然と嘘をつかれて苛々した日もありましたが。

■それもようやっと慣れましたねぇ。馴らされたのが正確な言い方かも知れません■

    **そう言う意味ではあまり信用できない国民かも知れません**

 **その上、自分の都合でコロコロ変わるのは日本人には理解不能だと思います**

ま、そう言う事が頭の片隅にあれば・・旅行は楽しいですよ。親切だし・・温かい心も

沢山持っていますから・・【】ただし書き【】がつきますが・・がははははは

世の中は本当に広く・・様々な人々の集合です・・日本人だって、見たことも聞いた事

もない人は大勢います。私達がアフリカや中央アジア、ヨーロッパの国が何処にあるの

かさえ知らないようにです・・(^_^;) 「案外私だけかなぁ?」・・<(_ _)>

☆それでも世界中で日本人が必死で頑張っている人達も沢山おられることも事実です☆

 {}どんな国のどんな人種の人でも・・人間の心には・・必ず有ると思っています{}

☆☆『愛と平和』だけは通用するのではないでしょうか?それだけは信じたいけど☆☆

  ☆早く『平和で愛が溢れる国になって欲しいですねぇ』☆
スポンサーサイト



この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記) | メイン | 徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/664-e36eb3f6

| メイン |