FC2ブログ
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2010/08/08(Sun)
この数日、首のリンパ腺(今はリンパ節)と言うそうですが・・痼が2つもできていて

触ると痛い程になっていた・・目から来ているのか?肩こりからかおそらく、両方だと

思っていたのだが・・2日前から歯茎が腫れて食べる事が辛くなった・・!(^^)!

仕方なく・・これは解さないと先ず、腫れは治まらないと思い、熱湯で温湿布を何度も

繰り返した後、夜は温湿布の貼付薬をべったり貼っていたら、今朝それが消えていた!

{未だ首筋も肩も痛いのだが・・先ず食事が摂れる事になっただけでも・・有難い}

考えてみれば、この歳でPCを4時間以上しているし、本も読み、レース編み、TVと

(目や肩に負担がかかることばかりをしている)日常です・・(;一_一)

いかな図太い神経でも老いの身に負担がかからない訳は無い筈なのに・・「若ぶって!」

格好つけていたのでしょうか?・・あははははは

でも、かなり痛かったです・・(-_-) 心配して○○○パスなど買ってきてくれたのだが

肩こりや眼の疲れは温める方が良いと聞かされていたので・・折角の好意だったが・・

筋肉痛になった時にでも使用させて貰うつもりだ・・(^.^)

私が何時も思っていることは、出来るだけ《自然治癒させる》事で・・治したいのです。

日本にいれば、また、違った考えもあったかも知れませんが・・ここは異国の地です。

{自分で守らねば誰も治してくれない}病院へ行くのも恐怖だもの・・どんな人が来て

いるのかさせ見当もつかないお国柄です。”迂闊に病院など直行したくない心情です”

可能な限り行かずに自然で治したいと思っている・・今の持病も、本当は{救急車など

で運ばれなかったら}多分、自分でコントロールしていたかも知れないなぁ・・(^_^;)

私の身内には〔癌〕で亡くなった人が7人もいる。そして、なぜだか?亡夫の両親以外

凄く早世である。そんな事もあって〔癌〕への反応はかなり早いかも知れませんねぇ。

▲ま、どんな形であれ・・残世がそう長いとは思われないし・・余計な事はしたくない

 のが本音でしょうか?逝く時はどんな事をしても逝くのだとそう思っている変人?▲

≪マッサージ≫

会社の女性2人に連れられて『ヴェトナム式マッサージ』を経験したく行って来ました。

 [尤も、スポンサーがいる事で彼女たちの方が楽しんだようだが・・ふふふふふ]

もう、この国に少し慣れていたから2年位経っていたかも知れません・・(^u^)

『マッサージをして、お風呂に入り・・当時で1500円位でした』高級な処ではなく

いかにもこの国の人が行きそうな場所で、余り綺麗だとは思わなかった。値段も安いし

でも、私にとっては初めての経験でしたから・・結構楽しみでした・・(^○^)

暖簾のような布を分けて入った。そこは30畳位有る部屋になっていて{もあーん}と

した空気が淀んでいた。とに角、滅茶苦茶暑い日だった事を記憶している。

天井からの扇風機と壁の扇風機だけでクーラーは無かったせいだと思った・・(・_・;)

更衣室で着替えてバスタオル1枚で中に入ると・・そこには10床のベッドが並列されて

いて・・ぱらぱらと数人のお客さんがいた。

3人は並んでベッドに横になっていると、担当者3人が駕籠をぶら下げてやってきました。

担当者が話す度に通訳してくれるので安心だったのだが必ず最後に{お母さん大丈夫?」が

付くのが気になっていた・・{口癖なのか?本当に心配してくれているのか?」表裏のある

人達だから・・[未だ、その頃は私も今程、厚顔でなかったから]・・ははははは

どういう意味か不思議に感じていた・・(-"-)しかし、任せるより仕方ない・・何も分から

ないのだから『2人も久しぶりだとかで妙にはしゃいでいた』から・・ま、詰まらない考え

は止め、楽しもうと思った・・( ^)o(^ )

 △まな板の鯉とか言いますが・・まな板にマグロ状態の私でした・・ふふふふふ△

  <そんなこと考えながら2人の若い女性を”ちら視”しておりました>

アロマ液だと思いますが足にべたべた塗り始め、いよいよ開始です{ワクワク・ドキドキ}

これは以前にフットマッサージの経験があったので・・「ふん!これは知ってる」なんて

平気でいたら太ももを雑巾で絞るように何度も捩じ上げるのには閉口した・・<`ヘ´>

   ◆さぞかし、絞り甲斐があったと思います太い大根足ですから◆

そのことを通訳してもらうと・・笑っただけだったので・・矢張り大変だったのだろうと

お察し申し上げた・・_(._.)_ (心の中で太くてごめんねと言ってましたが)

※若い2人はスタイルも抜群で足の細さ何て半分位しかなく、凄く美しいのです!※

比較対象になどになる訳はないのですが・・{この国の女性は概ね足が細く綺麗です}

殆んど歩かないし、座る生活ではないからだと思います・・老いた女性も足だけは本当

に細いです。羨ましい限りです・・(;一_一)

【端から比べるなんてもっての外ですが・・矢張り足がスラリとしているのは素敵です】

★だけどねぇ・・::未だ一応(女の看板)を背中にしょっている身でしたから::

 見た目も女だった筈ですが・・ひゃひゃひゃ★

担当の女性が褒めるところを探してくれたのでしょう・・「すいません。気を遣わせて」

        △▽色が白いわねぇ・・ですって△▽

過分なるお世辞だと思うけれど・・(@_@。{日本人です}・・この国の女性の様に肌の

色が違うのは当然なのですが・・彼女がこの国では『色の白いのが1番の美人の条件』

だと言うもので・・ちょっぴり気分が良くなった・・(@^^)至って単純・・ははははは

■この年齢になっても《美人》の2文字には捨てがたい魅力と魔力があるものです■

もう、すっかり”姥桜”なのに・・女を捨てていない我が身を反省していましたねぇ!

別段<捨てなきゃならないものでもなかったからで>かと言って何かを期待していた

訳でもなかったのですが・・[念のため]・・がははははは

その時、彼女が{お母さん!胸のマッサージはしますか?}って聞いてきた・・(@_@;)

「と、と、とんでもない・・(/_;)こんな垂れ下がったペチャパイに・・今更・・嫌よ!

 必要な時期は既に終わったし・・誰かに見せる訳でもなし・・もう必要ないから・・

 絶対しない!しないから」なーんて、かなり慌てて焦って答えました・・(ー_ー)!!

彼女が大笑いして・・通訳どころではなかったから・・担当の女性たちが怪訝そうな顔

で見ていた・・それから彼女が通訳したら・・ヴェトナム人は声が大きいから・・周囲

の人たちにも聞こえたのでしょう・・爆笑状況でした・・ヽ(^o^)丿

▼私は気不味く滅茶苦茶恥ずかしかったのに・・2度も大笑いされました・・(>_<)▼

{直接その通り何て難しすぎるから、多分彼女の考えが入っていた訳だったと思った}

     ●でも、暫くは視線が私に直撃していた感じでした●

     ●穴のあいた枕に顔を突っ込んでいました・・<`ヘ´>●

それから、首、肩、腕などを揉み解され、顔も胸もなしで終わった。実質30分くらい

後は熱いお風呂があると言うので私一人がそこに入りに行った・・殆んどの人が水風呂

に行ってるので・・誰もいなくて・・浅い円形の浴槽だったが、いっぱいお湯を張って

思い切り・・垢すりをした・・それはぼろぼろと出てきて・・お湯の中に浮かび始めた

『どひゃ!・・大変だ・・(-_-;)がポタポタ流れて来た・・マッサージのせいで新陳代謝

がよくなっている上に、この垢です・・自分でも\(◎o◎)/!しました』

   ▼▲汚い話でごめんなさい・・m(_ _)mでも事実だったのです▼▲

何せ、シャワーだけしか殆ど使用しない国だから・・バスは使わないのが普通です!

誰か入ってきたら困ると思い・・(-"-) そこそこに洗い流し慌ててお湯を流す羽目に

なり・・落ち着かないお風呂でした・・あははははは

若者は水風呂で大きな声で話しているし・・何時上がって来るかも判らず、玄関前に

大きな扇風機があったので・・流れる汗と戦っておりました・・(~_~;)

  ××止めどなく流れる汗は来る時よりももっと流れていましたねぇ××

水は自由に飲めたので、コップ3杯位は飲んだと思います。やっと彼女達は涼しい顔

で出て来た・・それから着替えるまで結構待たされた・・<(`^´)>

  ★★全くこの国の人の時間のルーズさにはほとほと嫌になる・・★★

 ★★人を待たせて悪いとかの感覚が全くないのだから・・始末に負えない★★

お金を支払う時【勿論、私が支払ったのだが・・チップが幾らなのか?】聞いたが

『適当でいいから』何て言うもので細かいのが日本円で230円残っていたので・・

3人分のマッサージと残りの小銭を渡したら・・「ムスッ」とした顔をされた・・(-_-メ)

多分《日本人だから、期待されたのかも知れないが・・(チップ)って本当に難しい》

と思った・・そんなにいい格好したくないし、それでも余り少ないのもと思って聞いた

結果がこうでしたから・・きっと(ケチな日本人)と後で貶されていたことでしょう!

余り、馬鹿丁寧で上品で高級な場所も苦手だけれど・・ここよりもう少しましな処へ

今度は行きたいと密かに思いました・・( ^)o(^ )

現在のマッサージはエステやスパに変わっていますが・・探せば有るのかも・・(*^^)

エステの話は先日書きましたから省略しますが・・毎日温シャワーで洗っているのに・・

あれ程の垢が出るってことに愕然としましたねぇ・・《恥かしながら・・4ヶ月で2回

しか、お風呂に入っていません》から・・うひひひひ

「あな恐ろしや・・状態かも知れません」・・( 一一)近く、スパでも行って来なければ

いけないかも知れません・・ま、死ぬことはないでしょうが・・がははははは
スポンサーサイト



この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記) | メイン | 徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/662-c0652fbd

| メイン |