FC2ブログ
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/12/21(Mon)
  
  今年も著名な人々が亡くなられましたが・・年末になると、様々な事が思い出

  となって積み重なっていく気がします。矢張り、歳のせいでしょうか?

  死に行く人の(命)はその人と人生を一緒にした家族や肉親が共有できる僅か

  な時間でしかなく・・(/_;) ”あくまでも個人的なものだと思います”

  精神的、情緒的感覚は遺された肉親のみの共有感情であると信じているし、誰

  も本当の哀しみや辛さを確実には分からないのではないかしら?・・(-"-)

  だから、遺された者は強い意志を持って生きねばならず・・切ないことです‼

  「なぜ、こんな宿命を持って生まれてきたのか?」と恨んだ日々もありました。

  その意味が分からず、納得できず悩んだり、迷ったりもしたものです・・(>_<)

  逝った人は生きてきた意味を理解し、また、受諾し、納得し、人としての役割

  をきちんと果たして去ったのだろうか?・・(ー_ー)!!

  「なぜ、そんなに急がねばならなかった人生なのか?」

  「遺される人のことは考える余裕はあったのだろうか?」

  「十分満足した人生だったのか?」

  「後悔だらけの人生ではなかった?」

  などと、矢継ぎ早の質問を投げかけてあげたい心境だった・・(;一_一)

  しかし、何時の頃からか、そんな回答を欲しがっていないことに気が付いた。

  心をいっぱい残して逝ったであろう人のために「私がすることは何だろう?」

  と思うようになり・・もう、20年という歳月が過ぎてしまった・・!(^^)!

  ◆考えて悩んで、ざわつく心で解ったことはたったの一つだけ・・(-_-)◆

  {それは遺された者の使命として、辛いことだが・・精一杯生き抜く事でしか

   それを受け止められないのだと知ったことです}・・( 一一)

  そして、それを受諾することで生きねばならない・・成長しなければならない。

  そのことを知ったのはかなり経ってからですが・・(@_@;)

  これがいわゆる【デス、エデュケーション】に継続されて行くなんて・・ほんと

  つい最近になって理解出来た位です。

  (感情移入し過ぎて少しの言葉に酷く傷ついたり・・自己嫌悪と闘ったり】何度

   もありましたねぇ・・(~_~メ))

  疎外感に押されたり、孤独の中で必死だったりした時も全て考える時間であった。

  {死ぬことによって初めてその人はその人間性を問われ、その人の実質や内実が

   分かり・・「どんな人生だったの?とか、あの人生で良かった?」を納得する

   いいえ、させられる気がしたものです・・(@_@。}

     ▼しかし、現実は厳しく無惨で狡猾です・・(;一_一)▼

  なぜなら、遺された者は日々、心の中の大半は自分勝手な想像と変化していく

  大部分は忘却してしまうからで・・消滅していくことは避けられない事実です。

   《その中に生じた空白も心の中のバランスも何時の間にか傷口がふさがる》

  様に、平衡感覚が戻っているし・・崩壊していた精神面さえ癒えている状態!

  対人関係も社会生活も普通になっている・・(@_@;)

  ”何と人間の心は当てにならないか・・現実問題として確信したものです”

  『変容するから、忘却があるから生きていけるのだ』とは判っていてもです。

  やっぱり、死ぬことは忘れることだし・・何も無くなる=無なのだと思えます。

  だから、じたばたしても仕方なく、激変する時代に揉まれぐちゃぐちゃになり

  振り回されても、生きて行かねばならないのだと・・(#^.^#)

  {先に逝った人の心を誠実にこの世に刻めるのは遺された者だけしかないから}

  :自分が背負った荷物の重さや苦痛が正しかったなどとは把握できないけれど:

  その人の(命)の重みや価値観は遺された者に託されることを知った気がする。

  常日頃、それが遺された者の生きる術ではないかと思っているのですが(・_・;)

  失敗だったとしても、もう、取り返しがつかないから・・仕方ないかもねぇ‼

  少し暗くなりましたが・・独り言ですから聞き流してください・・<(_ _)>

       ★今日の俳句5句です★

          ◎裸木や冷めた嘘など数えおり

          ◎巻き戻す心いずこや寒牡丹

          ◎温室苺途切れし会話虚しかり

          ◎変化球時間も過去も着ぶくれて

          ◎突き刺さる言葉棲みつく寒気団
スポンサーサイト



この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<徒然なるままに・・・”俳句” | メイン | 徒然なるままに・・・”俳句”>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/495-f4052cee

| メイン |