FC2ブログ
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/12/13(Sun)
 
 《経験は宝》だと昔から申しますが・・若いころはその意味さえも理解せずに

  当然の様に降りかかる”火の粉”を凄く嫌な感覚で受け止め「どうして私?」

  なんて何度も思ったもので・・恨んだり、苛立ったり、落胆してどん底まで

  落ち込んだことがありました・・(;一_一)

  しかし、今の年齢になると:「ああーこの事が《経験は宝》」なんだと思える

  事がようやく出来るようになったのです‼

  【沢山の出会いがあり、別離があって、大切な人や物との別れは様々な経験】

  となっているのだと思えるからです・・(-_-メ)

  〔別離〕の哀しみや切なさは矢張り、経験した人でないと真実の意味で理解は

  して貰えないだろうと思っていましたが・・(ー_ー)!!

  同じ境遇でも個性が違うし感性も人間性、生活環境など全く違うと・・(+o+)

  それは決して(同じ哀しみや苦痛)では無い場合も有ることを知らされたりも

  して、それはいい意味で経験にもなりましたねぇ・・(・_・;)

  一概に(同じ境遇だからと言って、同じ傷みではないことも数多あるのです)

  {意見の相違や考え方、価値観によっても違うから}同じ境遇でも幅はあると

  思われます・・(ーー゛)  {其々が違うのですね・・(~_~;)}

  しかし、若い時に大きな(苦悩や哀切の感情)に遭遇していると・・かなりの

  経験を積んでいることになり・・【】神からの試練【】だとさえ思えてしまう。

  そして{この年になってこそ、それらの事が《経験は宝》に繋がっていく気が

  致します・・!(^^)!}

  若い頃って先ず〈生活が第一〉で考える余裕などはなく・・大きな苦痛の中で

  もがき・・ただただ、時間に追われる生活だった気がします。

  ☆多分、それだから、瞬時は忘れて生きてこれたのだろうし・・

  ☆そうすることで生活が成立して行っていたのでしょう・・

  ☆そこから逃れることばかり考えていたのも事実です・・

  《》傷つけられた経験や恐怖や嫌な思い出などは出来る限り蓋をして生活し

    見ないように、考えないようにしていた記憶がありますもの《》

  それでも、生活が極端に一変して・・考えざるを得ないことや・・思い出の中

  に取り込まれる瞬間も沢山あって・・これもまた経験になっている。

  {そんな事由で:自分の人生経験はこの年になって初めて見えてきた物が多く}

  善し悪しは抜きにして・・確かに現在の自分の確立がここに在ることを確認して

  いる状況でしょうか・・?

  (傷だらけの人生)なんて言葉もありましたし、苦汁の経験も多かった気がする

  けれど・・人の醜さも知ったし、意地悪や露骨な中傷に涙した夜あり・・まるで

  〔演歌の世界〕を地で歩いていた時期もありましたねぇ・・(^_^)あっはははは

  しかしながら・・それらは今は素晴らしい体験となって自分の身を守護し、財産

  となって身体中に(鱗)のようにへばりついています・・(#^.^#)

  {臆病だった事、不安で何をするにも自信が持てなかったあの頃は何処へ??}

  の現在です・・ははははは 〔とんでもない厚顔です・・(>_<)〕

  「そんなことが有ったの?」なーんて丸で嘘の様な話の最近の私・・(*^^)v

  ”過去の深淵に確実に閉じ込められ、2度と浮上することなどはないだろう”と

  今はそう思えます・・(^_-)-☆

  正直、初老を迎え身体も容貌もすっかり変貌してしまったけれど・・( ^)o(^ )

   ▼{心の中には確かにあの時のあの経験がずっしりと埋没されている}▼

  だから、今は開き直って・・老いを計算しながら図太く生きていられる自分を

  大事に思っているのですが・・v(*^^)v

  きっと、私の人生はその道程が最初から〖宿命〗の様に授かっていたのだろう

  と思うし、多分、私にはそれを乗り越えるだけの図太い神経が備わっていた?

  幸いにも子供に恵まれたことが私の人生は(生きていた証)を残せたと言える

  そう考えると・・今は本当に幸福だと常時、思えて・・(*^_^*)

    ◇《経験は宝》を有難くさえ思える歳になりましたねぇ◇

      ★今日の俳句5句です★

         ◎帰り来ぬ路肩に侘し枯芒

         ◎受け入れしターミナルケァ雪安居

         ◎束縛は固定観念ゆず湯かな

         ◎生きしこと気分紛らす寒詣

         ◎歪なる生の無残さ寒修行

     ◆この俳句は固有の作です。他への掲載はお断り致します◆
スポンサーサイト



この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<徒然なるままに・・・”俳句” | メイン | 徒然なるままに・・・”俳句”>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/487-b050588d

| メイン |