FC2ブログ
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/12/10(Thu)
  
  「人は生きている限り、勉強をしなければならない」と言われた事があって

  その言葉がずっと引掛っています・・!(^^)!

  勿論、毎日、机に向かって朝から晩まで「それはありえませんが‼・・(+o+)」

  「生きている限り」という言葉がどうも、私の中で反応を起こすようです。

  可笑しいですよね・・「生きている限り」ってどの辺りまで? あっははは

  ま、そんな屁理屈を言わないで・・簡単に考えてみますと・・多分、自分の中

  で呆けていない感覚があり、日々の生活が普通にできるって所でしょうか?

  子供達に身体の心配をかけず(現在病気療養中では無い)に生活をすることで

  少しだけ心に〔ゆとり〕がある生活ができている状態ではないかしら?

 〔ゆとり〕という言葉も幅が広いから・・経済的や精神的なこと、生活、健康と

  沢山あるけれど・・不平不満を言わないで・・(#^.^#)

  △与えられた時間内や経済の中で細々と生きていられる

  △生活の中で勉強も出来る時間がとれる

  △老化防止策として

  それが〔ゆとり〕だと私は自己流に意味を解釈していますが・・(@^^)

  だから{生きている間は全てが勉強である}と思いますし・・そうしないと

  人として生まれてきた意味がないようにさえ思えるのは傲慢かも知れません。

  例えば・・

  他人に自分の荷物を持ってもらったり・・自分の仕事(生活上)を手伝って

  貰ったり、手助けをされることは、私の中では老化の急上昇だと信じている

  部分があるので・・【偏屈ですが】・・そこには入ってきて欲しくはない!

  という考えがあって・・(ー_ー)!!

  〈自分のことは自分でしたい〉と絶えず思っているんです・・(-_-メ)

  「老いたのだから・・少し位甘えてもいいのでは・・?」と言われる言葉に

  結構傷ついているんです・・(;一_一)

  ちゃんと解っているのだけれど・{人の世話にならずに生きたい願望が強く}

  {人間関係の煩わしさからは遠い場所にいたい}のが本音なのです・・(>_<)

  正直、可愛くない人で・・大人げないところもあり・・嫌な性格だと思う‼

  ■適当な距離を置いた付き合いができてーー

  ■自分の生活の中に踏み込んでこないーー

  ■それでも信用してもらって、信頼関係が続けられる人ーー

  が望みであり、そう言う人が好きだし快適なのです(本当に我儘で・・(/_;))

  多分一生涯、人との同居は無理だと思われ・・自分の生活が乱されることに

  かなりの『ストレス』が溜まるようです・・(@_@。

  本来なら、もう、子供の世話になったり同居をしてもいい年齢だと思うことも

  偶にありますが・・(ーー゛)

  昔の様に、現代の子供は年齢の割に幼いし、自分達の生活で手一杯の現状。

  その上、この大不況です・・「子供の世話になる」なんて考える事など私には

  在り得ない・・(@_@;)

  《折角の生命です》

  《たった一つの自分の人生です》

  《出来るだけ一人の生活を楽しみたい》

  それこそ「可能な限りの勉強」をして「生きている限り迷惑をかけないよう

  に出来れば幸せだろうなぁ」・・なんて考えているのですが・・(*^_^*)

  ま、余り、先のことは当てにはならず・・どうなっていくのか・・興味津々!

  と言ったところでしょうか?

  せめて〖何か心の琴線に触れることが少しでもあれば・・〗

     〖今を大切に生きていければ・・〗

  これから先も(老いを抱きつつ頑張れるのでは)と思っているのですが‼

  そして{生きている意味合いも発見出来そうな予感がしている}のですが??

         ★今日の俳句5句です★

            ◎着膨れてすり足で行く未生かな

            ◎次世代を師走が運ぶ隙間かな

            ◎地球より宙を見ており冬紅葉

            ◎重力の糸捜したり寒の釣

            ◎奥底の知れぬ寡黙さ寒見舞
スポンサーサイト



この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<徒然なるままに・・・”俳句” | メイン | 徒然なるままに・・・”俳句”>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/484-75daf2d4

| メイン |