FC2ブログ
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/12/08(Tue)
  
  話題の『2012』を観に行ってきました・・女性の日だったので朝早くから

  かなりの女性客が集まっていた・・(#^.^#)

  以前にも話しましたが“パニック映画は大好きで”ずっと気になっていました。

  生憎、札幌行きや姪の展示会などがあって・・今日になってしまったが・(^.^)

  先ず一言では語れない・・(@_@;)

  映画自体は物凄いスケールで迫力もあり・・近来稀に見る”映画の緊迫感”が

  あって・・想像を絶する恐怖と圧迫感に固唾を呑む思いで引きこまれ、最後迄

  時間を忘れて退屈をすることもなく・・見終えた・・(*^^)v

  人それぞれの感想があって当然だから:余り人様の意見に左右されず、身勝手

  に書いていますが・・(@^^)

  何でもそうだが「好き」という気持ちは大事だと思いますね・・(^.^)

  さて、問題の映画の話に戻りますが・・古来より[マヤ文明]で言われていた

  『2012』には(地球に大変な事が起こり滅亡するのではないか?)という

  予言がなされていて、地球の最後が5つの予言で書かれているとか・・?(-_-)

  正確には知らなかったのです・・すいません・・m(_ _)m

  正にこの時期、これほど激動する世の中、不安材料が多く恐怖感や人との心が

  乱暴で雑になってきている現代に《警鐘》を与える意味でも素晴らしい作品で

  あったと思います‼ 本当に良かったです・・ヽ(^o^)丿

  矢張りストーリをほんの少し書いておきます。

  最初の15分位でおおよその概略を掴めるような描き方であって:その意味では

  理解しやすい映画だと思いました・・(^v^):

  先ず、インドの地質科学者からアメリカの同じ学者に連絡があり、地殻変動が

  起きていることを知らされ(コア)の変動で地熱が異常に上がり地球が危険だと

  教えられる・・それをアメリカに持って帰ってから話は続く事になる。

  世界の首脳会議が開かれたり、自国の保全のために様々なことが行われる!

  地質学者の彼はあちこちで大規模な地割れと地震の発生を危惧して色々な意見

  や行動をするのだが・・(;一_一)

  それと並行して、ある家族が大きな地震、隆起、崩壊に巻き込まれて行く様が

  描かれていて・・複雑な中に今のアメリカを象徴する離婚家庭だったりとても

  大金持ちの家族がいて、10億ユーロを支払って、方舟と訳されていたがーー

  (私には潜水艦のようにも見えたが)宇宙船で地球から脱出する家族もいたり

  雑多な人間模様が複雑に絡み合って・・興味深い演出方法でもあった・・(@_@。

  {優秀な遺伝子と裕福な人以外は乗れない方舟は*どうなって行った?*

  ▼世界各国の遺産や建物の崩壊と津波それは恐怖と絶望:凄まじい光景を画面

   いっぱいに映しだし、逃げ惑う人々の驚愕と失望・・慄然とする人間社会▼

  映画の迫力を思う存分打ち出していたと思いました・・(@_@;)

  {あらゆる天変地異が世界を[いいえ、この地球上を襲撃する有様は凄まじく}

  人間の知恵も能力も自然の恐ろしさ、偉大さの前にはいかに無力で、米粒ほど

  の力さえも出しきれない・・無能さを全面に繰り広げる・・(>_<)。。。

  人間を改めて考えさせられる映画になっていたと思います・・(ーー゛)

  ★地球が瓦解して行く過程の中で人は何ができるのか?

  ★何を問い、何を学び、これからの人生、どうやって生きていけばいいのかを

   痛烈に批判しつつ・・家族愛、親子愛、夫婦愛などが随所に表現されていて

   人間として人としての在り方や生き方を温かい目で描いている作品でした。

  ★世界が終る。人類が滅亡するその時期は何時のことか?

  ///ラストシーンは素敵な感動が全編を締めくくるように演出されていて///

  かなりの感動作に仕上がっていたのが何よりも嬉しかった・・(*^_^*)

  ※どんな世の中になっても人の心は急変するものではないことも、また生きて

   いる時間の中の(ほんの数コマの激震)であることも確実に教えてくれる※

  {ラストソングは澄み切った若者の声が最後を爽やかに盛り上げてくれていた

   のも好感が持てた・・(^_-)-☆

  「ほっと」した感覚と重く激しい劇映画だけに余計心を和ませてくれた気持が

  して・・(^^♪  良い音楽だったと思いましたねぇ。

  ◇久しぶりに激しさと恐怖の中で温かい劇映画を観た心地がしました◇

      ★今日の俳句5句です★

         ◎鷲掴む夢に溺れる枯尾花

         ◎洞察のできぬ思案や日向ぼこ

         ◎陰影に秘めし古地図夕焚火

         ◎屈託のないふくらはぎ三冬月

         ◎寒烏歩幅に遊ぶ声しきり
スポンサーサイト



この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<徒然なるままに・・・”俳句” | メイン | 徒然なるままに・・・”俳句”>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/482-6118d90f

| メイン |