FC2ブログ
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/07/28(Tue)
  先日のバス旅行の(余波)が現在進行形で続行しています・・(/_;)(/_;)

  矢張り、自然に触れて歩くことは贅沢でもあり心が安寧になるものですね。

  何だか凄く、お得感と幸せの感覚が未だに取れません・・・(#^.^#)

  取れないと言えば、悲しい事に筋肉痛がまだ残っていまして・・(^_^;) 

  ここでも憎っくき[加齢]がのさばっております・・とほほほ

  (老いを感じる瞬間でもあり、しっかりと確認をさせてくれた現実です!(^^)!)

  ただ、よく眠れたことはよく動いた証拠のご褒美で爆睡状態でした(@_@;)

  古人の言では「旅は万事を思い知る」といいますが・・(正にピンポーン)と

  言った日々になっています。

  色々なことを学び、教えて貰える機会でもあるし、自分を反省する時間にも

  なっていて、大仰に申せばですが・・「いかに生きるか?」までを考慮する事

  が出来るのが(旅)だと何時もそう思います・・ヽ(^o^)丿

  哲学に興味がある私は何でも(恰好つけて)難解に綴っていますが・・(^.^)

  それは完全な誤解です(念のため)・・(ーー゛)

  そんな体裁を繕うほどの知識はありませんし[深謀遠慮]が確立していたら

  老いが足元をうろつき出した時点で腹をくくり、前回書きましたように[粋]な

  女へと変貌が既に出来ているはずですから・・(-"-)  ”あぁーーあ”

  今頃この年齢でオタオタなどしている様は本当に情けなく、惨めでもあり我身

  の愚弄さと計画性の無さを恥じ入っております・・(ー_ー)!!  「はい」

  でも、立ち止まってはいられないし(残生に気がついた時)から這い上らねば

  ならないと思ったのです・・(>_<)

  人生はリレーのようなもので、襷で繋がっているような気がするのですが///

  例えば誕生してから、就学、恋愛[見合い]結婚、出産、養育そして老後へと

  バトンが渡されて行くものではないでしょうか?

  そして、生きることは何と変化の多い、辛苦や哀切と共に歓喜の時間さえ授与

  してくれます・・( ^)o(^ ) 

  それが人間の営みであり、不公平で不合理だったりしても甘んじてそれを受け

  立ち向かわねばならないようになっている気がするんです。

  {どうしようもないほど悩み苦しんでも1度きりの人生・・(^_^;)

               楽しく陽気でのんびり生きても同じ1度きりの人生です}

  「そんなに面倒くさく難しく生きなくても、楽に生きる術はあるよ」とおっしゃる方

  は数多おられるでしょうが・・(;一_一)

  こればかりは長年の環境と境遇、性格(偏狭、浅学)故の脳の構造の仕業だと

  思われて・・(-_-;)    ▲困惑状態は事実です▲

  しかし、現実問題として、自分自身を把握しないと前進出来ないし、現実の生活

  を保っていないと・・バックボーンがないだけに慎重になり、真剣に悩むのです。

  その上激動の世の中、様々の価値観の併存が当然のようになってきています。

  要するに「何でもあり」になっている状況の中で情報やマスメディアに惑わされず

  自分とは価値観が全く違う人との認識をしないと生きていくのがしんどい・・(>_<)

  何処かで「折り合いをつけて生きるしかない」し、柔軟性が要求される。

  エクスキューズばかりの人生も嫌だし、その渦中に入るのもご免だと思っている。

  そんな身勝手な人間が「いかに生きればいいか」と考えるのは至極当然では?

  随分偉そうなこと言っていますが、要は自分に自信がないからで・・( 一一:)

  まあ「そんな人が居ても良いのではないかなぁ」的心情で書いています。

  その内に何かが見つかればもっけの幸いですもの・・(^_-)-☆

  あまり、頑張らないで力まないで☆考慮中☆の壁紙でも貼っておけばーーー

  もしかして☆壁紙の裏に解答が浮き上がっていてその実体は???☆なんて

  なっているといいなぁ・・(*^_^*)

  予想外の中に答えがあるなんて(夢物語)に繋がるみたいで幸せだわ・・(*^^)v

  今迄体験しなかったことが出来るなんて嬉しいことだし、この程度の幼稚さが

  残存されている自分に“頑張れ”とか言いたい心境なんです・・m(_ _)m

   ■老いると心の内面が顔に出るとか言いますでしょう■ 《》嫌だ!嫌だ《》

      ★今日の俳句5句です★

         ◎昼寝覚老いを眺める不平等

         ◎生き方を見つめ受け止め火取虫

         ◎自在なる刹那の日々や水馬

         ◎落莫の夢の羅列や蝉の殻

         ◎哀しみは年毎に増え布袋草
スポンサーサイト



この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<徒然なるままに・・・”俳句” | メイン | 徒然なるままに・・・”俳句”>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/352-1c6bd610

| メイン |