FC2ブログ
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/07/25(Sat)
  早朝6時に出かけました。これで約束の時間にはバッチリ=(*^^)vなーんて

  思っていたのですが(朝の6時の電車に乗る機会)がないもので・・(ーー゛)

  時間間隔があってびっくり―漸く迷惑かけずにAさんと会えた。 「ほおっ」

  きっと、早めに来られて・・「今着いたところ」ななあんて(お優しい言葉)に

  ちょっぴり、心苦しく思いました・・<(_ _)> 「ドジ子」って呼んでもいいわよ!

  さて、お天気=雨女の私ですし、山へ行く予定だから山頂までには降られる

  覚悟と、寒さ対策をしっかりとして行きました。

  でも、ガスが流れて、視界が悪くなったり、急に晴れ間が出たりの繰り返し。

  そうなんですよ・・(#^.^#) 雨女返上の日となりました・・ヽ(^o^)丿”わおぉ”

  ☆行先のご案内です☆

  琵琶湖の北部(いわゆる湖北地方)の(伊吹山)と(箱館山)の花の旅です。

  父の里が滋賀県だったので、昔、夜中に松明を持って登った経験がある山

  だったのですが、夜中に登り、ご来光を拝むということだったから・・!(^^)!

  正直、道など記憶にない。今は舗装といっても(砂利道)ですが、1377m

  の途中までバスで行き1時間半ほどかかって頂上に着く予定でした。

  その道すがら伊吹山独特の(高山植物)を見ながら登るわけでして・・(^.^)

  案内して下さる小父さんに出会い、説明を聞きながら歩き、写真を撮るもので

  頂上が何と長く遠く感じたことでしょう・・(-"-)

  それでも、右左の道側、その奥にまで目を光らせて発見せねばならず・・(+o+)

  結構ハード。歩いた気がしました。山頂ではほんの瞬時、ガスが(パァッ)と晴れ

  視界良好になって素晴らしい景観美を堪能できた。 「嬉しかった・・(*^^)v」

  それ上、お昼には(釜めし弁当)が付いているのでそれを頂きながらご機嫌で

  お喋りに夢中になっていたら、集合時間に間に合わない時間になっていた(>_<)

  大慌てで、元、来た下りの坂道を15分位{走るように転げるように}降りました。

  人間はいざとなると本当に(馬鹿力)がでるものです・・( ^)o(^ ) あはははは

     ▼2人の形相はいかばかりだったでしょう?

      (恐ろしや・・恐ろしや)の瞬間でもありました・・▼ おほほほほ

  間に合って、ほっとしたが・・[ツアーはこれが叶わない]と言いつつ辛うじて

  バスの駐車場に到着した・・(;一_一)   《》メッチャ疲れた////《》↓↓

  それにしても3台のバスでの出発だったから、人が多くて止まるとぶつかり

  謝っては前進の繰り返しで、頂上を目指す有様でしたねぇ//////

  ガスが凄い勢いで流れたり、瞬時に晴れたり・・!(^^)!!(^^)! 「何度も濡れた」

  山の天候の急変を体験しました・・(@^^)/~~~

  初夏の高山植物は多彩で山の面に沿って小さくそれと分からないように咲き

  真剣に探さなければ見逃す花が多かったのが残念だった・・(-"-)
 
     ◆ほとんどの花の名前を知らなかった・・(>_<)◆

  それでも、本当にびっくりするほどよくご存知の方もおられ・・(@_@。 仰天!

  したり、ガイドの小父さんに連れられて途中までは賑やかな道中でした。

  花を見つけると興奮するし心和み(どっちなの?)状態でしたが先ずは(^^♪

  かなりの坂道で足が丈夫でないとステッキが必要かもしれません。

  ちなみに購入したパンフより観ることができた花の名前を書いておきます。

  [伊吹の豌豆、姫風露、下野草、蝦夷風露、草藤、ウツボ草、鹿の子草、草橘、

  山芥子、伊吹タンポポ、高灯台、伊吹旗竿、黄花の連理草、伊吹虎の尾、

  梅草、深山小薊、唐松草、山蛍袋、雌宝香、猪独活、金梅草、小鬼百合

  河原撫子、赤麻(アカソ)、吾亦紅、大葉擬宝珠、ノリウツギ、棕櫚草、姫女苑}

  などが点々と道沿いにありました、捜すだけでも大変だった・・(ーー゛)

    ▲半分も名前を知らずお恥ずかしい次第・・(・_・;)(・_・;)▲

  この山道では、顔を合わせることなど無い人の群れに押されたり躓いたりして

  大声で花の名を説明する人、写真ばかり撮ってる人など、色々な様相を拝見。

  花を発見しては{生きているのっていいなぁ}・・(*^_^*)と感じていました。

  目が見える幸せ、こんな素敵な時間を貰ったことに深謝せねばと思いました。

  Aさんのお蔭で楽しさが倍増され、彼女の機転と頭の回転の速さには脱帽。

  雨に会うこともなく冷風が心地よくガスで全てが見えなくなる一瞬や晴れていく

  その様は素晴らしく山の、花の草の樹木や自然の匂いをいっぱいお腹に詰め

  込んできました・・(@^o^@)   楽しかったぁーーー(^_-)-☆

  明日は箱館山を書きます。

       ★今日の俳句5句です★

           ◎淑やかさ披歴しており棕櫚の花

           ◎吹き切れし心の裡や夏の霧

           ◎あり余る驟雨の気品浴びており

           ◎在りし日の思慕重ねたりねむの花

           ◎生き方は面倒なれど姫女苑

スポンサーサイト



この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<徒然なるままに・・・”俳句” | メイン | 徒然なるままに・・・”俳句”>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/349-3a80ac8e

| メイン |