FC2ブログ
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/07/22(Wed)
  [会話]はキャッチボールに例えられますが、それは決して簡単ではない。

  なぜなら、相手に依っては直球だったり、カーブだったり、思わぬ変化球が

  飛んで来る可能性が大だからです・・(@_@;)

  そんなときは覚悟を決めるか、開き直る以外手立てはなく(これは私自身)

  成熟された大人の人なら変化球などはさらりと避けて通るかキャッチする。

  人は知っている範囲内でしか言葉は出てこないものです・・(ーー゛)

  だから、私などは、上から目線で話が来たり、高圧的な言葉で会話されると

  「もう、いけません」ーー(ー_ー)!!  {降参でーす}

  たった一言の言葉に傷ついたり、ショックを受け、神経がずたずたになる。

  正確な判断が出来ず見極める力さえ喪失していくからです・・( 一一;)

  もう、そういう状態が続くと喋るのさえ面倒になり、頭の上を相手の言葉が

  飛んでいる状況です・・(-_-;)

  自分の気持ちを理解して貰いたいとか解ろうとする気力が萎えて・・!(^^)!

  鬱陶しさが先立つ有様で・・(>_<)これでは友達も出来ないなぁとは思う。

  何とか説得して納得して貰いたい願望は必ずしも無い訳ではない・・(^_^;)

  しかし(説得)なんて言葉は恐怖であり、おこがましい気がして、心地よい

  感じがどうしてもしないのです。

  「会話」は競争ではないし、自分の意見を押しつけるものでもないと思う。

  元来、自己愛が強く、傷つくことが嫌で(自分に自信がない)からの部分が

  大きいのだと考えます。そして主人が亡くなった時の(裏切り行為)が酷くて

  余り人を信用しない性格に急変したせいもあると思われます・・<(`^´)>

  若いころは自分をありのままに受け入れてくれる人が欲しかった時もあって

  肯定してくれる友達を探す努力もしていたが、今はそんなことは些細なことに

  変化してしまった・・(-"-)

  加齢のこともあるが、そんな厄介なことに煩わされるほど時間がないようにも

  思われ、出来る限り1人で自由勝手気侭に余生を過ごしたい希望が大きい。

  「それは寂しいでしょう」といわれるかも知れませんが・・(--〆)

  日々、これだけの激動する世の中に生きていて、政治の腐敗、格差社会など

  世界中で起こっている不況や自然の異常など、様々な現象を思うと、余りにも

  微少過ぎる個人的見解・・!(^^)!!(^^)!

  確かに、価値観や感性の合う人に出会えると嬉しくてつい頑張って友達に・・

  なれたらなんて思う時も数多あったし、これからも可能性はあるが・・(~_~メ)

  人間関係を継続させるのは、かなりしんどいことでもあり、今更の感もある。

  その上、尊敬できないと駄目な人で、比較されたり、優劣を平気で付けたり

  する人は「本当に御免なさい」  m(_ _)m

  [表面上は上手に言っていてもどこかでボロが出る]し、長く付き合ってみると

  そういうことって自然と解るものです。

  私には人間的未熟が沢山あって、人間関係がぎこちなくなる場面が多々あり

  どうも(他人を振り回す傾向)があるようです・・(>_<)。。。

  だから、なお、慎重だし、傷つけられると、どんなに大事に育んできた関係でも

  自己判断で切り捨てることが出来る図太さもあります・・<(_ _)>

  無論、その答えを出すまでは時間が凄くかかり、修復作業も頑張ってします。

  それで、心の裡で答えが見つかり冷静に判断出来たら、きちんと相手と対峙

  して話合いますが・・(>_<) かなりの時間が必要でその内疎遠になる事の方

  が多いですねぇ///矢張り変人なのかも知れません///

  {自己納得するのに頭が悪いから時間がかかるんだと思います}(-"-)

  一応、謙虚な態度で接することを心掛けてはいても、知性も教養も不満足な

  者だから自然と会話が流れなくて・・(-_-) 困惑することが結構あります。

  生意気なことばかり書いた気がしますが、こんなこと言っている者ほど真実

  なんて見えていないのが現実です・・_(._.)_  あはははは

  人間関係は付かず離れずがよく、私自身は自分のバリア内に無神経に入り

  込んでくる人は我慢できない・・(/_;) 心の狭さがあるのです・・(T_T)。。。

      ★今日の俳句5句です★

          ◎貧に生き微熱のありて黴の家

          ◎世の中や意のまま水を打っており

          ◎さながらに定まる位置や蓮の花

          ◎山積の未来図暗し鰻飯

          ◎語り合う人のぬくもり胡麻の花
スポンサーサイト



この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<徒然なるままに・・・”俳句” | メイン | 徒然なるままに・・・”俳句”>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/346-b00b0925

| メイン |