FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
徒然なるままに・・・”俳句”
2009/07/11(Sat)
  昨夜、娘から愛しの[ぽちこ]の写真を入れてあげたいTELがあり、初めての

  事ですが・・・写真を手伝ってもらいました・・・(◎^o^◎)

  写真が入ると綺麗だと正直思いましたが・・・どうでしょうか?

  個人的には折角習ってきたのだから、と言う気持ちもありますが・・・(-"-)

  何せ、文章を書きたい人だからーーそれも、何時も書いては消去している

  部分が沢山あるもので・・・(;一_一)

  自分のペースで、写真なしで暫くは書いて行きたいと考えている。

  (生き甲斐)なんて言うと大仰だからー{生きる支え}と言い変えて書きます。

  若い頃は、自分の前には前途洋洋と道があり、深刻に思うことなど何もなく

  自分の能力の限界さえも把握できず、理解さえしていなかった・・・(@_@。

  謎めいた前向きの道しか見えず、突撃するように走っていた記憶しかない。

  まして、家庭を作り、子育ての段階での生活はもう、考えたり立ち止まる事

  などは計算外だった・・・(>_<)多忙過ぎた日、子供や家庭の事に忙殺された

  生活は余裕もなくただ、健康で毎日が来ることのみを望む生活が生きている

  感覚で{生きる支え}になっていた。凡百な人間ゆえに日々の生活に追われ

  生きていた。それがその時代の現実であり事実でした・・・(;一_一)

  しかし、何時の頃か、様々な人生の岐路に立つ機会があり、選択肢を自分

  一人で決定せねばならない時間が増加して(はたと考えるようになった)。

  人の考えることや選択は主観的なものだが・・・(~_~メ)

  実際、ある年齢になるとその進歩と言いますか、同じ一年が数か月で終了

  してしまう感覚があることに気が付いたのですーーー(@_@;)

  焦燥感に苛まれましたし、自分の人生に対して瞬時(停止命令)を下したい

  願望が発生しましたねぇ・・・( ^)o(^ )

  足元まで来ているたった一本の道が急激に間近になり、今まで枝葉の中を

  あちこちふらふらしていた生き方に(終止符)を打ちたい欲望が出てきた。

  心に確乎たる気構えのようなもの、それは個々によって違うと思うが、それを

  持ち、近ずいてきた天界への道に入るべき準備段階がきたことを知った。

  つい、何年前までは(アンビバレンス)な生き方しかしてこなかった・・・(-"-)

  そうなんです。{二者択一の方法}しか見えていなかったからです。

  そして、それが正しいのだと、心の何処かにあったようで・・・!(^^)!

  現代の、今の、この複雑な世の中にはそれが同格ではないことに辛うじて

  気がついたような状況でした・・・(・_・;)(・_・;)

  そのような生き方だから、{生きる支え}は無論変化し移行して行きました。

  そのことは当然だろうし、仕方ない部分は仰山あります。

  それにしてもどうも、私個人の(脳力)は余りにも遅鈍で・・・働く意欲が欠如

  しているらしく、人よりかなり遅れて気付くみたいですーーー(ー_ー)!!

  誰もが人間としてきちんとした答えが出せるとは思わないにしても・・・

  ある年代になると、もっと人は毅然として自分の判断や決断に自信をもてる

  人になれると信じ込んでいた―――あはははは

        ◆そんな愚かさがあったのです・・・(^_^;)(^_^;)◆

  こんなにあたふたと、残生を足掻くなど想像もしなかったし、何かに突き動か

  される生き方になるとはー―(/_;) 及びもつかず恥ずかしい人生を生きている

  感覚が止められません・・・( 一一:)

  まあ、こんな人もいるんだと言う感じで見て頂ければいいかな・・・(--〆)

  願わくば、苦い体験や苦痛が終わった事として貰いたいし、不幸を不幸とは

  思わずにいたいし、物理的時間は誰にも同様にある事を再確認して置きたい。

  平等にある時間の使い方はこの年だから深慮すべきであることも・・・

  少しは判っているつもりなのですが・・・(T_T)/~~~

  果たしてどうなるのか? それも楽しみでもあります。

  人間なんて、誰の人生も波瀾万丈だと思うしーーー(^◇^)  ましてや

  誕生する時の苦痛や痛みは、母子共々、既に数多くの苦を背負いながら

  生まれてくる真実を思えば・・・もっと早く、色々なことに心のアンテナを張る

  努力が必要だったと後悔はあるーー済んでしまったことは元に戻らずだから

  前向いて歩くより仕様はないのだと開き直っています<(_ _)>

  完璧に避けることのできない[老い]と[死]への道程は最善の力を持続させ

  喜びの中で終焉の時間に包まれることをこれからの{生きる支え}にしたい。

  そんなこと考えています・・・ヽ(^o^)丿

        ★今日の俳句5句です★

            ◎梅雨最中とぎれとぎれの鬱時間

            ◎水平線しぶとく歪む若葉潮

            ◎荒梅雨やずっしり重い更年期

            ◎草刈りて崩壊と言う余熱あり

            ◎万緑に広がる無力生きており
スポンサーサイト
この記事のURL | 俳句 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<徒然なるままに・・・”俳句” | メイン | 徒然なるままに・・・”俳句”>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/335-d77ad3f9

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。