FC2ブログ
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2019/04/01(Mon)
※クメール人の食事に誘われて・・

土曜日の朝、漸く探していた食材を市場で見つけて「お昼を
一緒にどうでしょう」と言いに行きました。

何時も世話になっている息子の友達の家です。凄く喜んで
くれて12時の約束を取りつけた。

私は自分の部屋で(何せ大家族)と言う彼の提案に不思議
を感じていたのですが・・彼は間違えていて自分の父母の
家の玄関でテーブル、椅子、食器などが全部、揃えてある
場所が準備されていました。

朝9時から下準備に入り5種類の総菜を造りました。彼らの
父母が【お好み焼き】が好きでまた食べたいと言うのでそれ
らを3種類、鶏肉のからあげ、ブロッコリーと卵炒め、後は
秋刀魚の天ぷらと魚のすり身に香草と生姜を入れて焼いた
物を造った。

下処理に準備が掛りましたが・・先ずはたこの程度でした。
秋刀魚は冷凍から少し解凍して3枚におろし(これが酷くて
下手なのです)でも頑張って何とか3匹処理しました。

毛抜きで骨を取って子供も多いから気を遣った。でも、処理
しながら、若者ばかりだからいいかなとも思ったのですが?

あちらの家では3家族と、子供6人その内に昼休みで帰宅
した会社勤めの何番目か知らない女性や男性が次々と・・
食卓にある物を、かけ込むように食し、食べながら仕事に
出かけたりと何人が食べて行ったか・・Σ(・ω・ノ)ノ!

あちらではスープが2つと豌豆豆と卵の煮物が出されていた。
スープは雷魚が1匹空心菜の中で丸ごと入っていた。これは
先日書いた魚味噌味で凄くしょっぱくてとても私の口には・・

後は大根と人参ネギのスープでした。結局テーブルは満杯に
なりましたが・・ビールを1本飲んで食事はせずに2時前には
帰宅した。

       ▼正直疲れたのです・・(/ω\)▼

このように毎日親族の家でお昼や夜は集まって食するらしく
クメール語が飛び交いいやはや解らないのもあるが好みの
味が全くなかったのも残念な事でした・・(-_-メ)

兄弟は6人で、それぞれ配偶者がいて子供が13人(孫)も
いる家族。これがごく普通のカンボジアの家庭だと言います。
人に疲れ、立って造って疲れ最近はお一人様の食事だから
その量も半端では無くて・・流石に料理好きでも参った!

このように家族がちょっと摘まんで食事し、両親を大切にし
絶対的権力の母親には逆らわないのが、この国の躾であり
暗黙のルールみたいでした。

大笑いしながら食べていましたが・・本音「もうー嫌だな」と・・
心底思った・・( ;∀;)大人数に慣れていないのと静かなのが
好きな私とでは全く正反対だからです。

故に1人で食事する私がこの国の人には理解できない様です。
スポンサーサイト



この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・) | メイン | 小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/3051-ae694a99

| メイン |