FC2ブログ
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2019/03/27(Wed)
※受け継がれていく魚醤・・

日本や中国のアジアでは穀物を原料にした穀醤を中心
にした食文化が根ずいていて醤油や味噌もこれに入る
そうです。

一方の東南アジアでは、魚を原料にした魚醤を主に用
いる、文化圏だと言われています。

カンボジアもそうです。特に次に上げる2つは有名です。
一般家庭には必ず置いてある常備用の調味料だと・・
言われています。

◎プラホック(魚味噌、または塩辛で固形)
塩分濃度の高い淡水魚の塩辛で日本的に言えば味噌
に似ています。料理の味付けには欠かす事が出来ない
程日常的に使用されています。

勿論、つけダレにも使われますし幅広い用途があります。
小魚は内臓だけ取り除き頭や骨はそのままです。

大きな魚は身だけを削いで塩を塗した物を樽や壺に入れ
て発酵させます。

本当に塩分量が多くしょっぱくて中々使いこなせない・・
ほんの少し味付けにコクを出すために使用するするのです
が・・(>_<)

◎トゥックトレイ(魚醤)
魚と塩を原料にした液状の調味料で、これも必ずどこの家
にも数本は常備されています。各々味が違って料理により
使い分けされています。

村に行けば現在でも手作りで自家製の魚醤を使用している
所もあるそうですが・・('Д')

しかし、それも段々面倒になって(作れる人が少なくなった)

最近はタイ、ベトナム、自国のカンポット産のカタクチイワシを
原料にしている物が多く出回っていて、メジャーになっている。

市場ではこの調味料だけを売っている店がかなりあって・・
殆ど使い方に慣れていない私は時々ねっとりした味噌の様
なプラホックに困惑します・・(/ω\)

            {冊子クロマー参照}
スポンサーサイト



この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・) | メイン | 小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/3047-1ad7605e

| メイン |