FC2ブログ
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2019/01/14(Mon)
※カンボジアの魚は干物・・

平均気温が年間を通じ27、8度と言うこの国はご存知の
様に『雨季』『乾季』が割合はっきり分かれています。

現代は異常気象のせいでしょうか?少しづつズレている
感じも否めませんが・・( ゚Д゚)

暑さの時期は40度を超える日々が続きますが・・今は
観光にも生活するにも一番良い時期です。

『乾季』の間は魚(川魚)の捕獲が少なく・・殆どが干物
で〔トレイ・ンギアツ〕は特に高濃度の塩水で長時間を
掛けて干されている為常温保存が可能だと言います。

また、糠ではなく米本体を漬け床に使用して発酵させた
〔ブオッ〕や〔マム〕は乳酸菌の働きで腐敗を防ぎうま味
を出す食品も沢山あります。

何処の家庭でも何種類かは家庭の味として準備されて
いるのが普通みたいです。

正直発酵食品の臭いが強くて中々手が出ない・・(-"-)
同じような味付けになっているのが事実かな?

ただ様々な野菜をできるだけ食する様にしています。
尤もすべて加熱が必要ですが・・(@_@;)

魚は秋刀魚などの、冷凍食品が多く解凍してフライや
天ぷらで食していて、我が家の魚はすり身を利用して
焼いたり揚げたり蒸したりしています。

ただ、生臭さが取れないので香草類は数種類一緒に
入れて臭いを消して使っています・・( ;∀;)

発酵した味噌のような練り物を少し入れると美味しいと
言われるのですが・・苦手なので香草ばかりです!

     (冊子 クロマー参照)
スポンサーサイト



この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・) | メイン | 小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/2989-87f80799

| メイン |