FC2ブログ
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2019/01/10(Thu)
※珍しくお客さんが来た・・

息子の仕事仲間だった人たちが急に集まることになった。
最初はお昼ご飯という話だったが・・途中で1人が仕事が入り
夕食に変わった・・('Д')

夜の弱い私は正直「参ったなあ」と思っていたのですが・・
遅れてきた人の話に盛り上がって時間が経つのを忘れた。

丁度40中半の人でしたが・・あの大きな内戦で両親を失い
村の中は機雷がそこここにあって・・彼はプノンペンに
逃げたそうです。

たった6歳で僧侶になり20年間お坊さんをして暮らしたと・・
佛教大学も出ていてかなりのインテリでした。

今迄この国では{タブー}とされていた内戦の話は心を揺さぶ
るものがありました・・Σ(・ω・ノ)ノ!

でも、あまりそのことには触れずどうやって生きて来たか?
の話が多かったですが・・余程辛く逼迫した生活だった事
が伺われて・・感動しました。そして、その殺戮のむごさに
心中おぞましく・・心が乱れましたねえ!

大抵の人は話さないようですが・・彼は要所だけを取り出し
少しだけ話してくれた。貴重な体験を聞いた思いでした!

日本食の天ぷらが食べたいと言うので(それも野菜をどう
料理するのか?)見たこともなかったようで・・我が家で
1番の大皿に人参、さつま芋、玉ねぎ、エリンギ、茄子・・
隠元豆、かき揚げこれは玉蜀黍と干しエビを入れた)
もう少し何か造った気がするのですが・・ふふふふふ

山盛りにして出したが・・瞬時に食したらしく失くなっていた。
後は豚肉にもやしを巻いて嵩増し、大きくして焼いた。
味はケチャップ、牡蠣油、塩、胡椒、チリソースで味付けし
半分に!カットしてだした。

食べるのが早いので次々と造らねばならなかった。3時半
には下準備をしていたが・・( ;∀;)

後は魚のすり身を香草と卵、小麦粉を混ぜて焼いた日本
のハンバーグ的な感じでしょうか?
これも割合大きく5枚出したのだが・・(-_-;)

そのあとは玉蜀黍と卵のオムレツを造ったが、男性の食欲
には仰天した・・(@_@;)

でも、気持ちよく帰ってくれて・・安心した。

5年前、初めて来た頃は沢山の日本人の若者が集まって
食事会をしたものでしたが・・すっかり忘れていた感覚を
取り戻した1日になった・・殆ど何も残らなかった・(;^_^A
スポンサーサイト



この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・) | メイン | 小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/2984-f13fd088

| メイン |