FC2ブログ
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/10/18(Thu)
※カンボジアの教育・・

これは以前にも少し書きましたが・・詳細が記載されている本
を発見したもので・・一部分引用させて頂きます。

カンボジアの教育制度は日本と同様で6,3,3,4制です。
最初の9年間は義務教育として無料で受けられる事になって
いますが・・?

ただ家庭の事情(子供は親にとっては働き手であるため、又は
幼い子供の面倒を見たり、親が働いているので家事をしたりと
子供は忙しい生活を送っているのが現実です。

通学が段々難しくなって・・(-.-)周辺の子供たちも小学校までし
か行かない子供が増加しています・・(・_・;)

退学や留年が続くと様々な問題が起き、勉強自体も連いて行け
無い問題が出てくるからです。

その上大抵の学校は午前授業と午後の二部制で午前は朝7時
から11時。

午後は1時から5時までの4時間と言う慣習もこれも子供達や親
の立場からすれば面倒なことなのでしょう・・(-"-)

その理由としては大きな内戦の後、学校や教師不足が重なった
原因だと言われています。

特に教師不足は著しい現象で、教師の地位や給料の廉価さから
大きな社会課題となっています。

不足する授業を補うために塾に通う中学生も多いそうです。
何故なら{卒業試験}があるからで、教師は空いた時間には大勢
アルバイトとして補講をする人が多いのが事実です。

体育や芸術関係は施設や教師不足で殆ど行われていないのが
現況です。

街の中に子供が溢れている感覚もあり・・幼い子供が家事をした
り店の手伝いをする事は当然のことの様です・・(@_@。

見ていて痛々しい感じがしますが、ただ、子供が明るく人懐っこい
のが救いです
スポンサーサイト



この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・) | メイン | 小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/2917-f73cedc9

| メイン |