FC2ブログ
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/10/03(Wed)
※歓送会・・

何日ぶりかで晴れた。彼の出発には前途洋洋と思いそれもまた
嬉しくもあった・・(*^^)

迎えのバイクに乗って実家に行くと既にパーティは盛り上がって
いました。彼の友人達が10数名集まって串焼きを手伝いサラダ
や生春巻きを食していたり造るのを手伝っていた。

私の顔を見ると彼が飛んで来てくれて・・拙い英語で日本人の事
日本語やその場所のことなど判る範囲内で質問に応えた!

パーティは1時間程でしたが親族が来たりご近所さんが来たりで
彼は1人1人に丁寧に胸に両手を掲げ拝んで挨拶していた。

そして人数はその位だと思っていたのですが・・私の勘違いか?
彼が銀行員だと聞いていたのですが・・高校の数学の先生だった
ようで空港には学生が5,60人も集まっていて・・\(◎o◎)/!

彼の人徳や人がら教え方が上手だったのか凄い人気者でした。

チェックインまでの時間は殆どが学生と写真の撮り合いで終わり
もう1度持ち込みの荷物を取りに見た時は母親としっかりハグし
私とも握手して見送った。慌ただしい見送りになった!

これ程大勢が見送りに来る光景はベトナムに住んでいた時以来
でした・・(@_@;)

あの頃は海外へ出る事は地方からバス1台で親族や友人が送迎
するのが当然でしたから空港は何時も溢れていました・・ふふふふ

この国も未だ海外に出る人は少なく、研修生が大金を支払って行く
のが常套で、また、一部の富裕層が海外に観光旅行に出るのが・・
当然と言う風潮が今のカンボジアの現況です。

こんなに賑やかで楽しい見送りは初めてでした・・(*^_^*)

彼はバンコック経由で日本に着き、それから国内線で地方へ行くとか?
初めての体験で数日はかなり緊張していて食事も摂れない?と聞いて
いたので案じていたが・・もー心が決まって肝も座ったのか?

落ち着いた感じで若者ながら頼もしく感じた。母親は泣いて居た。何処
の国の母親も子供の旅立ちは切ないものだからずっと傍にいた。

きっと大きく成長して帰国し、この国の役に立つ人になる事でしょう!
迎えが誰もいないと聞かされ驚いたが・・かなり綿密に検索し調査して
いたようで・・頭の良さを感じた。
スポンサーサイト



この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・) | メイン | 小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/2904-dc26fdce

| メイン |