FC2ブログ
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/08/30(Thu)
※プノンチュヌック・・

カンボジアとベトナムを繋ぐ道路沿いには洞窟の遺跡が未だ
沢山あります。

カンポットの北西は砂岩地形です。殆どのカンボジアで石灰岩
の山稜が点々とケップやベトナム国境へと続いています。

この様な石灰岩地形の山容の懐に洞窟遺跡が散在することは
残念ながら余り知られていません・・(-.-)

中でも足場も安定、保存されている洞窟寺院がプノンチュヌック
です。

洞窟内には鍾乳洞を祠堂内に取り込んで造られています。

祠堂は煉瓦造りで小さいものですがベトナムとの交流の山道に
由来する寺院はいずれも小河川より結ばれていたと言われ・・
当時の面影を残す大切な場所でもあります。

この辺りは扶〔カンボジア〕越南〈ベトナム〉と昔は呼ばれていて・・
【扶南街道】の重要な要所でもありました。

     {冊子 NEW ASIA参照}
スポンサーサイト



この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・) | メイン | 小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/2875-efd430a6

| メイン |