FC2ブログ
小夜しぐれ
2017/03/09(Thu)
※カンボジアの子供たち・・

彼らは毎日が凄く忙しい・・\(◎o◎)/!お店をしている両親、屋台を
している親たちの手伝いから、家の掃除、洗濯まで小学校へあがる頃
から自発的にしている・・(@_@。

誰も教えなくても、親が忙しくしている姿を見て・・自然と働いているのが
現状です。

町の学校が大体1ヶ月交代で午前と午後の部に分けられているのですが
何も知らなかった私は「貧しくて学校へも行けないのかなぁ?」とか思った
時期もありましたが・・小学校は無料でした・・・・(*^^)v
友達作りや字を読める事もあって・・都会の親は小学校だけは熱心に通わ
せるようです・・(^_^;)

ただ、着て行く服やカバン(布製で作ったものや、そのままをビニール袋)
に入れている子供もいて・・必ず親か?兄弟がバイクか?自転車で学校
迄送迎している。

{これはベトナムも同様ですが、ベトナムはもう少し余裕がある感覚です}

子供たちはすることが沢山あって街中でも親の仕事の手伝いから、掃除
洗濯まで幼い子がやっているのを毎日のように見ていた・・(*_*)

又、田舎の子供たちは家事に手がかかるので終日働いている姿を見る事
が多い。水を汲みに行ったりバケツで家族分を汲んできたり、それも井戸
があればいいですが・・庭を掘っただけの井戸なら力仕事なのに未だ学校
へも行かない子供が何度も何度も水汲みをしている様は胸が痛みます!

田舎の子供は学校へは先ず行っていない。行ける時間がないからです!

水甕をいっぱいにしておかねばならない様でどれだけの往復をするのか?
想像するのさえ切ない・・(--〆)

牛を追って草を食べさせに連れて行ったり、時々は遠出したり、迂闊にして
いると牛が逃げたりする・・それを10歳くらいの子供が操っているのだから
田舎の子供の仕事は大人並です・・(-_-メ)

牛のロープが外れていなくなったりしたら・・それはその子にとっての最大の
失敗で親からきつく叱責され、牛が戻るまで食事など食べさせて貰えないし
一家の財産が行方不明になれば家にも入れて貰えない・・それ程厳しく躾ら
れている・・(@_@;)

他にも薪を集めたり火を熾し料理の手伝いをしたりと親と同様に働く。10歳
を超えたらもっと多くの仕事があると言われている・・(-"-)

都会の子供は2部制の学校でも親は行かせるが・・田舎の子供は先ず仕事
を手伝う子供が必要不可欠なので学校へは行かせて貰えないのです!

つまり、カンボジアの子供は仕事をしながら遊んだり勉強をしたりするのです。
遊びは手伝いの延長であり遊びながら家事や子守、料理などを覚えていくの
だから・・それは見ていても驚きます・・(@_@。

10歳と言う年齢で一人前に店の留守番をしたりしている子供の多さに驚かさ
れる。そして・・仕事を覚えて親が幼児を育てたり、配達をしたり用事で出かけ
ると留守番を当然の様にさせられる・・(-_-;)

カンボジアの子供にとって《玩具》は無いに等しい。店で購入するものではなく
自分で工夫して造りそれで遊んでいる子供が多々居て・・それでも上手に何か
工夫している様は見ていて飽きない・・( ^^)

上手に竹の棒を削ったり、石を削って道路に字を書いて幼い子を背中に背負
って遊ばせながら自分も遊んでいる姿を見ると・・心が揺れて苦しくなる事も・・
時々はありましたが・・天真爛漫に遊びと仕事をしている子供たちはその環境
が当然だから・・何も不思議でもなく晩ご飯ができるまで・・外で遊んでいる!

夜も『停電』や〖雨季〗などで食事ができない時は土間で食べているのをよく
見かけたものです・・\(◎o◎)/!
蠟燭を何本も立てて薄暗い中を雷鳴の閃光が走るのもすっかり慣れました。

食事も矢張り貧しくて・・惣菜などは2つ位で煮物か?炒め物、スープだけ?
川魚を家族が一切れ食べて次に回したり、ご飯の上にスープをかけて終わる
食事が都会でも多くありました・・(-"-)

野菜もお米も廉価だから・・そしてお米はいくら食べても消化が良くて軽いから
量は沢山食べられるようです!

毎日ですが・・殆どはご飯とスープ、煮物、炒め物しか作らない。ベトナムよりも
貧しい食事ですが・・味は決して不味くはありませんでした・・(*^_^*)
スポンサーサイト



この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<小夜しぐれ | メイン | 小夜しぐれ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/2513-a125b53b

| メイン |