FC2ブログ
にわたづみ
2016/10/27(Thu)
★江戸文字
これは江戸時代に発生したデザイン的な書体の総称でどんな文字
のことを言うのかと申しますと・・

千社札、提灯、染め物、鳶の世界の半纏(江戸時代には火消しの
半纏){粋}をまとめて江戸文字と命名されたそうです。

現代では《勘亭流》=歌舞伎  《寄席文字》=橘流  《相撲字》=
根岸流  《千社札》=狭義の江戸文字として認定されているようで
これは幅広く又かなりの鍛練と書きこんで習得しなければならない
様で・・最も難しいと言われています。

夫々の流派があって、それでも流石に大都会東京です。後継者も
ほぼ決定していて人数は少ないけれど暫くは消滅することは無い
と話されました!

実際にその違いを書いて貰ったのですが・・かなり違いますし、初め
ての体験で「あーこれが◎◎流」何だと感じられるほど全てが違う事
を知りました。

とても真似して書くことは出来ませんでしたが・・この世に生を受けて
生きてこれた時間をこの年齢で初めて知る事の多さに愕然としたり
一寸遅かった感じですが・・各々の人生が個々に波乱万丈で同じ道
ではない事を考えると・・(-.-)

私の余生の中を駆け抜けた瞬間のその時間は素晴らしく有り難いと
思いました・・m(__)m
書いている文字を鑑賞する機会があったことは私にとって大きな喜び
になりました・・うふふふふ

これも又、根気と集中力が必要な至難の業と言えると思います!
拝見出来たことだけでも、話を聞いた事だけでも未知の世界を垣間
見れたのは幸せでした。
スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<にわたづみ | メイン | にわたづみ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/2477-df50fce0

| メイン |