FC2ブログ
にわたづみ
2016/09/06(Tue)
★色々な方がおられて・・
俳句の会が教室と時間がその日は変更になっていたのです!
うっかり〔まー私的には何時ものうっかり〕なのですが1時間も
早く到着してしまった・・(-.-)

仕方なくPCの置いてある受付の前が図書室になっていたこと
を思い出してそこで時間を潰していました。

そこへ、多分私よりかは年上だと思われる老人の男性が来て
「座っていいですか?」と聞かれたので「どうぞ!」と返事。

特に最初は私がパンフ等読んでいたせいでしょう・・彼も静かに
天体の本を読んでいました・・(-_-)
突然「奥さん!天体に興味ありますか?」て聞かれて「恥ずかし
ながら何も解りません!」と答えた・・(^_^;)

「そうですか?内の妻は僕の趣味に合わせてくれて話をしても
凄く興味を示してくれ楽しいのです!」・・

「はあ?」(心の中で何を言いたいのこの人は?)
「あら!それは素敵ですねぇ!」

「彼女は最高の女性、この広い天体で巡り会えたことを感謝して
いるんです!とても幸せです」っておっしゃった!

「そうですか?それはお幸せですね!私は30年近く前、主人を
亡くしてるので・・主人の趣味には連いていけなかったし・・何も
知らない頑固で融通がきかないのですよ!」

「それは自分を卑下してる。間違った考えです!直ぐに治した方
が良い!品性が低く見られますから・・(/_;)
それから延々と人生や自分の家庭の幸せの話・・(@_@;)

「僕の方が年上だから・・聞いておいた方がいいですよ!毎日妻
に感謝している。今も何処へ行くのも一緒で、毎年ヨーロッパへ
行っている。楽しいですよ・・(あら?そう!それが何か?)
奥さんはヨーロッパ行った事ありますか?」って・・(+_+)

何故か無性にペラペラ1人で悦に入って話す言葉が妙に心に刺
さり、私は心が狭くて海外を見てくれば肯定的な素敵な人生を送
れるとまで言われた・・あはははは

たった今会った人にそんな事を言われる事は無いし自分の妻の
素晴らしさも他人に披露する話でもない(増してや初対面の人に)

時間が来たので失礼して席を立ったが「あれは何だったのか・・」
今も解らない・・(--〆)

▼自慢話を聞かされたのか?私の心奥の中に軽い嫉妬があった
 のか?不思議な気分でした・・ははははは▼

世の中は広いし様々な人がいることに驚嘆した時間でした・・(-.-)
スポンサーサイト



この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<にわたづみ | メイン | にわたづみ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/2456-b7698728

| メイン |