FC2ブログ
にわたづみ
2016/06/22(Wed)
★眼科へ・・(-"-)
その眼科は週に2回しか診察をしてくれなくて・・DRはその他の
日は“老人病”と言われる『白内障』の手術を大学病院ですると
聞かされていた。

半年前、軽い『白内障』で、まー高齢になれば誰でもが罹患する
から「心配は無い!」と言われ・・目薬を貰いそれ以上進行しない
様に・・休日が多い病院だから目薬を欲しいと言えば5本位は貰
えるようです・・(@_@;)

ま、眼薬は開封しなければ傷まないのだと思うからいいのですが
矢張り、進行状態を知りたいから半年分3本を貰ってきたが、その
病院の混み方が異常なのです・・\(◎o◎)/!
狭くて、ごく普通の1軒家の下だけを使用している昔の病院らしく
待っている患者で溢れていました・・(-"-)

かなり、雨が降っていたので・・そこまで混んでいるとは思わずに
出かけたのだが・・驚いた・・(@_@。玄関で立っている人もいた・・

殆どが老人でした。元気な人は立っていたが・・私は運よく座れて
2時間びっしり待たされ、呼ばれたら、目の中を拡張する薬を入
れられて・・足元はふらふらするし、片方の目が気持ち悪かった!

右側の進行が少し見られるとの事で念入りに診察をして貰えた
のですが・・流石にすっかり疲れて・・本も読めないし、何もする事
がなく苦痛でしたねぇ!・・とほほほほ

「眼底も水晶体も年齢の割には綺麗だから手術の心配はない」と
言われたが・・麻酔の様に拡張した片側の目のせいで道路に出
たら足元がよく見えない・・一寸怖かったです・・!(^^)!

昨日、書きました薬が不足している事もあって・・何時もの病院へ
行ったのですが・・(-_-)
ここは空いていましたが(若い女性が乳癌の宣告をされている)と
かで・・受付の女性は私を外に呼び出し「先生は今、駄目なのよ!」
と言われた。

勿論、患者の秘密は話さないが・・私はその話は以前に待合室で
聞いていたから納得したが・・(--〆)

どんな気持ちで若い女性がその話を聞いているのか?と考えると
心が震えるようでした・・(-_-メ)話だけして帰宅した。

私も亡夫の宣告を聞いた時は冷静に聞いた積りだったのですが・・
その日は一睡もできなかった事を思い出した・・遠い過去の話です
が・・矢張り他人ごとではなく・・心が痛みました・・(-_-メ)
スポンサーサイト



この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<にわたづみ | メイン | にわたづみ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/2412-7773e1a8

| メイン |