FC2ブログ
にわたづみ
2016/04/07(Thu)
★〚桜行脚〛  {神田川の桜}・・
早朝、6時過ぎに起きてきた息子が突然に『神田川』へ連れて
行ってあげるから準備したら?と言ってくれました。

土曜日でしたし・・薄曇りで未だ肌寒さも残っていたのですが
「まさか?連れて行ってくれるとは想像もしていなかったから
凄く有難く嬉しくて・・\(~o~)/気分でした!」

「もー眉毛が上手く書けない・・とか?何を着ようか?とか?」
どうでもいい事に苛々していた数分でした・・あはははは

以前、ベトナムに住んでいた時息子が東京にいて桜が好きな
私の為に・・仕事で来越した時にその{神田川}の写真を見せ
てくれたのを・・覚えていたのでしょう・・(*^_^*)

とに角、川に向かい大きな枝が垂れ下がり重さなった沢山の
桜の花房が見事な程たわわに流れるように枝垂れている光景
は丸で夢を見ているかのように素敵でした・・(●^o^●)

言葉が不足して上手く表現できませんが・・全てが夢の中の様
な景色にただただ見とれておりました・・(・_・;)

とに角、感激して機会があれば行きたいとずっと心底で願って
いた桜でしたから、それはもー有頂天になっていました・・( ^^)

1時間弱で到着しました。何ヶ所かは通行止めになっていまし
たが・・車が入れる所まで運んでもらい河岸を歩きながら・・
その美しさや素晴らしさに1人で感嘆の声をあげておりました!

眼の前の桜は私を待っていてくれたように大ぶりの枝から花々
を川に向けて広げてくれていました・・うふふふふ

   △桜は≪咲く時も散る時も知っているものだから・・≫△

「今が1番綺麗な時なのだと言わんばかりの桜の叫びを聞いた
気がしたのです」・・ほほほほほ

後、数日で川面は花の絨毯になって・・または花筏となって流さ
れあの大木から生命の息吹きを全うするんだと思うと愛しさが
込上げてきました・・(-_-)

きっと、私は変人で、周囲にいた数人の方々に見られていました
が・・胸が熱くなり、この桜との縁を感じて涙が流れてきました!

そんな愚かさと桜と過ごした半世紀は私の人生の中からは切って
も切れない遭遇であり、生き方もまたかなりの影響を受けて来た!
桜との出会いがあったから・・私は堪える事も潔さも学んだ気がして
います・・(#^.^#)

それゆえにこの桜は私との出会いが可能だったのだと思うと胸奥
が”きゅーん”となったのです・・うふふふふ

潔い桜は私にとって”何よりも素晴らしい生き方”なのです・・(*^^)v

歌人【西行の生き方やその人生の中で詠んだ数多の歌もまた・・心
を狂わし惑いながら生きて来た人生でもありました!】

生意気なこと書いていますがそれ程心酔した歌人であり早くに主人
と死別したせいもあって心の支えは絶えず〖桜と西行〗でした。

そんな事をふっと思い出して・・{神田川の桜}を眺めておりました!
スポンサーサイト



この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<にわたづみ | メイン | にわたづみ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/2362-ebbf8e38

| メイン |