FC2ブログ
にわたづみ
2015/12/04(Fri)
※カンボジアにも山岳民族がいます・・
果てしなく続く緑の濃い森の中には木立に沢山の猿が腰掛け
ています・・(@_@;)
カンボジア北東部の高原地帯には遥か昔の時代より山の民俗
が自然と共存して生きています今も・・

カンボジアの国土の大部分は、カンボジア平原と呼ばれる平野
地帯です。アンコール・ワットを始めとする王朝を築いたクメール
人が殆どです・・( ^^)

一方で、カンボジアには海抜500mを越える高原地帯が2ヶ所
あります。国内最高峰のアオラル山を中心に広がる南部地方の
カルダモン山脈と、ベトナム、ラオスのアンナン山脈へと続く・・
モンドルキリ高原を中心にした北東部高原地帯があります。

これらの場所は起伏が激しく治水が容易では無いため、水稲を
栽培するクメール人にとっては酷く住みずらい場所でした。
しかし、それらの地域が未開の地であった訳ではなく、そこには
クメール王朝勃興以前より『高地クメール族』と呼ばれる少数の
民族が住んでいました。

カンボジア国内で『高地クメール族』に分類されるのは20を数え
るそうですが、その中でも15民族が北東部高原地帯に集中して
います。彼らは夫々が用いる言葉によって分類されていると言わ
れています。
けれど、いずれも言語学上ではインドネシア半島に広く分布する
〖モン・クメール〗語族に属する一派だとも言われています・・

『高地クメール族』の人口はおよそ50万人。これはカンボジアの
総人口のわずか3%にも満たないが、そこには個性豊かで民族
色に富んだ『高地クメール族』たちの生活や暮らし、慣習などを
見ることができます。

また、色々と私も短期間の移住だったので・・解らないことが多々
あって・・機会があるごとに住んでいた国について書いて行けれ
ば幸せだと考えています・・(*^_^*)

          <情報誌より参照>
スポンサーサイト



この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<にわたづみ | メイン | にわたづみ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/2281-0648bd7d

| メイン |