FC2ブログ
にわたづみ
2015/10/22(Thu)
★買物の帰路で・・
朝は割と晴れていたもので・・洗濯物を干していたら・・段々と雲が
広がって来て辺りは薄暗くなり「考えた末とうとう、洗濯物を部屋の
中」に入れて・・迷いながら出かけました・・(-.-)

丁度お昼少し前でしたから・・道路もそれ程混んでいなく・・自転車
で「ビュー」と飛ばす数人に追い越されつつマイペースでぼちぼち
歩いておりました・・うふふふふ

少し、肌寒くて「背中の付いた下着を着てくれば良かったかなぁ」と
考えながら歩いていました・・ははははは
前記した様にそれでもお昼前でしたから・・早目のお昼を取る人達
が交差点に・・また駅から吐き出されてくる人々で信号待ちは直ぐ
に人の渦のようになりました・・(-"-)
矢張り、東京は本当に人が多いことを改めて感じていました!

デパートの中に入ったり、大型の商業施設内で探し物をしていた
のです。洗濯婆さんのせいで・・あはははは  
息子の下着が傷んで来たので新しいのを購入したかったのです。
何時も書いていますが巨体ですから・・普通の店にはなくて探さ
ねば無いし・・中々柄物の可愛いのがなくて・・渋いのばかりで・・
せめて下着位・・若者のようなのが欲しかったのです・・( ^^)

本人は何も言わないけれど・・私は脳細胞が幼稚にできている
から可愛い色や柄が好きなので探していたら・・たった3つしか
なかったのですが・・子犬の小さいのが付いた下着があった!
3色でしたが「うふふふ・・」なんて心の中で笑いながら購入した。
その店を出てまた大きな交差点を渡り次には彼のパンツの裾を
上げて欲しいって依頼されていたので・・糸を買いに行った。

数年前迄は裁縫道具は殆ど裁縫は苦手で出来ないのですが・・
一応一通りは持っていましたが・・移住するつもりで処分したの
で携帯用(旅行)しかなくて、糸も黒や白しかない有様「それでも
今迄は充分に間に合っていたのですが・・冬の制服に変わると
の事で・・パンツの裾を直して欲しい!」って・・(#^.^#)

そんな買物が終わって帰路は食材を買ったら矢張り重くなりバス
で帰ろうと思ったらバスがもう直ぐ停留所に着く瞬間に発車した。

そのバスの横を走ってバスを叩いている小母さんがいて・・こっち
側からは見えても運転手には見えなかったのか?それとも知らぬ
顔をしたのか見当もつきませんでしたが・・危なかったです!
その小母さんは酷く怒って・・私に声を掛けて来て{お宅、どう思う
ムカつくと思いません?」って

私も見ていたので「えー本当に意地悪な感じがしました・・先ずバス
の運転席から見えないことは無いと思いますが、それに随分叩い
ておられましたから・・と返事すると、その小母さんは凄く元気にな
り私に話しかけて来て・・(@_@;)
まーその話が急激に孫の話に変わったかと思ったら・・嫁の悪口
になったり・・子育てになったりして・・困りました・・(-.-)

「15分は待たねばいけないと思います」と余計な事を言った私が
悪かったのかもしれませんが・・(/_;)
次のバスが来るまで「ずーっと」話が続きまして・・2駅で降りる私
は内心「ほっと!」しました・・あはははは

「きっと、味方になってくれた!」とでも思われたのかも知れない!

そんな事があってバスを降りそこから10分強歩くのですが、結構
荷物が重くなっていたので・・のろのろとしていたら後から自転車
がそれも前後に子供を乗せた母親が勢いよく飛ばして来て私の
少し前で停車した。

そこには薬やがあって、私は自転車から降りる子供と母親を見て
いたのですが・・前には「未だ1歳半くらい・・後は3歳くらいかな?」
後の子供だけ降ろして店に入ろうとしていました。丁度、その瞬間
に私は自転車に遭遇し「普通、子供をそれも幼児を置いて自転車
から離れる事は無いと信じていた」もので吃驚した・・(@_@。」

私が立ち止まって幼い子供を見たり乗せる椅子の様なものを見て
いたら母親が店の前から戻って来て「何か用ですか?内の子供に
?」って言われて「いいえ!私には孫がいなくて自転車がこんな風
になっているのが珍しかったもので拝見していたの・・<(__)>!」
って言いました。

「内の子を置いて言ったから心配してくれたのじゃないの?よく躾て
有るから・・動かないし、買物もすぐだから大丈夫です・・余計な詮索
は止めて下さい!」って言われたんです・・(-_-メ)
驚きましたねぇ・・\(◎o◎)/!

「どんな躾をなさっているのか?」解りませんが、私が育てた時代は
子供を離すことなど想像もできなかった! 私は前と後ろで子供を
おぶったりをしていたから・・いかに時代が変わっても・・と思いつつ
余計なでしゃばりだったのかも知れません・・(-"-)
「でも、何も喋っていなかったのに・・なぜ?そんな事を言われたの
か見当もつかず・・嫌な気分になってしまった。」

しかし、時代の流れとは言え・・私は何も言わなかったしただ、単純
に自転車の前後に乗せるのはこんな椅子が必要なのだと見たかっ
ただけなのに・・(-_-;)

◆「何か、文句や嫌味でも言うとでも勘違いされたのかなぁ!」◆

少し、考えさせられる出来事でした。
スポンサーサイト



この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<にわたづみ | メイン | にわたづみ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/2252-9386cb05

| メイン |