FC2ブログ
にわたづみ
2015/09/10(Thu)
★台風が大きな爪痕を残して・・
まるで嫌がらせをしている様に凄い勢力で雨風が突然襲撃したり
雨だけが激しく降ったりと・・目まぐるしく変わる天気でした・・!(^^)!

泥水に浸水された大勢の皆様には何と言えばいいのでしょう・・
心からお見舞い申し上げます・・<(__)>
本当に酷い状況で・・TVから目が離せないほど・・濁流や山崩れ
がありました・・どうぞ、1日も早く元の生活ができます様に祈って
おります!

地球温暖化との話も聞いてから長いです・・何とか自然に対して
一刻も早く対応されて国民の皆様が困らない生活が出来ることを
願っております・・(-.-)

【今日は雑感です】・・
多分、私は自分が歩んできた道程がもう直ぐ、〔プツン〕と切れると
言う予感がしていて・・うふふふふ
それなりの覚悟(オーバーですが・・ふふふふふ)はしている積りで
現実を生きていると思っていたんです。

所が様々な大した病気ではないのですが・・この年齢ですから次々
と色々と出てきて・・(-"-)
海外で1人暮らしをしていた時の様な元気がすっかり何処かへ消失
してしまっています・・えへへへ

自分の生きる道はそれが間違っていてもきっとずっと先代から譲渡
された生き方であり・・それ以上でもそれ以下でもないのだと愚かさ
の中でも理解は出来ていたのですが・・(・_・;)

それが最近は何故だか?命が惜しいと思う日々に変化があって・・
「もしかして・・あと数年は生きられるのではないかしら?」何て時々
考えますのよ・・ははははは

「もし?もしも?なんて言葉が自分の中には存在しなかったのに・・」
思い出したように心の中を充満する脳内になっています・・(-_-)
若い頃は何も考えなくても若さだけで行動ができて狭隘な心の中で
必死に考えたりもしたのですが・・のんびりした東南アジアでの生活
は「それは嘘のように悠然とした刻が流れ大河”メコン”の流れの中
で見知らぬ国ながら生活が漠然とそして・・滔々と流されていました。

何を苦しむでもなく健康で、元気で新しい刺激の中で共産党一党の
全く見知らぬ社会主義と言う国に住んでいたんです・・(@_@。
日々は緊張と緩和を繰り返しながら、それでも、自由で自分勝手な
生き方が心地よくて束縛のない生きる道が私には与えられている!

そんな傲慢で図太い神経が育って行きました・・あはははは
大勢の人が見知らぬ日本人の老婆には親切でしたねぇ!
物珍しいという事もあったのでしょう・・先ず私が最初に行った頃は
数千人ほどの日本人しかいなかった・・( ^^)

仏教の国ですし高齢者には誰もが敬意を払って決して無理はさせず
食事なども私が手をつけないと家族は食べられないのが普通でした。

ベトナムからカンボジアに棲んで・・随分国民性も発展度も違っていて
これからの国でした。カンボジア人は貧困者が多くて・・そして余り働く
事が好きではないから・・「今日1日が暮らせたら・・」と言う塩梅でした。

何もかも整理し、決心をして断舎離。終活迄して荷物を最小限に減らし
やっとカンボジアと言う国で自分の最期をと考えて渡航したのです。

人生は無常であり、またとんでもない破天荒な事も起きる事を知らされ
「もし?なんて言葉は摘んでしまい何処かへ流されて行ってしまった!」

生きると言うことは本当に切なく寂しく苦しく・・切ないものです・・(-"-)
誰も手を伸ばしてくれないし子供には子供の生活や性格、流れもあり
老人を中心の生活などとは程遠い・・ははははは
自分たちもきっとそうやって生きて来たのでしょうし・・順送りの人生を
今は少しでも楽しく・・残された〖余生〗と言う二文字に負けないよう
生きているのが現況でしょうか?・・わはははは

幸せと感謝でいっぱいですし・・老人にストップは掛けられませんが・・
「生かされている幸福は何にも代えがたい・・(*^_^*)」
スポンサーサイト



この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<にわたづみ | メイン | にわたづみ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/2223-4c8ad6e3

| メイン |