FC2ブログ
にわたづみ
2015/06/03(Wed)
★今頃になって・・何を言ってるの?・・
なーんて言われると思いますが・・帰国して初めて【漫画本】で歴史や推理小説が
ある事を初めて知ったのです・・あはははは

かなり出遅れていますが【漫画本】と言えば昔から有る女の子用、男の子用の本
しか知らなくて息子なども「少年~」とかを随分読んでいましたし、娘もベルサイユ
の薔薇や著名な女性ライターに憧れたりなどを通過して来ました・・( ^^)

だから【漫画本】というのはそう言うものだと固定観念に固執していて固くなった脳
細胞でしたから・・努努そんな本がでている事さえ・・気がつかなかった・・(@_@;)

先日、大きな本を沢山抱えて帰宅した息子から借りた本の中身が殆ど《歴史上の
人物だったり中国歴史や、有名な作家の推理小説などが漫画本になっていた!》

ま、\(◎o◎)/!しました!
先ず《漫画本》には全く興味もなく読んだ経験さえなかったものですから・・本当に
驚きましたねぇ!
そして、、それが単行本や文庫本で読んだ小説と同様で・・先ず大筋の流れはそれ
らとほぼ同じでしたから・・面白くて・・彼が買ってきた本を今は読んでいます。
と言っても見ているという感覚でしょうか?

先ず本が好きな事に絵がついている感性は私の中には全くなかったから・・はははは
何だか新しい事に遭遇した感じがして凄く面白くて・・( ^^)
今のところは、推理小説を6冊くらいと歴史上の人物や歴史関係を数冊読破したかな?

時代なのでしょうが・・これでは歴史も人物描写も見知らぬうちに真剣に読んでいなくて
もスーッと入って行くし、懸命に人物を考えながら読むこともなくて・・軽くても記憶に残る
のだなぁ・・なんて面白いことを発見しました・・(@_@;)

今更と笑われるかも知れませんが見知らぬことも多々あって・・中国歴史などは「えー?」
と思わせる内容だったり、間違って覚えていたことなど頭の中の切り替えに多忙を極めて
居るのが現実でしょうか?・・うふふふふ

見知らぬこととは面白く、楽しいことですし・・これほど簡単に書かれている事に原作者は
何も感じないのでしょうか?なんて余計なお世話を覚えておりました。
でも、凄く珍しいので・・また原作を読んだ本が多いので・・内容が理解できている分視覚
から入る【漫画本】は私の中で上等な視野を確保できている現在です・・(*^^)v

これを読んでいると〈ドラマ〉〈映画〉化されることに納得がいく気がします・・他の【漫画本】
は未だ読んでないのでこれだけで判断するのは早計かもしれませんが・・知らないことを
知るのは本当に幸せを感じます・・(^v^)
スポンサーサイト



この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<にわたづみ | メイン | にわたづみ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/2153-29c5dfe0

| メイン |