FC2ブログ
にわたづみ
2015/05/25(Mon)
★息子の誕生日・・
一緒に暮らすようになってから2回目だが・・1度めはカンボジアで友人たちと一緒
だったので真夜中しか帰らなく結局何もしてあげることは無かった・・ははははは
も、誕生日を祝う年齢でもないから「いいかなぁ・・(-.-)」
なんて何時までも子離れできない重い母親は卒業せねばなんてそんな事を思って
いたものです。
それに未だ同居して殆ど毎日の彼の行動が理解できなく私自身もカンボジア生活に
慣れることばかりの日々だったから・・スルーしたのが本音だったのです・・(-_-)

長い間離れて生活していると、も、お互いが自分中心の生活に慣れてしまい相手の
生き方や暮らしに順応出来なくて・・見るもの言われること全てが腹立たしかった!

でも、時間とは不思議でそんな彼独特の生活スタイルにも慣れてしまって・・何も言わ
無くても考えが行動が解るようになった・・わはははは
矢張り、海外生活が私よりも倍も長い彼にはそれなりのスタイルがあった事もまた、そ
うしなければ生きて来れなかった時代でもあり、時間だったし異国での生活だったのだ
と思います・・(-_-メ)

〔私とは全く違う意味で別個の大きな個性を作り上げていたのだと思います。 だから
そこを突かれることには大きな抵抗があったのだと思います・・今だから言えますが〕

それでも幾つになっても母親は子供の誕生日になるとその時の瞬間が蘇るものです。
特に息子は24時間という長丁場で出産したから私自身も失神した状態での誕生で
札幌から関西に来た亡夫に「これで生まれなかったら赤ちゃんは諦めて下さい」と言
われたそうで・・意識の無い私と子供をどれだけ案じたか?と後で聞かされました!
ま、そんな事もあっての息子の誕生でしたから矢張り記憶になって残っているのだと
思います・・うふふふふ
恐らく男性には理解できないと思いますが・・(-_-;)

既にすっかり成人した息子の誕生日なんて馬鹿みたいかも知れません・・ははははは
前日に会社で誕生日を祝う会をして貰ったとかで朝帰りでした・・それも午前5時前!
流石の私も起きる時間ですから少し心配しましたが、少々酔っていたようですが沢山の
贈物を持って帰宅した時は安堵しました・・( ^^)
そして部屋に入った途端に大きな寝息・・くっくっくっくっ

テーブルには洋服だのシャンプーなどのプレゼントが置かれていて・・驚きました!
ここまでしてくれる会社は今は、先ず無いと思いますし、それだけ大事にされている彼
は幸せだと思いました!海外での生き方に比べたら夢の様な生活に大変貌・・(*^_^*)

会社の中の様子が解るようで有り難く感じたものです・・今時の会社でここ迄してくれる
珍しい会社の若者たちに感謝しています・・m(__)m
社長始め全員が息子より若いのですから・・きゃはははは大切にされているのかも?

そんな訳があって昨日は2人でゆっくり外には出たくないというので家で食事をしたの
ですが・・最近、食べる量が少なくなって来ている・・(@_@;)
色々と話が出て病気や私の認知症が発症する話までが話題になるようです・・面白く
楽しい会社なのだと思います・・ほほほほほ

ま、老人を抱えての生活を若者たちが見ているのでしょうし・・応援してくれているのか
も知れないと思い、何とか認知症から少しでも遠くを生きたいと願っていますが・・(/_;)
さて、どうなりますか?
スポンサーサイト



この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<にわたづみ | メイン | にわたづみ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/2146-75f2e3f8

| メイン |