FC2ブログ
にわたづみ
2015/05/05(Tue)
★カンボジアで吃驚したこと・・
この国は周囲を数国に挟まれた小国です。 多々の侵略にあって領土もベトナムや
タイに略奪されると言う憂き目を何度も味わった国ですし、仏の植民地でもあった!
それから成長してきた国ですから・・未だインフラ整備も完全ではなく大都市のみの
発展が異様なほどの進展ぶりですが・・農村地方は貧困に喘ぎ、若者は都会へと流
れて行きますが・・(-_-;)

しかし、それほどには働く場所もなくてアップアップした生活が都会には待っていると
いう元凶でもあります。  ”働ける人はそれほど多くはないのです・・(-.-)”

その上、侵略されていた期間とご存じのようににポルポトによる独裁政治が長く続き
文化人や才能のある知識者など、文化関係が殆ど消滅すると言う惨事があったから
本当に辛く切ない時代を経験した国民です・・(-_-メ)

だから、尚の事なのかも知れませんが・・表面上は人当りもよく、優しく穏やかですが
裡に秘めた思いは熱く辛抱強い国民性があります。
数人に1人の割でポルポトに残虐された親族を持つ人は少ないのも大きな課題です
し・・表裏一体の気質ではなく中々手強い相手だと思います。
今は平和で暮らしもそこそこになって現実の暮らしは家族全員で働いて何とか暮らし
が成立していると言う状況でしょうか?

働いていない若者も多く、また、学校へ行けない小さな子供も数多います・・(-.-)
それでも自分をよく知っているのでしょう・・子供は本当によく働きますし、親を助けて
暮らしています・・(@_@;)
毎日がその日が暮らせればそれで十分だと表向きでは思考しているようですが中身
は〔お金〕が渦巻いているのも現実なのです。
早く稼いで家を建てるのが大きな夢になっているのも事実ですから・・( ^^) それまでは
家族で力を合わせて・・とう感じが多いです・・( 一一)

そのせいでしょうか?正確なことは解りませんが・・折角働いている日系企業の会社に
入れたカンボジア人の【横領】が凄く多くて・・会社のお金を無断で搾取するようです。

この話は日系企業ではごく普通の話として通用していて・・息子もその煽りを喰らって
数ヶ月は給料を差し引かれたりしていました(1番上だったので・・監督不行き届き)と
言うことだったそうですが・・会計士として雇ったカンボジア人が誤魔化していたそうで
彼は女性問題で使いこんだと言われていましたが・・家を売って家族が支払ったとか
聞きました・・\(◎o◎)/!

カンボジア人はベトナム人ほど働かないから、こんな結果が多く出るのかも知れませ
んが・・(@_@;)  {こんな話が日常茶飯事と聞くと悲しいです・・(-_-メ)}
残念な事に、日本人が《馬鹿》を見る事になるのがオチで、最初は少しずつ返却して
いて途中から警察や役所関係と手を組んでうやむやにしたり、逃げたり親の家を売却
しても不足で親族にまで迷惑をかける事になったりする・らしい・(-_-)   
その頃には既に本人は何処かへ逃げていて捕まえる事もお金が返ってくることもない
のが常套手段になり大方の日系企業でこの手の手法で騙された会社は数知れないと
言われています・・(・_・;)

悪口になってしまいましたが・・こう言う考えがカンボジア人の心内にある事も決して
嘘ではなくて・・嫌で辛い話ですが・・(;一_一)
全く理解できない訳でなく貧困がなせる事だし格差があり過ぎることへの不満や憤り
が渦のように身体の中にあるのだと思います!

勿論、ごく普通に生活しカツカツの暮らしの中から幸せを見出し家を建てていく人の
方が数段多いのですが・・(*^_^*)
その人たちは外国人にも親切ですし・・優しいですが、どうかした拍子に心の中が見
え、その慾の深さは半端ではない=それがカンボジア人の気質かも知れません!
一部の人たちのこの様な〔悪行〕が後を絶たないのも現実問題として数多くあります。

ま、それでも大抵の人は大らかで子沢山で・・温かい人が多かったです。私は老人で
すから・・特に親切にされていた部分は否めません・・あはははは
良い思い出でした!も、少し長く入れたらよかったかも知れませんが・・うわっつらだけ
で余り真実を書けないのですが・・ベトナム人とは違った狡猾さも併せ持っている国民
でも有ると思います。でも、でもこれからの国です・・(*^。^*)

         ◎発展していく過程を見ていたいと思っています!◎

早朝は曇天でしたが晴れて来た感じです・・私には少し肌寒さを感じさせる気温です!
スポンサーサイト



この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<にわたづみ | メイン | にわたづみ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/2125-17c82307

| メイン |