FC2ブログ
にわたづみ
2015/01/22(Thu)
様々なプノン・ク―レン山は山頂に50を超す遺跡が残されていると~
言われています・・(@_@;)
ただ、アクセスが非常に悪いため、全部を回るとすれば1週間はかかる
と言われ・・中々そこまで到達する人はいないのが現状です!
自然の岩に刻まれた彫刻はアンコール・ワットとは全く違った趣があり
機会がある方、遺跡に趣味をもっておられる方には是非観て頂きたい
遺跡群です・・(^v^)

※〖プノンク―レン〗
シェムリアップからク―レン山まで昨日も書きましたが・・凡そ1,5時間
で山の入口に到着します。
その後は矢張り歩いて30分程度は山登りが必要で山頂に着きます。
ジャヤバルマン2世が宗主国であったジャワからアンコール王国独立を
宣言した聖なる山であり・・アンコール発祥の地と言われ現在でも信仰の
場となっていて、多くの人々が参詣します!

プノン・ク―レンの魅力としては川底に眠る神々と千本リンガ、20mの高さ
から落下する二段の滝、岩の上には金色の輝く巨大仏像があります。
〚プレアアントン〛として知られています。点在する仏像を楽しむと言う
トレッキングツアーなどもあるようですが・・遺跡を拝観しに来て遊びをも
取り入れるのは流石に時代を感じます・・(-"-)
また、通常観光客が入れない山中には50を超す寺院や彫像が祀ってあり
眠っているようですが、地雷の撤去が施されていないので危険度も高くて
地元のガイドの案内でないと行けない場所が多々あるようです・・(-_-;)
また、観光には時間制限があって正午を過ぎると車の出入りは禁止され
入山はできなくなります。

※〖スラードムライ〗
通常のプノン・ク―レン観光にアドヴェンチャーティストを加えた名所として
有名になっています。山頂の遺跡群を訪ねるのはここはいい場所です。 
ここには50を超す小寺院や彫刻、彫像,窯跡が残存しています・・(@_@;)
中でもお勧めは巨大な象、2頭の獅子、蛙、牛が残されています。
これは《スラードムライと巨象ドムライクラップ》と呼ばれています! この
周辺には蛇が多くまた地雷が埋まっている確率も非常に高い為ローカル
ガイドが必要で、バイクタクシーの利用も可能だと言われています・・( ^^)
勿論遺跡の場所や数、距離によって値段は違う様ですが、観たい遺跡迄
は車は通過出来ないので別途バイクタクシー料金がかかります。

昨日から聖なる山プノン・ク―レンの遺跡群の1部分をご紹介しましたが・・
ここまではそう遠くはないのですが・・地雷関係があって殆ど名前だけでしか
知られていないのが実情だと言います・・(-.-)
私も最近知ったばかりで・・(・_・;)未だ実際には行っていないので詳細は書け
ませが・・情報誌から書きましたが覚えて頂けたら嬉しいです~

今朝は真っ赤に見えるほどの太陽が昇り早速、シーツやバスタオルを剝して
洗ったところです。そんなカンボジア・リアップです。
スポンサーサイト



この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<にわたづみ | メイン | にわたづみ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/2086-3c386d3b

| メイン |