FC2ブログ
にわたづみ
2014/10/07(Tue)
台風の被害に遭われた皆様には心からお見舞い申し上げます・・<(__)>

大きくそして、酷い雨風でしたねぇ!TVはずっと台風のニュースでした・・関東

に向かっていると聞いた時は親友や知人を案じました!

この国で心配しても「どうしようもない!」と思いつつ「大丈夫かな?」とそれが

気がかりでした・・(-"-)

余裕嫋々の『雨季』は昨日も激しい雷雨を味方に威厳を保ちながら悠々と迂回

しながら激しく強烈な雨を降らせました・・!(^^)!

部屋の中まで雨が入り込んで{窓の隙間から入ったのでしょう}・・フローリング

の床に水溜りが出来るほどでした・・この家にきて2回目の部屋の中の浸水で

絞ったモップで拭いてまわり、雑巾で拭くなど1人で大騒ぎしました・・やれやれ

雲は絶え間なくかかり時を得た生き物のように動き回ってまるで奈落の底から

噴出してくるような激しさで何度も何度も襲撃してきました・・(@_@;)

「日本の台風と変わらないかも?」・・なんて思いつつ、振り回されていました!

ずっと午前中から降りだして夜までその強烈な雨は雷雨と閃光の競争のよう

でしたねぇ・・(-_-メ) これほど強い雨と雷鳴は久しぶりでした。

そんな、夕方に我家の横小路で女性の悲鳴が聞こえそれから物凄い声で数人

の声の葛藤がありました・・「何事?」と思って2Fに上がり窓から大粒の雨の中

で大喧嘩しているようでした・・!(^^)!

途中からでしたから(言葉もわからない?ので)どうしたのか?見当もつかず

に観ていました!!

2人の女性と3人の女性でしたがどんどん増え、当事者以外の人が口を出す

からその声は吃驚するほど高く夫々に激しく罵っている感じでした!

◆最初にいた2人が3人と掴み合いになり胸を叩いたり、足でお腹当りを蹴っ

 たり・・暴力行為がでたので驚倒しました・・(@_@;)◆

  ”それは激しく何回も繰り返され、数人が泥水の中に落とされていった!”

そこに2人の男性が仲裁のような形で現れたのですが「も、完全に切れてい

たのではないでしょうか?」形相も怖いくらい引き攣った眼で男性にも体当た

りして・・男性は辛うじて堪えると言った按配でした・・(;一_一)

     ▼周囲にはも、見えないくらいの人が集まって来ていた!▼ 

倒れたバイクがあってレインコートが引き裂かれていました。2人の少し若い

女性は力があるのでしょう・・3人に対してまた、挑み始め、髪の毛を引っ張っ

たり泣きながらあちこちを叩いていました・・\(◎o◎)/!

★ベトナムでは夫婦喧嘩は嫌になるほど激しく驚くほど回数を見ました!★

それは大抵が男性の浮気だったりとか自分以外の女性に優しくしたとか言う

嫉妬から喧嘩になるのが常套でした・・(@_@。

ベトナム女性は嫉妬心が異常に強く、猛烈な喧嘩に発展するんです!想像も

出来ないほど激しい喧嘩になります・・\(◎o◎)/!

男性も力があるので女性の髪の毛を掴んで投げ飛ばしたり、顔や頭を殴る姿

を何度も見たことがあります。女性が物を投げて怪我をした男性も見たことが

あるから・・「この国の女性の嫉妬は恐怖だ!」と何時も思っていました・・!(^^)!

でもカンボジアでは大人しい性格の女性が多くて羞恥心でこっちから話かけな

いと応えてもくれない・・(#^.^#)

そんな鷹揚とした穏やかな女性が多いのだと思っていましたずっと昨日まで!

土砂降りの雨の中で掴み合いや蹴る行動をする女性がいることに仰天した!

ま、考えたら厳しい内戦を戦い生き残ってきた国民ですから内に秘めた熱気

や情熱は凄く強く〖激情型〗の人が多いのかも知れませんが・・(@_@;)

20分以上は続いていましたねぇ!暇人で見ていました。初めての経験だから。

何が原因か?はさっぱり理解は出来ませんでしたが、かなり怖い感じだった!

夕飯の準備中だったので、それにも、周りの人が多くて見えなくなったので下

へ降りてきましたが、部屋の中にいてもその声の高さや、大きさに圧倒されて

いました・・「どうなったのか?それから10分位で静かになりました・・〔ほっ!〕

何処の国でもそうでしょうが、その原因は然程、大きなものではなくても何か?

心を騒がすだけの理由があったのでしょう・・(/_;)

          〚そんな光景に遭遇しました・・(;一_一)〛

「カンボジアの女性も強いなぁ!」と思いながら晩ご飯の用意を済ませました。

そんな時に雨にずっぽり濡れて息子が帰宅した!

そんなカンボジア・リアップでした。
スポンサーサイト



この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<にわたづみ | メイン | にわたづみ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/2003-682abc4c

| メイン |