FC2ブログ
にわたづみ
2014/09/22(Mon)
※〚ルモック〛     <情報誌参照>

カンボジアには〚ルモック〛と言う乗り物があります!バイクの後ろに長い荷台を

つけて一度に何10人もの人を運ぶ乗り合いバスのようなものです!

プノンペン中心部への乗り入れは禁止されているのですが、郊外や地方ではよく

見かけます。我家の前も早朝20人位乗せた〚ルモック〛に出合います!手軽で

安価な庶民の乗り物です。    ここでは何処の工場でしょうか?

利用者の殆どがプノンペン郊外で働く工場労働者の現在「もし、今後工場が更に

地方に移転していけばこの商売はなくなる可能性も出ています」・・(-"-)

特に、プノンペンではチュロイチョンヴァー橋からプノンペン郊外のリーヨンハット

まで公共のバスを走らせる計画を発表しています。

「もし、これが現実化したら〚ルモック〛の運転手は仕事を失う危機がある」と言

われているのです・・(-_-メ)

しかしそんな状況だからこそ、より良いサービスを提供しようと業者は日々改善

に取り組んでいます。客が雨や太陽に直接晒されないように荷台に屋根をつけ

ている車もその1つです。でも時には屋根のない〚ルモック〛を見かけることが

未だ多いのが事実でしょうか・・( 一一)

それはびっしり隙間なく座っているので・・?数えたことはありませんが若い人が

多いですがぐるりと30人近くは乗っている様子!真ん中に荷物を置いたり真ん中

に座る人もいます・・(@_@。

「需要がある限りどんな悪路でも前に進んで商売を続けるより仕方ないと業者の

人たちは言っています」 

荷台は長椅子のように進行方向とは反対に並んで座っていたり、ぐるりと椅子が

荷台に取り付けてあるのもあって・・それぞれが工夫されていますが、屋根と言っ

ても上だけで、雷雨や横雨からはずぶぬれになるのですが日差しは防げるようで

有るとないのとでは随分違う気がします・・うふふふふ

今、国道5号線のチョロイチョンヴァー橋からウドンまでの凡そ40km区間を走って

いる男性は勤務時間は早朝4時半から客がいなくなるまで、時には夜8時過ぎ迄

働くそうでかなりハードです・・(@_@;)

乗車料金は(1,25㌦)で乗れるそうです。日によって利用者が少ない日は辛い!

郊外へ出かけられる方は1度乗車してみて下さい。 様々な人生を持った人々が

乗り合い{一期一会}の気持ちになります・・(#^.^#)

ベトナムでも安価で乗合バスがありました。私は「何処でも止めてくれるこのバス

が好きで結構乗りました・・(*^_^*)

家の前の道路で降ろしてくれるし、親切な小母さんや小父さんが「次降りる素振り

をするとトラックの運転手に屋根や荷台を叩いて合図して貰ったりと面白く楽しい

経験をしました!・・(*^^)v

公共バスよりもかなり安価で・・ちゃんと目的地に着くのですから利用をしない手は

無いと思っていました・・でも外国人でこんなぼろいバスか?荷物台?か判らない

乗物に乗る日本人はいなかった様で・・乗ると一斉に鋭い視線で凝視されました!

でも・・揺られている間には・・心がほんわかして、降りる算段までしてくれる人が多

かったです・・(^v^)きっとカンボジアの〚ルモック〛もそうだと思います!!

未だ公共のバスもないカンボジアですが・・最近のニュースではそろそろ試運転も

されて走りだすと思います!!

そんな公共バスが走ると買物も楽になると考えているカンボジア・リアップです。
スポンサーサイト



この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<にわたづみ | メイン | にわたづみ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/1988-55c9b52b

| メイン |