FC2ブログ
にわたづみ
2014/09/10(Wed)
”日本では素晴らしいお月さまをご覧になられた方々は大勢おられると思います”

大切な友人が知らせてくれたので・・「すっごく楽しみにしていたのです・・(*^^)v」

けれど、残念ながら段々雲が増えて一面を覆い尽くして「拝見?」することはでき

なかったカンボジアです・・(-"-)

面白いニュースが載っていました・・正直な話(専門すぎて余り解っていませんが・・)

カンボジアでもスマートフォンの普及が進んでいます。しかし、そのユーザーに聞くと

〔ゲーム〕〔youtube〕〔facebook〕が主流だと言います。

勿論、個人によってその使用用途はかなりバラつきがあるようですが・・日本人のよう

に検索エンジン(×と言うのも知らなかった×)googleを使ったりインターネット・アプリ

chrome,safari(×これも初めて知りました×)を積極的に使うことは少ないみたい!

    {OS(基本ソフト)がクメール語を認識しないからとも言われています}

    {WEBコンテンツが未だかなり少ないことが要因ではないでしょうか?}

この辺りで・・も、殆ど理解していませんが彼が言いたいことに興味があって書いて

いきますが、彼はfacebookについて話しています。

カンボジアでは日本人とカンボジア人とではfacebookについての考えが違うそうです。

そして、これからのカンボジアにとってのfacebookプロモーションのヒントは【動画?】

だと断言しています。

facebook内の動画再生回数は日本人と比較するとカンボジア人の方が多いらしい!

カフェやレストランでも若者は大抵が写真より動画を楽しんでいると言います。

シェアされているものは刺激的な動画を好んでいるようだと言っています!動画とは

少し異なりますが、音楽PVもカンボジアと日本では受け入れられるものがかなり違う

そうですが・・これは何処の国でも違って当然かもしれませんねぇ・・(#^.^#)

    『そして、何よりも大切なことは情報の広がり方の違いです』

カンボジア人はインターネット・アプリを使用しないと言われていますが、個人差もあり

また口コミ〔パイラルマーケティング)が情報拡大の中心であることは事実だそうです!

この点を考えると口コミのツールとも言えるfacebookを利用したプロモーションが大切

になってくるのではないかと感じているようです。

つまり「シェアされる事を念頭に置いた動画の投資」がカンボジアにおけるこれからの

facebookの軸になるのではないか?

そして、この会社ではカンボジア国内向けの動画配信事業を企画しているそうです。

カンボジア人がより好むコンテンツを作成、配信、口コミを目論んだプロモーションの

事業を年内に開始する計画があると言います。

余り正確には判断出来ていなかったのですが日本との違いとかカンボジア人の思考

が理解できる話でしたし、若い人の事業には楽しみがあって素晴らしく思いましたので

書いてみました。着眼点や視点の面白さはプロの目だと思いました!

        斎藤氏=2014年にカンボジアにてWEB、ITソリューションを企画、会社を

              設立した人でWEBマガジンサイトやクーポンサイトを手掛けた人

ま、新しい企業と若い人の仕事には熱気があるし楽しみです! 老人には不向きでも

これからは小学校でもfacebookが個人的に使用されて来ている時代ですから・・老人

だからと言って見知らぬでは済まされない時代に入っているのかも知れませんねぇ!

「今頃こんな事を?」と考えておられる方も多々おられるでしょうが・・貧困とともに共存

されている不完全な形のネットや動画がいかに開発され浸透していくのか?

は興味津々なものがあります・・携帯もかなり様変わりしています・・(@_@;)

蒸し暑さが抜けないカンボジア・リアップの朝です。
スポンサーサイト



この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<にわたづみ | メイン | にわたづみ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/1976-db771f77

| メイン |