FC2ブログ
にわたづみ
2014/07/03(Thu)
黄昏時に掛けて瞬時の俄雨が少し激しく降りました・・(-_-) 時間的にはそう長い時間

では無かったもので安心しておりました。ま、少しずつですが道路の盛り土も終わり・・

何となく今度から激雨が襲来してもこれで少しは防げるか?と思っています!

恐らくは「初めての工事だろうなぁ!」と思って眺めていますが・・(-.-) 若者が働いて

居る姿は何処の国でも見ていて気持ちがよいものです!エネルギーとパワーを感じて

未来が明るく思われるからです・・ふふふふふ

☆イオンモールプノンペンがオープン <Phnomより>

昨夜1泊で出張に行った息子が帰宅して結構大きい。 年中無休らしいとか実際に

行って来たようで話してくれました。

6月30日がオープンセレモニーだったそうですが、28,29、30日はオープンセールで

かなり賑わったそうです・・( ^^)

つい最近はベトナム店がオープンしたばかりだったので、話には聞いていたのです

が未だ先の話と捉えておりました。カンボジア最大級のショッピングモールには新し

い試みやカンボジア初登場のテナントが盛だくさんあると言われています!

このモールの周辺は客層がどのように流れ変化していくのか興味津々です・・(#^.^#)

*イオンモールプノンペンには全部で約190の専門店が入るそうです*

核となる店舗は綜合スーパーにイオンプノンペン店。食品から衣料品、電化製品まで

揃っていると言います。

また、サブ核店舗として日本の家電販売店「ノジマ」が初進出します。家電のニーズ

が高まる最中、アフターケアも含めた日本式の販売スタイルとサービスに期待が寄

せられているようです。 日本のアパレル大手「ワールド」がカンボジアのブランドを

セレクトした{FLAXUS TOKYO}も楽しみです。カンボジアの風土に環境にどんな風

が吹き荒れるのかこれもまた興趣ある事です・・(*^^)v

ただ、未だ貧しさと闘っている庶民には高価な店ができたという感覚しかないかも知

れませんが・・(-_-メ)  ”カンボジア人に入って貰える店で有ってほしいです”

*焼き立てのパンを提供します*

店内で焼き上げたパンを提供する「イオンベーカリー」が登場します。ホーチミンでは

大人気になっているようですがカンボジアには新風は流れてくるのでしょうか?

本格的な生鮮食料品売り場にも注目が集まっています! 活きのいい魚をその場で

捌き、焼く、揚げる、蒸すなどを調理してお渡しする新サービスが始まります。

共働きの家庭の希望に応えた手法だと言われています。又、肉類などはカンボジア

でも安全性を追求する意識が高まっていますので・・ニュージランド産の自社農場で

育てた〔トップバリュータスマニアビーフ〕を販売します。

ご存じのイオンの自社ブランド製品〔トップバリュー〕には800ものアイテムがあり日本

製品だけではなく、東南アジア向けに開発された商品も多く販売される予定です。

*日本からくる店?*

日本からは49店舗が参画します。何と言っても日本の味は在住者にとっては嬉しい

限りですがスイーツには[シュークリムのbeard papa's] タイ焼きの[銀のあん]

フードコートには[伊予製麺][吉野家][COPIN][CURRY SHOP ZIPANG]などです。

レストランゾーンでは寿司レストラン[海宝丸]福岡ラーメンの[秀ちゃんラーメン]など

が各店舗として入っています。

食品以外では100均の[ダイソー]旅行会社の[H、I、S]もプノンペンに初進出します。

9月には成田―プノンペンのダイレクト便も就航予定をされています。これが通常に

なれば・・と言っても私にはシェムリアップまでのダイレクト便が出ないと意味がない

のですけれど・・(-.-) 少しは近くなるかなぁ?という感覚ですがトランスファーはある

から・・余り関係はないかも?です。

でも観光者には嬉しいニュースだと思います・・(^v^)

タイやここシェムリアップで大人気の日系スパ[アジアハーブ・アソシェーション]も参加

これも有名になると思います。

*交番が設置されました*

安心してお買いものを頂けるようにイオンモールには色々な工夫がなされています。

例えばモール吹き抜けの手すりの高さは子供の転落事故を防ぐ意味で通常よりか

高く造られています。そして、ユニークなのは[交番]が設置された事です・・(@_@。

実際の警察官が常駐していてお客様を見守ります。 海外のイオンモールとしては

初の試みだと言われています[KOBAN]と日本名で呼ばれるようです。

すっかり宣伝する形になりましたが・・あはははは

それでも〈これはものすごく大きな出来事〉でベトナムでも既に人の流れが変わって来

ているという話ですから・・プノンペンもこれから先どんな流れになって行くのか?

日本企業がどのように受け入れられるか?とても興味が尽きない大きな店舗の進出

であり発展なのです・・(*^_^*)

はっきりと名前も出して書きましたのでプノンペンに宿泊されたら是非出かけてみて

頂ければと思います。私も是非見に行くつもりです。ただ個人的にはイオンとの付き

合いが殆ど無かったのが事実です。私が住んだ土地には無かったからで、引っ越し

後に買収されて出来た店が多かったので・・余り行かないスーパーでした!

ま、目まぐるしくプノンペンは変貌を遂げています・・(@_@;)これから益々発展を続け

るで有ろうと想像ができます!残念なことにここからはバスで6時間強掛りますので・・

宿泊しないと行けないから返って高くつくかもしれません・・あはははは

今朝は暑さが戻って力のある太陽が上昇しているカンボジア・リアップです。
スポンサーサイト



この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<にわたづみ | メイン | にわたづみ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/1961-591e3ba1

| メイン |