FC2ブログ
にわたづみ
2014/06/18(Wed)
梅雨空のように毎朝が薄暗く・・そして何故だが早朝4時や5時には10分程度の停電がある

のはなぜだろうか?この数日毎日なので凄く不思議に思っています??

そして嘘のように点灯するから・・「また?」という感じと「長いのでは?」を感じてしまう。

近頃は何時降りだすか解らないので遠くまでの買物には行けない・・でも、先日近くの店で

こんな光景を見ました・・\(◎o◎)/!

お婆さんと孫が買物に来ていたのですが、随分と長く喋って{多分予算以上になったので安く

してほしいと言っているのだと感じていました} 店主も中々強情でお互いが譲り合わなく話が

纏まらなかった。ずっと傍にいたのですが・・店主が私にはビニール袋を渡し、何時ものように

欲しい物を袋に入れていたのです。するとそのお婆さんは買った茸{シメジ(白)}を取りだして

2つほど分けて「これでどう?」という感じを見せた「ダメダメ!」という店主。

するとお婆さんは何を思ったのか?袋から買ったものを出して全て半分に(葉っぱ物)千切って

しまった!それも分けるという半分ではなくて・・真ん中からへし折ったのです・・(@_@;)

店主も私も吃驚して・・も、売り物にはならないから仕方なくお婆さんの言い値で売った様子!

それも僅か2円程度の金額で揉めていたみたいでした。 ”ま、凄い人がいましたねぇ!”

思わず「あっ!」と声がでた私です・・(@_@。 それだけ貧しいこともあるのでしょうが、野菜を

株分けするように割れば又それだけ欲しい人に譲れる機会もあるのだが・・そこまでしてでも

買っていく根性には・・流石に驚きを隠せなかったです。店主はそれから酷く苛立っていました!

「きっと常習的に負けさせていたのではないか?」と思って見ていましたが・・(+_+)

全部の買物でも数種類で20円にも満たない額でした。そしてしっかりとした足取りで孫を引き

帰って行きました。言葉が話せたら・・何か理由なども理解できたのでしょうがその奇抜な行動

には度肝を抜かれた感じでしたねぇ・・(-_-メ)

また、違う店では胡椒や香辛料を秤売りしているのですが・・その客は店の中へ勝手に入って

自分で秤や袋を持ちだし自分で入れていました。そしてお金を投げ捨てて帰って行った。

これなども親しいからではなく、そう言うことなどはどうでもよくて自分のことしか考えていない

からそんな行動が出来るのだと思って・・これもまた〔アジアの感覚かしら?〕とか思って見て

いました!

色々と本当に面白くて・・今まで買うことだけで精一杯だったから周囲が見えていなかった!

お金の種類も金額も解らないし、どの位買えばとか?どの位の値段さえも把握できていなく

ボッタくられても笑われても欲しい物だけを必死で買っていたのが現況でした・・あはははは

でも、漸く言葉ができなくても欲しい物を自分の計算できる範囲内で買うことも出来るように

なって来たところでしょうか?

若者ならもっと早く慣れるのでしょうが・・何せ・・老いの身ですから・・うふふふふふ

市場などでも喧嘩腰で言い争っている人たちを何度も見かける。お肉のブロックの切り方が

多すぎるとか?少なすぎて変な場所で切ったから違うのに変えろ的な事を言い合っている。

そして、必ずお金を放り投げるのが普通です・・(-"-) お肉や野菜、魚の上に投げて行く。

店の人は汚いお札を財布に入れた手で次のお客に肉などをカットする・・見ていると不衛生

さには驚かされますが・・お釣りもその手で渡すから財布の中には汚いお札と肉の脂などが

染み込んだ手が絶えず入れたり出したりされている。魚などはそこで捌くから水をかけながら

濡れた手で財布からお釣りを出すもので・・目茶苦茶汚いです・・ひゃはははは

慣れるとはこう言う事でそんなことも平気になるもの・・(#^.^#) 気にしていたら何も買えない!

衛生的な店など先ず無いと思わねば市場など行けない・・と思います!

よく家に食事に来ていた人が何時も私に「お母さんは凄いよねぇ!あんな汚い市場で買い物

できるんだから・・僕はスーパーかコンビニでないと絶対に買えない!」などと何度も言ってま

したが、慣れたら大したことではなく普通の店より違った買物ができる。

勿論、人を見て店によっても値段が違うし、いろいろと地元の生活が見えて楽しい場合が私

には多い。結構ボラれていると思いますが・・ふふふふふ

        [ま、こんな繰り返しが日々の暮らしです]

今朝もぼんやりした寝惚けた暁光が辛うじて目覚めたカンボジア・リアップです。
スポンサーサイト



この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<にわたづみ | メイン | にわたづみ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/1945-7cc6b3f6

| メイン |