FC2ブログ
にわたづみ
2014/06/02(Mon)
午前中は少し親友とお喋りしていました・・(#^.^#) 

彼女は「今日はどうしても孫の送迎が外せない日だから・・」と言われていた。そして、当初は

午後からだったのが都合で午前中に出かけることになり合鍵を渡されていたのですが・・何と

なく留守宅にいるのも落ち着かないから一緒に出かけました。

も、1人のブログの友人との約束は午後3時でしたが・・何時もは電車で都心に出るのですが

バスに乗って行った事がなかったので行き方などを聞いて挑戦しました。2回乗り換えがあり

でも、思いがけなくスムーズに進行して・・電車より楽にずっと座って新宿まで出ました。

電車だと30分も掛らないのですが・・バスは遠回りしたり見知らぬ街中を走って乗継があって

時間も1時間位掛りましたが・・楽しい時間でした・・(#^.^#)

こんなに便利にバスが縦横に走っていることの驚きと流石に東京=この大都会を繋いでいる

事実にカンボジアには未だ市内のバスさえなくて・・バイクタクシーやトックトックに乗らないと

何処にも行けない不自由な生活に比較すれば雲泥の差があると思いきょろきょろしてバスの

中から見える景色を楽しんでおりました・・(*^^)v

〔本当に便利です!〕何処に行くのでも利用できる路線があることや、通常に走っている電車

地下鉄など改めて日本の普通の生活を肌で感じておりましたねぇ!”こんな生活の中で何処

でも行ける!そして親切丁寧=これは何処の国にもないことだと感じておりました!"

海外の発展途上国で生きていると何処かで必死に自分を保守している部分があり自己主張

しないと生きられない自分に遭遇します・・(--〆)

慣れないと暮らせない=そして、馴らされていく生活の流れは日本にいれば思考の範疇にも

入らないし誰もそんなこと考えてもいないと思います・・ははははは

ごく当然と平和で、スマホで、タブレットで指が流れているさまや化粧をしている姿などを見る

機会がもし、あるならばカンボジア人は「どんな風に感じるだろう?」と思って見ておりました!

さて約束の素敵な女性は娘と同年代の方でした!海外の好きな方でご主人と一緒に何度も

出掛けられているお話にお目に掛れる機会を得て幸せを感じました・・(*^^)v

羞恥心を見せながら話される言葉の中に心の穏やかさや現実の生活の幸福度が見え隠れし

本当に礼儀を弁えた優しい女性でした・・(#^.^#)

余り長居は出来なかったのですが、温かいふんわりとした時間が流れて・・快的でした。

も、若くないから、可能な限り色々な方にお目に掛りその人の持っておられる雰囲気や優しさ

に心を癒されたかったのかも知れません・・うふふふふ 相手はご迷惑だったかもですが??

人恋しいという感情ではなく何かの刺激が欲しかったという意味では素晴らしいお2人でした!

その日は私の誕生日でしたから・・心の隅にはちょっぴり引掛る何かが蠢いていたのだと思い

ます・・あはははは この歳になっても誕生日を忘れずにいてくれる人もいて・・有り難く幾つに

なっても「頑張らねば・・」的要素を私は心に保持していることを思い出しましたねぇ・・($・・)

そんな楽しい時間は直ぐに終わって翌日は新幹線で神戸へ・・結構ハードでした。

朝早く行かねば午前中の診察が間に合わないから・・午前中に神戸市内に入る予定があり

駅を降りてから直接病院へ行き予約を入れ・・娘の家に行き保険証を預けているのでも、1度

病院へという塩梅でした。午後から休診なのでその日は調味料の買い出しをしたのです。

2日前に空港送りのスーツケースに入れるためなので・・かなり忙しく買い忘れも数多でしたが

何とかその日のうちに準備して宅配便で送りました。

便利な世の中です!この国ではそんな事さえも思考回路にないと思います・・ふふふふふ

また、娘が着られなくなった服を持って行ってなんて沢山くれたもので・・小さなバッグでは間

に合わずかなり大き目のバッグに入れて・・結局は重くなってしまった・・(-_-メ)

でも、暑さの中で数が欲しいだろうと思ってくれた娘心に感謝して全て貰ってきました!

今日はこの辺で・・病院の話は明日書かせて頂きます。

今朝も湿気を含んだ生ぬるい風がもあんと吹いて・・洗濯ものには日差しが時々顔を出して

当っているカンボジア・リアップの夜明けです。
スポンサーサイト



この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<にわたづみ | メイン | にわたづみ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/1930-f42040e3

| メイン |