FC2ブログ
にわたづみ
2014/05/11(Sun)
全く農家の方の仕事には通暁がなくて・・恥ずかしい程度の常識なのですが昨日は裏の家

にトラックに載せた脱穀機と精米機が登場して、初めて窓越しながら目の前で見て、驚き

ました・・(@_@;)

それほど大きな機械ではなかったのですが、脱穀機に籾の付いたお米を娘と子供らが敷地

の何処からか運んで来て母親がそれをバケツで係の人に掬っては渡していました。

父親は椅子に座ってただ見物していました・・うふふふふ

係のお兄さんはマスクをしてそのバケツを自分の背の高さ位も有るロート型の中に入れる

作業を何度も繰り返し・・籾殻はビニールシートから勢いよく吹き出て飛んでいました!

精米機との間には籾殻を取ったお米が出てきて・・今度はそれを精米機にかけていました。

精米機から出てくる白いお米は布の袋に落ちて行くようでどんどんと溜り、かなり真剣に

観ていました・・ははははは

初めてだったので、その工程も面白くまた子供たちが何度も何度も運んでいる姿を見ると

親はそれが当然のことだと考えていることを痛感しました・・幼い子供なのです!

小学校の低学年の男の子3人と娘も10歳くらいでしょうか?それは酷く重そうで・・でも

誰も傍にいて大人は手を貸しませんでした。それが3時間も続き子供たちも根気よく運ん

でいました。

凄い音がして丁度本を読んでいたのですが、気になって何度も立っては窓から眺めていた。

日本では精米された品として店頭に並んでいるからそのごく当然である常識さえこの歳で

既に欠落してることに自分自身結構愕然としましたが・・(^_^;)

見ている分には興味ある時間でした!*無知もここまでになると情けないですが!*

布袋が3個になり凄い量のお米が精米されました。かなり大きな袋でしたが、こうやって

自宅で取れたお米を業者に依頼し精米して貰う事もカンボジアに来て初めて知りました!

ベトナムではこんなことは見たことがなく田舎にも何度か行きましたが稲からお米を取る

のは何度か見たのですが・・脱穀や精米は見知らぬことでした・・ははははは

  ▼いい歳をして「恥ずかしながら・・」の心境でしたねぇ・・(・_・;)▼

籾殻は小山になっていました。ずっと3時間相当煩く作業が続いたのですが・・その騒音

より出来あがって行く精米が素晴らしくて・・見とれていたのが事実でしょうか? 

笑われるかも知れませんが単純な仕事なのに妙に気になり不思議で興味津津でした。

飽きずに眺めていました・・暇人ですから・・ふふふふふ

息子が留守なので早朝より部屋の掃除をしていたら2Fの窓からかなりズレた位置でした!

深紅の太陽が昇ってくる時間に遭遇出来て、瞬時に真っ黄色に変化しましたが・・屋根も

周囲の空も真赤に染めて見事なほど大きな太陽がお出ましでした・・(*^。^*)

ここに来た時は庭先から陽光が見えたのですが季節の移ろいでしょう!今は下からは全く

見え無くて、偶々、早朝掃除していて気が付いたのですから全く鈍い人です・・(-"-)

昨日は暫くぶりで暑さがぶり返し38度位はあったのではないでしょうか・・(@_@;)

部屋の中でも扇風機を終日回していました。 午後からは台所の窓に夕日が猛烈な暑さを

持って差しこむから(凄く分厚いガラスで出来た窓なのですが)時計を置いておくと触れ

ないほど熱くなっていました。 

また、水道水も大袈裟ではなく温かい程度の温度まで上昇していてこれも吃驚しました!

何処の蛇口をひねっても温かい水が出ていました。余程熱せられていたのだと思いました

し、暑さを肌で感じた瞬間でもありました・・(-"-)

落日が終わると急激に台所は薄暗くなるのですが、それでも外はまだ明るさが充分残って

いて電気を点灯することはないほどの明るさはあります。

寝苦しくて扇風機が大活躍でした!夜中ずっと頑張っていましたねぇ・・(@_@。

暑さで何度か目覚めたようですが・・天井に向けている扇風機は静かな音で抵抗している

ようでした・・(#^.^#)

そんな訳で今朝は暑さが逃げていなく・・暁光も強かったので掃除をして洗濯を干したら

汗が吹き出してきたカンボジア・リアップの夜明けです。
スポンサーサイト



この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<にわたづみ | メイン | にわたづみ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/1914-6b7de9df

| メイン |