FC2ブログ
にわたづみ
2014/05/07(Wed)
★昨日はブログが書けなくて・・ご訪問もできず申し訳ありませんでした・・m(__)m★

認証コードに変更という事でずっと待っていましたが・・間に合わず先ほどやっと手元に

届き再開できることになりました。拙いブログにご訪問頂きましたのに、ご返事も出来ず

本当にすいませんでした!

☆カンボジアの民話・・

すっかり『雨季』に入った感じで毎日雨が降ったり、強風や雷が鳴っています。昨夜の雨

が道路と草をぐっしょり濡らしています・・(-"-)

◎毒を吐きだしたニシキヘビ

むかし、むかし1人の男がいました。彼はつい最近妻を娶ったばかりでした。

或る日、男は妻を連れて自分の両親の家を訪れようとしていました。その時、森の中から

ニシキヘビが這い出してきました。

ニシキヘビは道に2人の足跡があるのを見つけると、彼らの足跡を舐めました。 ニシキ

ヘビの毒はとても強かったので両親の家に着いた後に男と妻は死んでしまいました。両親

と親戚は嘆き悲しみ、葬儀を執り行いました。

ニシキヘビは自分の毒を自慢するためにカラスに尋ねました「やあーカラス君、私は男達

の声を聞いたのだが、この村で彼らは何をそんなに騒がしくしていたのかね!」

カラスは答えました「村人は嬉しかったのさ。 君の毒がとても強いことを彼らはずっと

知っていたから。 もしも・・君が誰かの足跡を舐めただけでもそれが原因で死ぬだろう

って思っていたんだ。所が、君は足跡を舐めたけれどあの夫婦は死んでいないのさ!

だから村人は笑って喜んでいるんだよ!」

それを聞いたニシキヘビはがっかりしました「私の毒は昔はとても強かった!もしも誰か

の足跡を舐めれば彼らは死んだものだった。でも、今では毒が弱くなってしまったようだ。

何の役にも立たないのなら毒を身体から吐き出した方がよさそうだ。

少し考えてニシキヘビは身体から毒を全部吐き出しました。蛇、魚、サソリ、黒蟻、クマ

蜂、スズメ蜂などすべての動物たちはニシキヘビが毒を吐きだしたと知って自由に這い回

わったり飛んでやってきました。

動物たちはニシキヘビの毒を巡って争いました。ある動物は沢山の毒を得ました。また毒

を少しだけ得た動物もいました。

蛇たちはニシキヘビから最も多くの毒を得ることができた。  水蛇、土蛇、油蛇、川蛇

森蛇、鷺蛇、蛙喰い蛇などがいました。これらの蛇は今は人間を噛んでも殺すことはでき

無いのです。なぜならニシキヘビの毒を沢山持っていると人に噛みついても返って痛む事

はなく毒も効かないからです。

幾つかの種類のコブラ、他の毒蛇たちはニシキヘビの毒を少しだけ得ることができたため

これらの蛇は猛毒を持つことになったのです・・(@_@;)これらの蛇に噛まれると殆どが

助からないと言われています。

ナマズ、コンニュチェ=2本のひげを持った小さな魚で鰌に似ています。サソリ、ムカデ

蟻、黒蟻、クマ蜂、スズメ蜂、蜜蜂などは遅くやって来たのでほんのわずかの毒しか集め、

られませんでした。

これらの動物のひげや尾の端には毒が付いていますが。現在でも余り強くはありません。

クロモーム=鯉科の魚で口が大きい。ボー=これも鯉科の魚。といった魚はとても怒って

いました。なぜなら、ニシキヘビの毒を得ることができなかったからです。

これらの魚は顔が腫れるまで泣きました。魚のソンダーイ=大ナマズの種類口は横に長く

大きい。ソンダーイはクロモームが嘆く姿を見て笑いが止まらない程で余り大きく笑った

ので口が裂けてしまい今の姿になったそうです。

ニシキヘビはカラスの計略に引っ掛ったのでした。  ニシキヘビは毒を吐きだした後は

力がすっかり萎えてしまいました。その日以来人間は幸せになりました。なぜならニシキ

ヘビは毒がなくなったので現在までニシキヘビの毒による危険を恐れなくてもよくなった

からです。

この話は動物や昆虫がどのようにして毒を持つようになったかを説明する、由来について

の物語です。 蛇は狡猾な動物として認識されていますがカラスの計略にはまって猛毒を

吐き出してしまう。 ニシキヘビが出した毒をめぐって様々な動物が毒を手に入れようと

するその時の動物たちの反応が面白く可笑しく語られています。

昔は過酷な自然の中で生き抜いていくのには生活の知恵を身につけなければならなかった。

毒を持つ魚や昆虫を見分ける知識や方法は生きるために必要不可欠でした。

この様な生活の知恵や技術を子供たちに伝えるには民話が最適な手段だったのです。子供

や孫たちに語って聞かせながら、毒を持っている動物や魚などを見分け方を教えて伝えて

いたのだろうと言われています。 簡単な話の様ですが・・生活の知恵がしっかり詰まり

教育されて行った話として有名です。

今日は朝から雨が降っていましたが午前中には晴れて陽光が眩しく暑さも厳しくなった気

がするカンボジア・リアップです。
スポンサーサイト



この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<にわたづみ | メイン | にわたづみ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/1910-62f8668f

| メイン |