FC2ブログ
にわたづみ
2014/04/14(Mon)
昨夜はどんな様子に変化するのか?ずっと見ていたのですが・・日曜日だったせいか店が

殆ど閉まっていてそれが妙に静かで「カンボジアの大晦日ってこんな感じなのかしら?」

などと考えていました・・(-.-) 未だ何も理解出来ていなかったからです!

ただ掃除だけは何時もより丁寧にして居る様子は何処の家でも見られゴミの量は凄く多く

出ていました!息子と昼食で外食した折、国道に中央分離帯が突然出来ていて・・そこは

アンコールチケットを販売している会社のオーナーが個人的に作ったと言ってました!

それ程長くはないのですが・・でも、その分離帯にはカンボジア国旗が無数に並んでいて

見事でしたねぇ・・(*_*)

何もかもが新しいからより際立っていました。夕方も家庭で団欒しているのか何時もより

ひっそりしていて・・嘘のように静寂さがあって犬の鳴き声しか聞こえない感じでした。

各家庭はどんな年末を迎えたのか知りたくて・・2Fから裏や横の家を眺めていたのですが

何時もは人の出入りや食事後の女性たちの話が聞こえるのですが、奥に入ったままの様子

で不思議なほど静かでした。

カラオケも読経も何も聞こえない1日でした・・(@_@;) 《不思議でした!》

明けて今朝はアンコールワットやトムで色々な催事があると言われ連れて行って貰った。

街中から酷い混雑で・・バス、車、バイク、自転車トックトックが身動き出来ないほどの

混雑ぶりでした!写真付きのチケットで中に入ったのですが未だ朝が早かったせいかしら

催事は準備中でした。綱引きやハンカチ落とし、かけっこ、布袋に入って走る競技などが

あって舞台では生演奏が入りあちこちには模擬店が沢山出ていました・・\(◎o◎)/!

何だか日本の運動会みたいで、こんな競技をするのかしら?と聞いたら・・お正月のこの

日は特別の意味があって男女の出会いの場所で・・地方から沢山の人が来ることも現実に

同じTシャツ姿の男女が固まって話していたり、自転車の団体や車から零れるように若い娘

が飛び出して来て・・これからの競技や楽しみに時間を過ごすのだと思って見ていました!

何処からこんなに大勢の若い子がいるのかしら?なんて思っていましたが、その意味では

納得出来るかも知れません・・(#^.^#)

久しぶりにアンコール・ワット・トム・バイヨンと見て来ましたが・・矢張り素晴らしい!

象が6頭もいて全部に人を乗せていました。 ゆっくりと歩を運ぶ姿は長閑で以前乗った

経験があるだけに大きな巨体に揺られた感覚を思い出していました・・うふふふふ

少し少なくなったワットの灌濠には底が見えている場所もありましたが・・それでもその

巨大さは変わらず「何度見ても圧倒される光景」だとしみじみ感じ感動していました!

1時間半ほど走って貰いましたが帰路には舞台に人が上がっていたり、店も大忙しの様相

でした・・(*_*)僧侶の説法がマイクで遠近から聞こえ・・お寺には大勢がお参りにきて

いました。珍しく花やさんに数人遭遇しました・・( ^^)

大型バスは入れないので途中からワゴン車やトックトックに乗り換えないといけない為に

今日はトックトックの数が本当に多くて驚きました。

催事は夜の方がいいのかも知れないですが・・あちこちにライトの点灯が準備されていて

ムードが雰囲気が異なるのかも知れませんが、とに角若者が集団で来ていました!

朝早かったので・・早々に見て回りましたが・・カンボジアの新年は特別なことではなく

また、朝早く開門するとかの古いしきたりは既に消滅しているとの事でした↓↓

もっと何か違うことを想像していたのですが・・予想は外れました! 街中も観光地です

から、勿論、閉まっている店も沢山ありましたが開いている店もかなりあり、市場にも何

の影響もなく普段通りに人が入っていました。

ただカンボジア人にとっては矢張り特別の休暇で・・会社では全てカンボジア人は休みで

したが・・観光するお客さん相手のガイドは出勤していました。

期待していた分外れだったのかも知れませんが、国力を挙げてする行事以外は楚々として

いました。それだけ生活が豊かではないと言う事なのかも知れませんが・・(-_-メ)

街中の飾りつけや店先の飾りはそれなりに何となくそんな様子が見えますが・・先ず稼ぐ

事が何よりのことなのでしょう・・1番の稼ぎ時期なのかも知れませんから・・(@_@。

この周辺も店が開いている所と閉まっている処があり・・何も沢山買わなくても良かった

のかも知れません・・(-"-)   これもベトナム同様失敗でした・・(-_-メ)

息子は去年はいろいろな催事の場所や事柄が教えられていたけれど今年は何も解らないと

言ってましたから・・段々と簡素化して、また、時代の流れも変貌してきているのかも?

朝から遺跡の周囲を一巡りして色々な店や商店、村びと達とも大勢に会いました!

帰宅したら・・家の周囲は何の変化もなく時間が流れていました・・ただ、休んでいる店

は暢気そうですが普段と同じ様に働いている人もいて、これは想定外で少しの落胆を持ち

勝手にお正月気分を盛り上げていた自分を面白く感じておりました・・(*^。^*)

若者たちの出会いと恋が芽生える粋な催しがこんな些細な競技で行われることに素朴さと

純粋さを見て・・この国は未だこんな温かく優しい感覚で男女が巡り合う機会を持つ事に

少なからず驚きとその心根に触れた気がして、複雑でありまたそう言う心が喪失している

かも知れない先進国をふっと感じておりました・・ははははは

日差しが強く照りつける朝のカンボジア・リアップの新年でした。
スポンサーサイト



この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<にわたづみ | メイン | にわたづみ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/1888-7c2837ac

| メイン |