FC2ブログ
にわたづみ
2014/04/13(Sun)
今朝、丁度水とガス(プロパン)が切れたので・・向いのバイクタクシーの人に頼んで店

まで連れて行って貰いました・・周囲の小売店は殆どシャッターが下りていた!「もしか

したら店が閉まっているかも?」と思いましたが、そこは生活に絶対欠かせない品がある

ので開いていて安心。早速、水だけ運んで貰いガスは取り付けられないので依頼した!

明日からお正月というので・・も、あちこちはその準備なのでしょう・・( ^^)

家の前には大きな紙か?ビニールらしき緑の風船と周囲は紙の飾りが長く垂れているそんな

飾りものがいくつか見られました・・(@_@;)

不思議な感じですが、面白いと思いました!でも、最近はそんな昔の風習などしない人も

居て、全く変わらない。何もしない家が多くなったとも聞きました。簡素化されていくの

は日本でもそうですから・・段々とそんな方向へ流れるのかも知れません・・(-.-)

☆焼き物に絵を描くと言う「陶芸教室」  <D・A・C 参照>

ゲストが作った焼き物作品を24時間以内に届けてくれる教室があります。 その名前は

〔クメールセラミック&ファイアートセンター}と言います。焼き物に絵付けができると

言うユニークなサービス(paint a pot!)を始めた。

旅の記念に自分だけのオリジナル作品を作って貰おうと言うアイデァで、あらかじめ用意

された白地の陶器に特製の11色のカラフルな塗料で色を塗ったり絵を描いたりする!

ペイント用の器はティカップ、エスプレッソ・マグ、角皿、角小型、葉型の小皿、平皿と

象の置物まで有って様々な種類が揃っています・・( ^^)

絵付けの翌日には完成品となり希望すればシェムリアップ市街のホテルまで届けてくれる

ので嬉しいサービスです!

陶芸教室も好評で連日、多くの観光客が土ひねりに挑戦しています。こちらは基本的には

1時間半及び3時間程度のコースがあり人気があるようで値段は15㌦からだそうです。

全くの初心者でもスタッフがサポートしてくれるので安心です。

同センターではアンコール時代の陶芸技術の再現・復興やオリジナルの現代的焼き物作り

にも取り組んでいると言われています。

ホテルやレストランでも沢山、使用されている所が多いので旅先で目にする事があるかも

知れませんねぇ・・(#^.^#)

工房のショールームには作品を買うことも出来ますし工房までの無料送迎サービスもあり

気軽にTELしてほしいとの事でした。

自分の描いた絵や好みの色彩で作った器は記念品としては最高だと思います・・( ^^)

ご趣味のある方や絵が好きな方には素敵なサービスだと思いました!

今日は朝から水とガスの配達で・・出たり入ったりしながら書いています・・うふふふふ

これで3日~4日のお正月休みも充分に問題なく過ごせることに1人安堵している私です!

昨日は36度まで上がりカンボジア・リアップの朝は厳しい暑さが続いています。
スポンサーサイト



この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<にわたづみ | メイン | にわたづみ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/1887-a0829ce9

| メイン |