FC2ブログ
にわたづみ
2014/04/08(Tue)
さて、今日は【ロリュオス遺跡】最後の寺院です・・(^^ゞ

先ず、今回はとに角1人だったのでバイクで行ったのです・・!(^^)!暑さも相当でしたが

完全武装して顔が殆ど見えないほど被っていまして・・ひゃははははその上バイクのシート

は長時間乗ると腰もお尻も痛くなるからかなり草臥れてしまい・・ガイドと運転を引き受け

てくれた彼は前日送別会なるものがあったとかで・・疲れが顔に出ていました。

ま、30代だから子供同様なもので・・頑張ってくれたのでしょうけれど・・流石に参って

いる感じで早々と市内に戻ってきたのです・・( ^^)  ”私も疲れた!”

勿論ちゃんと説明も受けガイドは完璧でしたが・・何せ受ける頭脳が愚鈍ですから横道から

入り込んではスルーと抜けていく有様で下調べはしていたのに・・バイクの振動と凸凹道や

赤土が舞い上げる噴煙は凄かったせいでもないが殆ど何も残っていなかった頭の中です!

③バコン(881年、インドラヴァルマン1世の頃のヒンデゥ教寺院)

この寺院はアンコール時代最初のピラミッド型寺院で大きく、威風堂々と顕在ぶりを発揮し

していました。ハリハラーラーヤ王都の中心寺院だと言われています。

大きさは東西900m、南北700mほどもあって参道脇には巨大なナーガ(蛇の頭を象った形

で大体4つの頭を持っていると言います)の石像が欄干にありました。 それが未だ風化

されずに崩れずに残っている部分は一寸感動しました。結構大きなものです・・(*_*)

5階建ての建造物は下から見るとかなり巨大で3重の周壁に囲まれています。巨岩ででき

た長い階段が参道からあって塔まで昇ることが可能です。  

             *ここは夕日のスポット*

アンコール・ワットの東南に位置していてこの寺院はアンコール・ワットの原型だと言われ

て入る寺院です。それは驚くほど精緻で崩壊の後も勿論ありますが修復もされています。

また第2周壁と第3周壁の間は後年建立されたものらしく・・オレンジ色のワット・バコン

の屋根が綺麗でした。あまり遺跡では色彩感覚が感じられずこんなものかしら?なんて勝手

に想像していましたが1つ1つが異なり時代を反映して建立されていることに改めて気がつく

愚かさでしたが・・うふふふふふ  ま、知らない事はどうしようもないことで本で見ても

写真でもその色彩感覚は微妙で・・矢張り長年の歴史が持ちこたえた時代の流れ時の繁栄を

物語り如実に実物を目の前にすると荘厳な気持ちになるし・・心が深く埋没していく感覚が

味わえました・・ま、あくまでも個人的感想ですから・・(・_・;)

人には各々感性が違いますし、何をどの様に鑑賞するか?宗教的興味とか?時代考証が確立

されていればいいのですが・・未だ階段さえ登らない状況で説明するのには余りにも無謀で

無知すぎますが、いづれの日か?再度行くことができたらもう少し詳細にご紹介出来るかも

しれませんが・・<(__)>  <クロマー参照>

第3周壁には中央祠堂を中心に煉瓦造りの祠堂が東西南北に2基づつ計8基あることを教え

て貰いましたが・・それを見る事は出来なかった・・瓦解されっていたのでしょう!

頂上には両脇にデバダーのレリーフがあるのですが・・これは修復されていました。

煉瓦を削っているため精密さはあまり感じられませんがそれでも違和感なく言われなければ

そんなものかしら?程度の感性で看過してしまうほどです。

3重の周壁に囲まれた5階層の寺院の南には『戦いに挑む阿修羅像』のレリーフがしっかりと

残存していて居て当時は階層を囲むように壁画が彫られて行ったのではないか?と考えられ

ると言われました・・(@_@;)

建立当時は中央祠堂は煉瓦造りだったそうですが12世紀頃に砂岩に造り直されたとも言われ

ています。周囲に何も障害物がなく見た目よりかなり大きくて・・想像以上に残っていた事

も驚きがあり・・その大きさにもかなり驚かされ・・感動一入でした・・(*^_^*)

未だ遺跡は10にも満たない数しか拝観していないから言葉で語るには余りにも羞恥に耐えな

い感じがしますが・・傍で見た感じや感動をまた・・どんな雰囲気?だけでも伝えられたら

と厚かましく思って書きました。色々と写真や検索されて見てくださる方もおられてとても

有難く恐縮していますが・・現実に目の前にした感想はあくまでも私的ですから・・行かれ

た方もまたこれから行こうとお考えの方には参考にはならないかも知れませんが自己中心の

報告でしたが・・結構満足しました・・ははははは

また、周囲にある灌濠には花はなかったのですが水が涸れていなくて蓮の葉が一面水草の中

に有りました。灌濠に水が残っていたのは珍しくしばし石に座って見とれていました!

思っていたよりも早く何せ道路に車が1台もない状態の場所でしたから早着し、早くに帰宅

出来ましたが・・ヨレヨレ状態で・・シャワーを浴びたら1時間位は寝てしまいました!

でも・・有り難いことにそれで疲れが飛んでしまった感じで元気でした・・あははははは

また、機会がありましたら・・書かせて頂きますご迷惑にならない程度で・・(#^.^#)

昨日は暗雲の流れが早く雨こそ降りませんでしたが・・洗濯の乾きが湿気があったせいで

乾燥までは行かず取り入れてしまいました。

今朝はギラギラ太陽が背中を刺すように照らすカンボジア・リアップです。
スポンサーサイト



この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<にわたづみ | メイン | にわたづみ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/1882-2848ff3a

| メイン |