FC2ブログ
にわたづみ
2014/03/12(Wed)
☆≪カンボジアならではの蓮製品≫

①老舗シルク工房〈サマトア〉が蓮の繊維を使ったロータスシルクを開発しました!

ロータスシルクは蓮の茎から取りだした繊維を1本1本手で紡いだ糸を使った布で、元来

のシルクに比べてもっとソフトで素朴な味わいが魅力です・・(*^^)

〈サマトア〉がプノンクロムの近くで経営しているロータスファームでは栽培から機織り

まで製造工程が見学できるようになっています!

併設のショップではフランス人デザイナーがデザインしたロータスシルク製品や蓮グッズ

が販売されています。

②『吉野家』がカンボジアに初出店

日本の大手牛丼チェーン『吉野家』がリアップにカンボジア1号店をオープンさせました。

地元企業との合弁でフランチャイズとして出店。ちょっと高いですがこれから人気がでる

のではないかと予想されています・・(@_@。

牛丼レギュラー4㌦、大盛り5㌦、野菜入りベジタブル丼や照り焼き丼などがあります。

今度はカレーや豚丼などメニューを増やしていく予定だと言われています。

店内にはイタリア人デザイナーによる内装でお洒落なファミレス感覚風だとか?

シェムリアップ川沿い{キングスロード}内にあります。

先日、息子とこの店のことを話していたのですが・・うっかり行く事は忘れていて、他の

和食店に行きました。2F以上がゲストハウスになっていて日本人が経営していると言う。

所が、ここはバックパーカーや安価で長期滞在する日本人若者達が多く出入りしていると

いわれていました。確かに自分で水を外で買ってきて何も食べ物を頼まないまま数時間も

過ごす女性もいて・・\(◎o◎)/!しました。

ゲストハウスに宿泊している客ではない人が多く勝手にトイレを使用しています。それが

若い女性なのにトイレットペーパーを片手で持ち羞恥心など全く無い有様で外から入って

来るのです・・そして、使用後はそのまま何処かへ行ってしまうそんな日本人が凄く増加

しているようです・・(@_@。

最も凄く安価で3㌦位から宿泊ができるそうですから・・質も落ちるのでしょうけれどー

その上料理の拙さはここが1番だと思います。焼き鳥丼を依頼したのですが・・これが又

想像を越えた味で仰天しました・・(@_@;)

鶏肉はパサパサで、それに人参、ピーマンが黒く炭火で焼かれたものがご飯の上に載って

いるだけでタレは全くなかった・・流石の私も勿体ないとは思いましたが殆どを残した!

丼物と言えば矢張りタレを期待すると思いますが・・全く無いと「これは何なの?」って

感じで日本人経営者なら・・またそれだけ日本人が集まっているのに誰も教えないのか?

有名なゲストハウスですが・・本当に心底がっかりしました・・(-_-メ)

2度と行くことはないと思いますが・・「安かろう悪かろう」を地で行くような店でした。

先週は韓国料理で海苔巻に胡瓜が不足していた様で中々来ないと思っていたら、テーブル

にいっぱいの沢山の総菜を付けてくれて値段も変わらなく・・オーナーが出てきて謝って

いましたから・・未だ商売人としては韓国人の方が筋は通っていると思いました・・(*_*)

ま、海外に住んでいれば色々な事が毎日あります。有り難いことに経験したことのない事

が数多あり・・こんな生活が可能な私は幸せだとしみじみ感じますが・・時には「なぜ?

こんな国で生活しているの?」なんて思う日もあるんですよ・・うふふふふ

”でも、毎日、誰からかに支えられ仲良くなって行ける事もそれなりの嬉しさもあります”

先日も市場から自転車で出ようとした時に真っ黒い顔をした小父さんがわざわざ私の前迄

来て「ハロー・マダム」なんて声をかけて来た?一瞬誰か解らなかったのですが我家の前

に屯しているバイクタクシーの小父さんで、何度か水を購入する時乗せて貰った人でした。

そんな事も経験したことはなかったから・・吹き出しそうになりながら・・自転車に乗り

ゆっくり帰宅したら、その小父さんが居てバイクを止め手を挙げていました。

最近、バナナを揚げてドライフルーツ風にしたのが美味で、おやつに時々買うようになり

食べています。砂糖など全く使用していないバナナ風味でかなり食べられます・・( ^^)

今は果物は西瓜の季節らしく小玉がたくさん出回っています。まだ食したことはないので

食べてみたいと思っているのですが・・そんな長閑なカンボジア・リアップは今日もまた

36℃の予報がでています。
スポンサーサイト



この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<にわたづみ | メイン | にわたづみ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/1855-4ba99561

| メイン |