徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/07/12(Thu)
緩やかに時は流れ、ここの生活は多少の意志の疎通と警戒心、日本人の矜持を持ち

天気の心配や買い物の心配りと小額のお金を使い回していたら生きていけることを

確実に学ばせて貰った・・同じ格好をしていても同じ物を食していても誰にも気を

遣うことなく、好き勝手な生活ができる利点があります。でもダラダラと暮らすと

そこには堕落した怠惰で品性を落とす生活もできると言う反面もあります・・(-"-)

ま、自分自身の生き方次第だし、他人様の事はどうでもいい国だから、自己管理を

している分には過ごしやすい国だと言えます。 社会主義と言う特殊な政治下での

生活がここ数年でかなり緩和され『いいえ!そうしないと世界の流れや情報に取り

残されるからで・・また氾濫する情報は古い体質を変化させねばならない事も多く

有り、随分10年前に比べたら自由になったし、公安の取り締まりも少なくなって

その意味では文化的国家に成功しつつあります』

反対に犯罪も多様化しているし、偽装結婚や臓器を売る事なども現実には沢山ある

様で・・未だ未開であり途上の部分は山積している状態ですが・・食べ物が安価で

美味なのは嬉しいし、こんな最低限の生活でも心が貧しくならない暮らしができる

仕合せもあり有り難い事です。でもどんなことにはその{逆}{裏}はあるもので

それはどこの国でも同様ですが・・(@_@。人間的に心が素直なのはアジア人の特徴

かも知れません。中々心を開けない私は(変人)と思われているかも知れないがー

余り嫌な顔をされた経験がないのは仕合せと言うべきでしょう・・( ^^)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※ベト飯《Xoi Ga》 鶏おこわ     {ベトナム料理本より}

これはかなり有名で誰でもが知っているそして、どこの店にも大抵があるという料理

です。ここでも近くのコンビニで売っています。ま、作り方も様々だしトッピングも

色々ありますが・・ごく普通の料理店で出される物をご紹介します。

日本では“おこわ”と言うと胃に重く負担がかかる印象があったのですが、ベトナム

のおこわにはそれが殆どありません。インディカ米種の餅米だからかも知れませんが

日本の餅米とは違って(うるち米)程度の軽さと粘り気です。朝ご飯でも昼でも小腹

が空いた時なども食せるものです”おこわ”の種類は多く、色々ありますが代表的な

《ソイ・ガー》について・・ソイ=はおこわ、ガー=鶏です。もうご存じの方も多分

おられると思いますが、鶏の茹で汁を餅米に吸わせて炊き上げたおこわの上に切って

裂いたりした茹で鶏を載せて食べるシンプルな料理です。

でも、地方や店により仕上げや作り方も数種類あるそうで、食感も印象もかなり違い

があります。ハノイでよく食されるのは刻んだレモンの葉を添えたおこわが有名です。

鶏スープで炊いたおこわに柔らかな鶏肉を載せ細く、綺麗にカットされたベトナムの

レモンの葉{ラーチャイン}を散らすように載せています。  

ベトナムの大豆醤油[シーザウ]やそれをベースにしたタレをかけ北部風のあっさり

した味の青パパイヤのなますが添えて出されます。おこわはあっさり系ですが沁み込

んだ鶏肉の旨味が効果的で時折、鼻につーんとくるレモンの香りや歯応えのある青い

パパイヤの食感がアクセントになって一皿はあっと言う間に食せます。

南部ホーチミンではこれとは真反対の様で、コクがありボリュームもたっぷりの鶏の

おこわが主流です。南部地方は鶏を茹でる際には、水とココナッツジュースを加えて

茹でる方法だからです。ココナッツジュースの自然な甘みがコクとなって鶏の茹で汁

に奥行きや深みが加味されます。

その茹で汁でおこわを炊く時、更にココナッツミルクを振りかけたりもします。

ココナッツミルクの香りが広がり油気も加わります。茹で鶏は北部と同様で、切った

り裂いたりするのですが、仕上げにネギ油をかけたり揚げたネギを散らしたりします。

また、鶏を1度揚げてからココナッツジュース、又はベトナム醤油、砂糖で甘辛くした

タレに入れて煮たものもあります。

前記しました様に店によっても家庭においてもかなり仕上がりも違います。おこわは

気軽にテイクアウトできるので、色々な種類を試してみて下さい。

ボリューム満点の『ソイ・ガー・ロティ』は味付けしロティサリーチキン。いわゆる

丸ごと回転焼きにしたもので、ベトナム風の味付け焼きの料理です。

昨日は午前中から降り出した雨が終日そぼ降り時折、真っ白な大粒が降ったりと雨の

滴が頻繁に変化を見せて楽しませてくれた日になりました。空は薄くなったり暗雲を

流し込み変貌を遂げつつ降り止まぬ1日でした。そのせいか?涼しくて、室温も29度で

したから少し肌寒い感じで窓を閉めておりました。

今朝は早々から陽光が戻って明るさが遠近にキラキラした夜明けを迎えたホーチミン

です。このまま晴れるといいなぁ・・(*^_^*)
スポンサーサイト
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記) | メイン | 徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/1284-a850b34a

まとめtyaiました【徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)】
緩やかに時は流れ、ここの生活は多少の意志の疎通と警戒心、日本人の矜持を持ち天気の心配や買い物の心配りと小額のお金を使い回していたら生きていけることを確実に学ばせて貰った... …
2012/07/12 16:11  まとめwoネタ速neo
| メイン |