徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2012/06/19(Tue)
夜明け前の漆黒は昨日の何度にも渡る『スコール』で冷気を呼び、窓を全開すると

長袖でも肌寒く感じます。〚ここが常夏の国?とは信じられない涼しさです!〛

強烈な『スコール』が目の前を通過する時は天に座す雨が一握となって襲来するの

かも知れないことを見せつけてくれました・・(-_-メ)

雨は光を吸収して自分の傘下に入れた様子で、狂い出すと手に負えない滂沱の雫が

流れて落ちて行きました。暗闇は地上全体を包み、雨音は眠る夜霧さえ覚醒させる

威力で降りし切った感じだった・・(・_・;)数日前は輝きに身を委ね、光が振りか

ぶり自分の影の下に落ちていたとは思えないほど街中を煙雨に変化させた日でした!

丁度、出かけた時はぽつぽつと降り出していたが散歩には適度の気温なので滅多に

この街の中心街を歩く事などないので雨が来ぬ間・・有名店や大きなホテルを覗き

ウィンドーショッピングと洒落てみました。久し振りの街は綺麗に清掃されていて

観光客を迎える準備が整っていた。雲行きが怪しくなったので15分ほどで止めて

タクシーを止め(降り出すと拾えない)帰宅したのだが・・各店も通りもこの街の

メインストリートだから・・公安もあちこちにいたのには少し吃驚した・・(-.-)

昔よく行ったデパートも中国に買収されて名前も中も完全に様変わりしていた。

時代の流れを感ぜずにはいられない思いでぼんやりと眺めていた気がします。ほん

の少しの時間10年前がタイムスリップして蘇った・・(#^.^#)

「偶に出かけるのもいいなぁ」とは思うのですが、物欲がないし引っ越しを前に物

が増えるのも困ると思い最小限に抑えているのが現実。店の中にも入らずでしたが

巨大なビルとコロニアルスタイルのオペラハウスは対照的で雑然とした店の通りに

悠然とした雰囲気を保っていました。懐かしかった・・(*^_^*)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※ベトナム歴史ストリート[今回が最後です]・・{月刊スケッチ本参照}

ベトナム全国の通りには紺色の看板で通りの名前が国道に建っています。歴史上の

出来事や重要人物の名前が付けられているのが普通です。

◎ハンブオム通り=ハノイ  

旧市街の歴史が凝縮していると言われています。ハノイ旧市街には『ハン』=商品

と言う語が含まれる通り名が沢山あります。同じ商品を扱う店が同じ通りに集まる

為に、このような命名になったのだろうと言われています。

ハンブオム通りもその1つで《タンロン城》の城壁を完成させるきっかけとなった

白馬を祀る〔白馬最霊祠〕がある通りとして有名です。19世紀に埋め立てられる

迄、旧市街にはトーティック川が流れており、この通り周辺は船着場として栄えて

いました。帆=ブオムを売る店が多く、ハンブオム通りと名付けられたようです。

「船着場のあるところには中国商人がいる」と言うわけでこの通りには17世紀頃

から中国人が多く住み、中華料理店も随分有ったと言います。

だが1979年に中越戦争が勃発すると同時に中国人たちは通りを去って行き現在

は経済刷新政策(ドイモイ)で活気を取り戻したベトナム商人が経営する、菓子や

ジュースなどの卸問屋が軒を連ねているようになったそうです。ハンブオム通りは

長い歴史の中で旧市街が経験してきた多くの変貌を凝縮した通りだと言えます。

かつてのこの通りには福建省出身の華僑たちだけの<福建会館>があって、屋根に

は華麗な陶器の装飾を残す福建会館の建物は現在は幼稚園として利用されている。

朝焼けの気配もなくどんよりと重苦しい雲が垂れて空を支えている感じで、冷気が

忍び込んでいるホーチミンの夜明けです。今日もいっぱい降りそうです・・(-.-)
スポンサーサイト
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(1) | ▲ top
<<徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記) | メイン | 徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/1261-b0b8cde9

まとめtyaiました【徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)】
夜明け前の漆黒は昨日の何度にも渡る『スコール』で冷気を呼び、窓を全開すると長袖でも肌寒く感じます。 …
2012/06/21 07:14  まとめwoネタ速neo
| メイン |