FC2ブログ
徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)
2011/09/23(Fri)
昨日は小雨で明けたのですが、その後は珍しく青空が広がると言う天候でした・・(#^.^#)

しかしそう上手く続くはずはなくて夜から降り出した雨は勢いもあり打ち叩くように地面

に叱咤激励をして今朝までずっと降っておりました。

{矢張り『雨季』の雨らしからずと言った塩梅ですかねぇ・・不思議です・・(+_+)}

雨上がりではなく、未だ雨の休憩状態の中、これもお久しぶりの「豚肉の香草漬け}卵焼き

を買って来ました。朝食です。熱い豆乳を日本から持って帰って来たお茶のペットボトルに

(小型で熱いお茶用)入れて貰った。初めて見た大きさだったのか? 何時もの小母さんが

一瞬、首を傾げた様子をするので「日本のお茶」って言うと理解してくれたようでしたがー

この国には無い厚みと硬さなので一寸吃驚したのかも知れません・・( ^)o(^ )

相変わらず薄暗くて、また、雨がじとじとと降り出して来ました。あの気性のさっぱりした

《スコール》は何処へ?

ベッドから落ちた頬骨は押えると未だ、少し痛みますが・・ま、何処でどんな事が起きるか

考えた事がなかったのに・・この数年は時折、ご飯粒などを付けている場合もあって、老い

の進行をまざまざと感じておりますです!「はい!」・・とほほほほ

※今日は初体験の話です・・(#^.^#)

★「いやー勘違いされると困りますが、今更、そんな話など忘却の彼方で埋没中です」★

  あはははは・・\(◎o◎)/!されましたか?婆さん相手の話・・「ない!ない!」

日本の社会では私の年齢では耳新しい、オフ会、女子会や合コン、婚活が今は盛んに催さ

れているとの噂を漏れ聞きますが・・ブログで親しくさせて頂いた素敵な女性と会う機会

があったのです。

この歳で恥ずかし気もなくでしたが・・かなり、嬉しく少し緊張しましたが・・想像以上

に穏やかな、品のあるマダムでした。ブログの話もお上手で、惹き込まれるように、毎日

拝見していて、感性の良さと文章力、簡潔でいてユーモアのある女性でしたから、とても

会いたくなりまして・・連絡を取り合い無事5時間近い時間を共有する事が出来ました!

PC上からでの見知らぬ人との出会いなど今までの私の人生の中では夢想だにもしなかった

のですが・・本当にこんなチャーミングな女性がおられる事に「長生きしていて幸せ」を

しみじみ感じ入りました・・(●^o^●)

まるで外音が何も入って来ないほど2人きりの温かいそして、和みの空間の中へと突入させ

てくれました。優しい心配りと言葉が心地よく・・こんな出会いもいいなぁ・・(*^^)v

なんて思わせてくれる女性でした。年齢は子供と同世代だから、娘が1人増えた感じでー

ま、それは個人的な感想ですが・・ずっと、以前から知り合っていたかの様な雰囲気があり

素晴らしい時を頂きました。心癒され、心中に浸透していく情愛を感じました。

何せ≪群れない、慣れない、迷惑かけない》を心の拠り所として生きて来た道程の私でした

から、本当に素敵で楽しく、心を委ねる事の出来た女性でした・・m(__)m

沢山の話をしましたが・・心の中には内容までは老いのせいか、残存しておりませんが、何

より自分を素直に出せて、お喋りが出来る相手であったことの喜びは長いトンネルを抜けた

感覚に似ていて、普段の日常の瑣末なことが何一つ邪魔をしなかった時間でもありました。

多分、彼女もかなり、悩んだと思います・・(-"-) 見知らぬ婆さんとのご対面でしたからー

それでも、不思議でした・・直感的に直ぐに彼女だと判ったし、お互いが瞬時に、もう長年

知り合っていたかのような親しみを感じたのは不可思議な感情でした・・( ^^)

     ◎人生は精一杯、頑張って生きているとご褒美が貰える◎

      *そんな心がありましたねぇ。残り福かも知れません*

老いの身に桜花がふわりと舞い降りてきた気持で、仕合せな有意義な時間を頂戴しました。

有り難い事です・・<(__)> きっと、この心情は長く私の心を揺らせ、温めてくれる事を

信じました。狭隘な思考の中でしか物事が見えなくなって来ていた私には、刺激的でもあり

又、生きる支えにもなった気がします。新しい風が心の中を通過した感じがして、嬉しい刻

でした。相変わらずしとしとと降り続いているホーチミンの朝ですが気温は低く、少し涼感

を覚えます。
スポンサーサイト



この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記) | メイン | 徒然なるままに・・・ヴェトナム(沈没記)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://benishidare.blog95.fc2.com/tb.php/1001-012e673a

| メイン |