FC2ブログ
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2019/01/31(Thu)
※距離の感覚が・・

この1週間は朝晩が涼しく(気温が24,5度)にしかならず
太陽が昇って1番暑い時間帯1~2時頃には辛うじて30°
を超すくらいです・・( ゚Д゚)

『乾季』なのに日差しが弱いから洗濯物の渇きが遅くて・・
大きなシーツやバスタオル、タオルケットなどは2日掛け
て乾かすと言う日々です・・(洗濯機がないから)

勿論、寒がりの私は室内でも長袖,長パンですが・・外
に出る時は1枚羽織ると言う慎重さです。

部屋の中にずっといると・・余程動かない限り汗など全く
かかないです。

近辺では最近は旧正月が近いから、あちこちで樹木の
伐採や庭の手入れなど準備が盛んで夜遅くまで片付け
ています・・('Д')

△新年を迎えることは何処の国でも同様に思います△

さてタイトルに書きました距離感ですが・・昨年は
吃驚するほど手に火傷を負い7回もそんな状態が続き
自分自身でも驚きました・・Σ(・ω・ノ)ノ!

天ぷらやフライなどお昼の食事に準備するのが多くて
鍋やフライパンに小指や手の甲が触れて火傷を・・

▼その距離感は老化のせいだと思います・・( ;∀;)▼

一瞬ですが長い菜箸なのにその間の距離が解ってなく
やってしまい・・酷い時は大きな水膨れになったりして
愕然としました・・(-_-メ)

{何故?なのか自分でも解らず触れてしまうんです}

随分、気を付けてしている積りなのですが・・それ
でも火を点けたままでいる事は今の所は無いけれど!

その上、距離感では壁を背に座るときにその距離が
解らないみたいで・・ドンと音を立てて座ったりする!

2年くらい前まではそんな事想像も出来なかったこと
でしたが、今は老化が進行しているのでしょう・・

一応手で押さえて距離を測り、座ったり立つったりを
しています・・(-"-)

老いると言うことは微細なことから進行するようで・・
悲しくもあり当然だとも思いますが・・

可能な限り神経を遣って生きている感じでしょうか?
スポンサーサイト
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2019/01/30(Wed)
※クメール人の日常・・

勿論、職種や男女の差、若者、老人の枠を除いてですが
女性がとに角アジアでは絶対の権利があるようで・・

この国でも例外はなく見ていると本当にその力強さや芯の
強さに圧倒されます。市場でもスーパーでも働いている人
の過半数は女性で・・それも老若男女問わず女性です!

男性は重い商品や荷物運び、整列させる事を手伝うだけ
で・・(;^ω^)大抵は準備が出来たら家に帰るみたいです。

家の中の片付けや掃除、洗濯などもしている姿を見かけ
仕事が分担されていることを知りました・・( ゚Д゚)

男性に仕事がある場合は外に出て働いている様ですが
大体は子守りだとか家事を手伝っている姿が印象的?
ですね!

女性の肩に生活が掛っているのが現実で・・本当に
よく働きます。{パワーがあってタフですねえ!}

だから男性は女性に頭が上がらないのかも知れません!

言い争いなどしている場面に遭遇すると仰天するほどの
圧を女性から感じます・・( ;∀;)

男性は「解った!解った!」と即答している人が多い・・
話が通じる人でも「奥さんに聞いてから返事します」と言う
人が多いのも特徴でしょうか?
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2019/01/29(Tue)
※カンボジアのお正月3つ・・

この国に何年か過ごすと面白い発見ができます・・
勿論、住んでいるからの発見ですが・・(#^.^#)

その時期は大きな波が押し寄せる様に決まって開店
する店が出揃うから知り得たことですが・・( ;∀;)

数日前から中国系の店では真っ赤な提灯が玄関に
飾られたり≪新春≫を迎える準備があちこちで見る
ことが出来ます。

そうです所謂『春節』の準備が始まり、年の瀬の感じ
が見かけられて「あー今年も来たなあ・・」などと
その雰囲気に圧倒されます・・(#^.^#)

大型ホテル、スーパー、商店にも中国系の人が多い
からBGMなども「ハッピーニューイヤー」の曲がMAX
状態で流れています・・(@_@;)

そして、この国のお正月4月には又、異なった雰囲気
の波が来ます・・( ゚Д゚)

食べ物や着る物、家の掃除など・・日本の年末と余り
変わらない様子が見かけられます。

花屋や植木やが沢山増えるのも今の時期です。

警官の眼を気にしながらトラックで来て中国で有名な
黄色の梅がちらほら咲いた木を売っています。

大きなトラックだったり、バイクのリヤカーや自転車に
乗っても売りに来ています・・(*'▽')

傍を通るとほのかに匂いを放ち気分が爽やかになり
ほっとします!

最後のもう1つは12月のカウント・ダウンから新年を
迎える花火とお寺参りのバイクの多さでしょうか?

毎年こう言った行事がこの国を支えて繁栄している。
当然お盆もありますし中秋の名月もあり仏教国なら
ではの手厚い信仰の行事は否めません!

ヴェトナムや近隣の社会主義国では今は新年に向けて
超多忙と金銭が動く時期です。
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2019/01/28(Mon)
※カンポットの胡椒・・

市場やスーパーには近辺国からの安価な胡椒が沢山あり
ますが・・多くは化学肥料や農薬を使用した物が多いとか?

少し高価ですがカンポット州で採れる≪カンポットペッパー≫
を味わって頂きたいと思います。

味は安価な物とは想像もできない程刺激があって少々でも
ちゃんと存在を現す美味しさです。

大きな州には必ず置いてあります。

特に黒胡椒は肉類に振りかければ肉本来の旨味が倍増・・
一層美味しさが引き立つ感じがします。

*幻の胡椒*とも言われているんです!

生の胡椒を塩漬けにした物はお酒のつまみに最高ですし・・
海鮮類と炒めても美味です。

無限大とも言われる料理には様々な食材との組み合わせ
が料理のバリエーションを確実に広げてくれる。

《たかが胡椒・・されど胡椒》とでも言いますか?
≪カンポットペっパー≫を1度味わって頂きたいです!

    (冊子 クロマー参照)
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2019/01/26(Sat)
☆ヴェトナムのお話・・

ヴェトナムには7年住みました。随分嫌な思いもしましたが
でも、今考えると必死で足掻いていた時代で・・他人の
事までは考えられないそんな政策の最中でした。

この国には中部に『ダナン』と言う大きな街があります。
中部では最大で国際空港もあり、商業や漁業が盛んな
街でしたが、最近は観光地としても有名になりました。

リゾート開発が進んで注目のビーチリゾートとして生まれ
変わっています・・( ゚Д゚)

真っ青なビーチと白砂が続く海岸沿いには高級リゾート
ホテルが次々と数多く立ち並んでいます。

滞在が短くてもこの町を拠点にして行ける観光地が多々
あって楽しめます・・(#^.^#)

例えば【ホイアン】【ミーソン遺跡】【フォンニャ洞窟】【フエ】
など4つの世界遺産もあります。

≪スパ≫も有名で女性には嬉しいポイントもあります。
素敵な夢のようなホテルもありうっとりします・・(^^)

このように世界遺産からリゾート、スパまで全部楽しめる街
として最近、めきめきと頭角を現している『ダナン』へも是非
お出かけください。

ベストシーズンは3月から8月頃迄で街歩きや観光に適して
います。気温もさほど高くはなく{雨季}ではないから雨も降
らなくて楽です・・(^^♪

ビーチは5月から8月が最適だと言われています。
細長い国は日本と似ていて今の時期は寒く感じる北部地方
です。

        (冊子 プノン参照)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2019/01/25(Fri)
※またもや携帯屋さんが増えて・・

我が家から市場迄10分足らずなのに・・両側の店は何と
30件近く携帯を売る店が立ち並び驚く・・( ゚Д゚)

「少し工事をしているなあ」と思うと翌日には既に・・
ガラスケースが並べられて携帯が沢山商品として出て
いる光景をこのところ続けて見ている感じです・・

一時期携帯が出た頃の日本のように・・本当に凄い
です。それだけ儲かるのかしら?

需要があっての開店だと思うのですが・・余り人が
入っている店は少なくそれでも開店したのには理由
があるはずだと思っていますが・・( ;∀;)

まー殆どが韓国、中国、ベトナム、、タイ、などから
安価に仕入れていると言う話も聞きましたが・・

殆どの人が既にスマホで動画など見ながら商売を
している現実は少し奇異に思われます!

多分スマホが無かった頃は日永、ずっと何もしない
で客待ちだった生活が一変して・・Σ(・ω・ノ)ノ!

今は客が来ても電話で話しているは時なども切る
ことはせず・・客を無視して話し込んだり動画
に見入ったりしている。

わが道を行くと言う感覚ですから・・日本人的
が感性などさっぱり通用せず・・じっと待つか?
違う店に行くしかない・・(;^_^A
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2019/01/24(Thu)
※もしかして食べられたの?・・

数か月前から真っ黒の子犬が2匹突然飼われるようになって
凄く吠えたり、悪戯してビニール袋を破って捨てたり・・

中身を出してあちこち汚して・・何時も掃除が大変でした。

でも、毎朝買い物に出かける時に連いてくるので・・
買い物袋で「シーシー」と言いながら出かけていたのです。

が・・昨日の朝は何処かへ行ったのか?
急に2匹ともいなくなって不思議に思っていた・・( ;∀;)

その前に茶色の子犬も連れて来られて3匹になっていた
のですが・・黒の子犬がその茶色をいじめて・・(@_@;)

「もーどうかしたのかしら?」と思うほど鳴くので・・
吃驚しました・・( ゚Д゚)

すると何度も茶色の子犬を噛んでいる姿を見ていじめら
れていることを知ったのです・・(-_-メ)

その都度玄関まで出て・・様子を見るのだが「もー死に
そうな鳴き声を上げる」ので心配していたのですが・・

きっと、前夜中にでも連れ攫らわれたのでしょう・・(-_-メ)
黒の2匹は声もなく、何処にもいなくなった!

近所では息子が携帯やに出かけたらそこのお兄さんから
英語で話しかけられ「突然、黒い子犬がいなくなった」

「きっと、食べられたに違いない!」と急に話しかけられて
驚いたと言って帰ってきた。

「そうなの?まさか?」とは思うけれど・・いなくなったら
それはそれで・・寂しく感じるものです!

あんなに悪さばかりしていた子犬だったけれど・・?
何処かに貰われて行ったと考えたい。

茶色の子犬だけは残っているようだがさっぱり姿を見せない
し、鳴かないからいるのかどうかも定かではない!
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2019/01/23(Wed)
※今度の家を見に・・

息子の友人で日本語ガイドをしているYさんの妹が持って
いるアパートを2Fを新しく建て増しすると言う話を以前から
聞いていた・・(^^)

昨朝に彼の奥さんが経営する朝食屋へ出かけご飯を頂き
彼の家はそのアパートの真裏にあたり、今、工事中でした。

周囲は隣家が両親の家、そしてその周囲の土地を持って
いると言う。

小学校と中学校が彼らの家の反対側にあって・・これ
も未だ新しい校舎で大勢の子供たちが授業を受けていた。

午前授業は7時からだけれど、時間がゆったり流れている
様子で・・8時ごろになって子供達が朝食を食べに大勢が
やって来ていた。

「授業中なのにどうして?」と思っていたら休憩時間中に
食事をする子が多いと聞かされ驚いた・・(@_@;)

急ぐ様子もなくお喋りしながらだらだらと食べ出て行った。
隣の中学校からも男子が10人位交代で入って来ては
食事して帰っていくと言う感じでした。

日本では想像もできないと思いますが・・学校の中にも
食堂があると言う話でしたが・・溢れた子供たちが
外へ食べに出かけると言うのです・・( ゚Д゚)

そんな光景を30分程度眺めていて・・工事中のアパート
を見に出かけた。

煉瓦を積んでコンクリートで固めて乾燥させている段階
だったのですもが・・後1か月もしないで完成すると・・

2月に契約が切れて、この家を出ることが決まっている
のです。

今の一軒やに比較したらかなり狭いけれど・・知り合い
が裏に住んでいる事や、何かと便利なので多分、ここ
に決めると思います。

まー何処に住んでも同じだから・・( ;∀;)
ただ市場が遠いのが問題ですが、彼の奥さんが優しい
人で連れて行ってくれるとの話でした・・m(__)m

矢張り人生は流れていく方向に道があるようで面白く
また、楽しいと思う1日でした。
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2019/01/22(Tue)
※レモングラス・・

クメールの人々にとってレモングラスはは欠かせない有用な
植物です。

ずっと以前から栽培されていて現在はこの国の香草では
ナンバーワンかも知れません・・(*'▽')

根や葉を煎じて薬用にしたり、エッセンシャルオイルとして
抽出して使用されています。

煎じた薬膳は腹痛や頭痛を緩和してすっきりさせる効果が
あると言われています・・( ;∀;)

また、レモングラスは虫除けの効果があることも広く知られ
ていてこの国では常識だそうです・・(;^_^A

バジルオイルとグアバ葉エキスを混合させるとより強い効果
が期待出来ると聞かされています。

一日中立っている仕事の方の足のむくみや歩行の為の痛み
にも多く利用されているのが現況でしょうか?

 ☆抗菌作用やリラックス効果もあるようです・・(#^.^#)☆

勿論、食用としても毎日のように食されるクメール料理には
必ずどれか?に入っていて・・いい香りがします。

癖のある料理の匂い消しや、香り付けにも数多使用され・・
市場の野菜やでは沢山売られていて、ごっそりと購入して
いく客も、大勢見かけます。

    (冊子 クメール参照)
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2019/01/21(Mon)
※ちょっと、面白いお話を・・

世界最大のフルーツとして皆様もご存知だと思いますが・・
私はアジアに住んで初めて知った果物です・・(;^ω^)

その名前は【ジャック・フルーツ】です。

勿論、食べる物として売られていますし、半分にカットされ
中から分厚い身が出てくるのも楽しみです・・(#^.^#)
ただ、かなり大きいのが難点かしら?

実は木も種にも重要な役割があって大活躍しています。
先ず、木としては家具(ベッド、箪笥、棚、机)などに利用
されています。

また、忘れてはいけない仏教国の仏像もこの木から造る
そうです・・( ゚Д゚)

次に葉や木から採れる{染料}はあの独特の色の衣を
纏ったお坊さんの法衣がこの木から作られています・・

黄色というよりオレンジに近くまた数枚重ね着している方も
見かけ微妙に色が違います・・('ω')

そして種も利用価値があって、茹でて種の中身を取り出し
サラダに入れたりペーストにして食べるそうです。

そのまま、種を焼いて食べる方法もあり、一寸(栗)に似
た感じです。

【ジャック・フルーツ】はカリウムと食物繊維が豊富です・・

カリウムは細胞の浸透圧の調整をしてくれる需要な働き
があって・・美容効果もあると言われています。

過剰摂取したナトリウムを排泄してくれる役目もあるようで
このフルーツは見逃せないと思いましたが・・( ;∀;)

中身があのドリアンに似ているので中々手が出せない・・
のが実情です!

         (冊子 プノンより参照)
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2019/01/19(Sat)
※嫌な光景に遭遇して・・

昨朝、いつもの時間帯に市場へ出かけた。
警官が10人近くいて・・周囲の屋台は既に完全に何処
かへ行き・・すっかり居なくなっている。

所が昨日は2Fに警官が数人入り、私が階段を上がった
瞬間、大きな笛の音が聞こえたので驚いた・・( ゚Д゚)

未だ中学生らしい年齢の女の子が地面に野菜を並べて
いる前で・・何か判らない事を言い叱責している様子
でした!

勝手に憶測すれば衛生的でないから籠やせめてシートの
上に商品を置く様に指示していたのだと思われます!

そして彼女が半べそをかきながら片付けだしたら・・その
野菜を軍隊の人が履く様な編み上げのブーツで蹴飛ばし
たのです・・Σ(・ω・ノ)ノ!

周囲も驚いてあたふたと片付けだしていました・・( ;∀;)

何かヴェトナムで見た天秤棒担ぎの小母さんが公安に荷物
を持っていかれる姿が急激に思い出され2つが重なった!

  ◆そんな不快感が襲ってきた・・(-_-メ)◆

  ▼酷く切なく嫌な光景を眼の前で見てしまった▼

クメール人はそこまでするとは思わなかったので流石に・・
驚き仰天した・・(@_@;)

昨日は手入れが入ることを予め聞かされていたのか?
店舗数が半分位で少なく・・パン屋もなかった。

朝は毎日熱々の仏パンと揚げ玉や野菜などを挟んで食べ
ていたのですが・・仕方なく昨日は麺類になった。

何時まで続くのでしょう・・本当に不愉快な光景でした!
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2019/01/18(Fri)
※チーパットのご紹介・・

カルダモン山系の南側に位置するコッコン州のチーパットには
4つの村があります。

人口は2200人程度で、年間の観光客は3,400人位だと言う。
欧米人を中心に訪れるのは殆どが外国人で自国からの観光
は先ず少ないと言われています・・( ;∀;)

ここには自然保護NGOが立ち上げているCBTがあります。
森と川でのアクティビティが中心で英語のガイドがいます。

多様な活動がなされていますが、季節によってはできない
事もありますので確認が必要だと思います!

チーパットは1990年代までカルダモン山脈の違法伐採や
野生動物密漁の拠点でした。

しかし、NGOが粘り強く資金援助をして自然資源の大切さと
観光が産業になることを地域に伝えたそうです。

その結果漸く3年後には観光も盛んになり密漁をしていた
ハンターたちは森のガイドとして豊かなジャングルの知識
を教えたりホームステイで生計が立てられるようになった!

かつてのチーパットとは想像もできないほどの暮らしが成立
豊かになったと言われています。

ここにはジャングルの中に巨大な滝がありそれは素晴らしい
景観で見ごたえがあると言われています・・Σ(・ω・ノ)ノ!

滝の数は6つもあり、勢いよく迸り流れ落ちる滝の飛沫には
圧倒されると言う話です・・( ^^)

世界遺産以外にも多々の観光地がありますので、機会が
あれば是非、行って見て下さい!

      (冊子 プノン参照)
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2019/01/17(Thu)
※カンボジアの犬や猫

殆ど放置されている為道路や市場内にも平気で入ってくる・・
その上子犬が少なく、大抵は大きい雑種の犬たち。
数えられない程あちこちにいる・・(@_@;)

食事は何処ででも誰もが与えるから・・かなり体格も良く傍を
通過するだけでも「ドキドキ」してしまう!

薄汚れ毛並みもぐちゃぐちゃだから触る事など絶対できない。
それでも人間に歯向かう事は無いのですが・・(;^_^A

    ▼今の所は見たことが無い▼

昨日も数匹の大型犬が市場内の通路を悠然と歩いている所
に出合い・・暫く通り過ぎるのを待ってから歩きだした。

家の並びにもう数週間は経つのですが子犬が3匹貰われて
来たようで・・それが悪戯で追いかけてくるので毎日嫌で
たまらないし、凄く鳴くので煩い・・(-_-メ)

猫たちも沢山いて大声で、酷く高い声で牽制し合っている所
を何度も見かける。でも、猫は走るのが早いから・・一瞬も
傍に来ない。

狂犬病などの注射は皆無だからやはり・・大型犬でも小型
でも恐怖です・・( ;∀;)

家で繋がれているのは以前に噛んだ経験がある犬なのか?
裏の犬は遠吠えばかりで・・何かを知らせているのかしら?
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2019/01/16(Wed)
※すっかり変貌した市場・・

先週から毎日、警官が数人。土、日は10人近い警官が居て
早朝、店が開店する時間からずっといるのです。

確かに、露天商は全ていなくなって・・店を構えている人
だけになったから・・見た目は道路の傍に大きな市場が
デーンとある感じで、市場前は大きな駐車場になって・・
嘘のように様変わりした・・Σ(・ω・ノ)ノ!

ただ、毎朝のように露店で揚げ物を買っていた小母さんや
仲良くなった肉屋のお姉さんたちは何処へ行ってしまった
のか・・?寂しい限りです。

声を掛けてくれていた人達もバラバラになり市場内に入った
店は以前いた人よりも外から入り込んだイスラム系の人と
クメール人の見知らぬ人々が多くなった・・(-"-)

    ▼酷く買いずらくなった・・( ゚Д゚)▼

道路を通過する度に大きな警笛で注意されているバイクや
自転車の人々は・・わざわざ2Fまで置きに行くから面倒
らしい!

また、2Fの店は地面にそのまま野菜や果物などを並べて
売っている・・( ゚Д゚)

テーブルや台があった方が余程衛生的に見えるのだが!

2Fではパン屋しか利用しないが・・彼女は大きな籠に
熱々を入れて台に載せ自分も台に座っているので一際
目立ち・・判りやすい!

大蒜だけを売っている店や野菜も地面に数種類だけしか
売っていない店が多い・・(-_-メ)

洋服などはシートの上にビニール袋からシワシワになった
中古の服を出している光景に遭遇して・・((+_+))

     ◆全て変わってしまった市場です◆
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2019/01/15(Tue)
※カンボジアの生活・・

家の中では息子と2人だから勿論日本語で話す・・ふふふふ
まーそれは当然のことですが・・いざ、1歩外に出ると全てが
そこはクメールで、クメール人の中に突入する・・

         ▼当たり前の話ですが・・( ;∀;)▼

何もかも違うことに戸惑いや苛立ち、不満があって・・時折
「どうしてここに居るのだろうか?」などと考える日があり・・
自分を喪失する時がごく偶にあります・・(-_-メ)

それでも、朝、太陽が真っ赤に燃えて昇ってくる光景を・・
洗濯を干しながら・・「これでいいのよ!」自分で選択した
道なのだから何て笑っている自分もいます・・(#^.^#)

人は弱いけれど・・強かさも同様にあり・・その年代で
思考も変化しますが・・時にはそんな事を思う日もあり
生きていくことの難しさや面倒なことの多さに押し潰され
ることもありましたねえ!

でも、幸いにしていい出会いが多かったのと強運?の
せいでしょうか?余り真剣に悩む事もなく暮らしが成立
しているのは【慣れ】でしょうか?

生活習慣が異なることへの不平はないのですが・・何
かが日本とは違うその異物を飲み込む時、「ふっと」
そんな考えが過ります・・(*'ω'*)
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2019/01/14(Mon)
※カンボジアの魚は干物・・

平均気温が年間を通じ27、8度と言うこの国はご存知の
様に『雨季』『乾季』が割合はっきり分かれています。

現代は異常気象のせいでしょうか?少しづつズレている
感じも否めませんが・・( ゚Д゚)

暑さの時期は40度を超える日々が続きますが・・今は
観光にも生活するにも一番良い時期です。

『乾季』の間は魚(川魚)の捕獲が少なく・・殆どが干物
で〔トレイ・ンギアツ〕は特に高濃度の塩水で長時間を
掛けて干されている為常温保存が可能だと言います。

また、糠ではなく米本体を漬け床に使用して発酵させた
〔ブオッ〕や〔マム〕は乳酸菌の働きで腐敗を防ぎうま味
を出す食品も沢山あります。

何処の家庭でも何種類かは家庭の味として準備されて
いるのが普通みたいです。

正直発酵食品の臭いが強くて中々手が出ない・・(-"-)
同じような味付けになっているのが事実かな?

ただ様々な野菜をできるだけ食する様にしています。
尤もすべて加熱が必要ですが・・(@_@;)

魚は秋刀魚などの、冷凍食品が多く解凍してフライや
天ぷらで食していて、我が家の魚はすり身を利用して
焼いたり揚げたり蒸したりしています。

ただ、生臭さが取れないので香草類は数種類一緒に
入れて臭いを消して使っています・・( ;∀;)

発酵した味噌のような練り物を少し入れると美味しいと
言われるのですが・・苦手なので香草ばかりです!

     (冊子 クロマー参照)
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2019/01/13(Sun)
※カンボジアの路上カフェ・・

この国でもそうですが・・道路の至る所にあります。
名前はカフェですが単に路上に低いテーブルと日本
で使用するお風呂椅子を並べただけの路上の店で
す・・( ;∀;)

それでもお馴染みさんやご近所のお小父さんや・・
お爺さん達で週末は賑わっています・・男性の社交
場所となっている感じでしょうか?・・( ゚Д゚)

その中には客待ちのバイクタクシーやチェスをする
人、お喋りに興じて笑っている人など様々な人生が
垣間見ることが多々あります。

ステンレス製の低い折り畳みのテーブルには中国
風?のイラストが描かれたかなり古い急須があり
その横には小さなグラスとひっくり返されたグラスが
置いてあります。

長年使用してきたテーブルも急須もグラスも全てが
歳月を感じさせる。

中国茶をより濃密に香ばしく美味しく飲むために代々
継承されてきた飲み方だそうです・・(^^)

カフェと言えばコーヒーを想像するのですが・・この
様な店は中国茶が多いそうです。

どうも、昔は中国系カンボジア人が住んでいたらしく
中国から移住してきたご先祖からの伝統だと・・
言われて、今も繁盛しています。

女性の姿は殆ど無くて見た事がありません・・(-"-)

        (冊子も クロマー参照)
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2019/01/12(Sat)
※カンボジアの家・・

京都の町屋のようにウナギの寝床とでも言いますか?玄関
は道路沿いにあり、鉄の格子戸がどの家にも付いています。

店をしている家は玄関にはシャッターがありますが・・
大抵は鉄格子が互い違いに作ってあり・・空き巣や泥棒は
入りにくい構造です。

明り取りの窓は嵌め殺しになっているし・・窓にも鉄格子が
嵌められています。

これはベトナムとは全く違うと思います。その鉄格子の中は
かなり広くバイクを置く場所もあります・・(#^.^#)

玄関の多分2m以上はあるドアー(これが雨季、乾季で膨張
したり収縮するから重くて・・中々開けられない)日もあり
ほとほと困りました・・( ゚Д゚)

中は想像以上に広く、玄関に店を出している家は奥の半分
と2Fが寝所と生活の場所になっている家が多い様です。

最も大きな家ばかりでは勿論ありませんが・・( ;∀;)

その場所で商売をして、家は別にある富裕層も、多々あり
ますし、道路脇には未だ未だ空き地が茫洋たる形で残って
いたりします・・Σ(・ω・ノ)ノ!

半分位できた感じの家も未完成のままだったり廃屋になって
いる場所もあちこちにあって・・未だ未だ未開の土地だと
言えます。

ゴミを川と言いますか?溝に投げ捨てるから汚濁されていて
かなり汚く・・異臭もします・・(-_-メ)

出来るだけ川の無いところやゴミの山は避けて住んできました
が2月の引っ越しは何処になるか今、思案中です。
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2019/01/11(Fri)
※人間の数だけ・・

人には、様々な環境や生き方がそして、暮らしがあります。
国も違えば風習や習慣、食事の仕方まで・・とても想像
できないことばかりです。

相手国から見れば外国人だから自国に倣えと言うのかも
知れませんが・・日々が楽しい生活では決して決して
ありません!

だったら「どうして他所の国で暮らすの?」と言う声も・・
ありますが・・私的には気候が持病に合っていて・・とても
元気で病院通いをしなくても良いと言う条件だけで住んで
いる感覚があります。

日本が優れている事も日本人である矜持も、勿論負けない
位に持っていますし理解できている積りですが・・(#^.^#)

それでも四季があり美しい日本の変化には私の身体が追い
付かず・・長年病院通いをして・・沢山の薬を飲んでいた。

しかし、今は色々な変化に動揺しない為、夜ちゃんと眠れる
意味で・・この国で安定剤を購入して飲んでいるだけです。

日本では7、8種類の薬が必要でした。なのに、今は嘘の様に
元気で早朝4時起きが可能になっています・・(*'▽')

人には各々異なった生き方や時代の流れ、文化、価値観など
が違っています・・

それらに併せて行かねばならない道を私は選択しただけで・・
これが正鵠な回答であるとはとても断言ができずにいます。
しかしながら、また間違っていたとも言えない気がします!

まーいづれにしても、そう長くない一本道・・そして、辿り着く
所が決定されているので幾分気持ちは楽です・・ふふふふ

余り、面倒でややこしい事は老化した頭脳には合わないし・・
思考するのも面倒なので・・大きな波の中を、他国の流れに
単純に押し潰されないように暮らしているのが現実です。

数多の恥もかき、何を言われているのか?気にならない事は
ありませんが・・そんなことはどうでも良くて・・自分が一番
大切で健やかに一日が終る事だけを願った生き方です・・(^^)

酷く贅沢ですが・・そこまで考えるには時間が必要でした!

それでもその道を選んだのですから、軌道修正をする気には
なれず・・何とか生きてみようかな・・と思っている今日この頃
です。
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2019/01/10(Thu)
※珍しくお客さんが来た・・

息子の仕事仲間だった人たちが急に集まることになった。
最初はお昼ご飯という話だったが・・途中で1人が仕事が入り
夕食に変わった・・('Д')

夜の弱い私は正直「参ったなあ」と思っていたのですが・・
遅れてきた人の話に盛り上がって時間が経つのを忘れた。

丁度40中半の人でしたが・・あの大きな内戦で両親を失い
村の中は機雷がそこここにあって・・彼はプノンペンに
逃げたそうです。

たった6歳で僧侶になり20年間お坊さんをして暮らしたと・・
佛教大学も出ていてかなりのインテリでした。

今迄この国では{タブー}とされていた内戦の話は心を揺さぶ
るものがありました・・Σ(・ω・ノ)ノ!

でも、あまりそのことには触れずどうやって生きて来たか?
の話が多かったですが・・余程辛く逼迫した生活だった事
が伺われて・・感動しました。そして、その殺戮のむごさに
心中おぞましく・・心が乱れましたねえ!

大抵の人は話さないようですが・・彼は要所だけを取り出し
少しだけ話してくれた。貴重な体験を聞いた思いでした!

日本食の天ぷらが食べたいと言うので(それも野菜をどう
料理するのか?)見たこともなかったようで・・我が家で
1番の大皿に人参、さつま芋、玉ねぎ、エリンギ、茄子・・
隠元豆、かき揚げこれは玉蜀黍と干しエビを入れた)
もう少し何か造った気がするのですが・・ふふふふふ

山盛りにして出したが・・瞬時に食したらしく失くなっていた。
後は豚肉にもやしを巻いて嵩増し、大きくして焼いた。
味はケチャップ、牡蠣油、塩、胡椒、チリソースで味付けし
半分に!カットしてだした。

食べるのが早いので次々と造らねばならなかった。3時半
には下準備をしていたが・・( ;∀;)

後は魚のすり身を香草と卵、小麦粉を混ぜて焼いた日本
のハンバーグ的な感じでしょうか?
これも割合大きく5枚出したのだが・・(-_-;)

そのあとは玉蜀黍と卵のオムレツを造ったが、男性の食欲
には仰天した・・(@_@;)

でも、気持ちよく帰ってくれて・・安心した。

5年前、初めて来た頃は沢山の日本人の若者が集まって
食事会をしたものでしたが・・すっかり忘れていた感覚を
取り戻した1日になった・・殆ど何も残らなかった・(;^_^A
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2019/01/09(Wed)
※近辺の生活が・・

あれほど大変だった市場外から市場内に移動する作業は
どうなるのかと思っていましたが・・民族大移動の様で
したが漸く落ち着きが見えてきた気がします・・( ゚Д゚)

1か月近くになるとそれも少しずつ平静を保って来たのか
も知れません・・(-"-)

何処かで諦観もあり、慣れてきた感じを受けます。
毎朝食べる熱々のパン屋が2Fに上がったので・・階段を
上下するのは正直大変です・・( ;∀;)

たかが20数段でも大きな建物の階段が結構長く上がり
切るまでかなり、疲れています・・やれやれ・・

下は狭いスペースで同じ職種の店が1列で並び対向する
様に、乾物や、野菜やが対面式で並んでいる。

その通りが2か所あって、探すこともなく客側では求める
のは楽になった分、どこがいいのか見当がつかないのが
難点です・・(;^ω^)

まーそれでも日々、生活していると慣れるものです・・(^^)
それが普通になってきています・・不思議ですねえ!

日本でも新しいショッピングモールなどが出来ても・・
見知った名前の店に入り買い物をするように・・徐々に
そうなって行くのかも知れません。

市場周辺の道路は完全に空地になりました。

昨日も警官が警笛を何度も高く鳴り響かせてバイクの
駐車や乗ったままでの買い物する客に警告していて・・
8人もいる警官と言い争いしている男性も数人見かけ
ました・・(-_-メ)

やっぱり、日本人には理解できない感覚で・・国民性
でもあるのだと思いましたねえ!

それでも、ヴェトナム人よりかは大人しいのですよ・・
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2019/01/08(Tue)
※寝具店・・

日本ではベッドのマットレスなどは大型店でしか取り扱う事が
余り、無い気がしていましたが・・

東南アジアではベッドの生活が主軸でどこの家庭でもベッド
の生活が普通です。

尤も低所得者や貧困家庭ではベッドを置く場所が無いから
地面に莚を敷きその上で寝ている人やハンモックで寝ている
人々も見かけます・・('Д')

まーそれでも、この暑さの国だから大丈夫なのでしょうが・・

赤ちゃんは殆どがハンモックで寝かせています・・個人的に
は子供と離れて眠ることなど有り得なかった時代でしたから
もしもの事があったら?と案じたりもしましたが・・( ;∀;)

     ◆それが当然みたいです・・(;^_^A◆

さて、寝具店は市場の中にもありますが、マットレスが大きい
から外の店が多く、中で買えるのは枕やシーツ、カバーなど
クッションもあり、ビニールの袋に入ったのが積まれている。

ただ大きな店は下から天井までマットレスが積んであって・・
それは壮観です・・Σ(・ω・ノ)ノ!

大きさも大抵はダブルかキングサイズなので場所を取る様
で広い敷地が必要です。日本の様に1人用は先ず無い!

ベッドは枠組みだから並べてありマットレスの高さもまちまち
でふかふかの物から薄い物迄種類が多々あります・・('ω')

買っている人を1度だけ見たことがありますが・・それは店に
取っては大変な事で店員の数人が客の指定するマットを取り
出す場面は凄かったです・・(@_@;)

このように大型の寝具店は少し離れた土地で販売しているの
が通常です。
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2019/01/07(Mon)
※今、流行の兆しが・・

ヴェトナムではタクシーがすごく多くて人が集まる飛行場や
デパート、ターミナル、市場前では競い合ってタクシーが
並んでいたのを覚えています・・(*'▽')
そして、タクシー会社も数多有りました。

早くからタクシーは当然のように利用していました・・('ω')

ところがこの国に再度来た時から少しずつ気になっていた
ことにタクシーが殆ど無くて・・それに代わるトックトックが
何処にでもあり・・並んで客待ちをしています・・('Д')

それが最近は昔、日本でも流行っていた小型の3輪トラック
がメキメキと頭角を現して・・あちこちで見かけるようになり
吃驚しています・・Σ(・ω・ノ)ノ!

今まで見たこともなかったのですが今年に入ってからは急に
多くなり、タクシーの代行で走っています。

未だ乗ったことはありませんが・・可愛い感じでトックトックを
自動車にしたようです。勿論、雨の時は締め切るのでしょう
けれど・・トックトックよりも雨には強く頑丈みたいです。

それらが大型バスやトラック自家用車に交じって走っている
姿は面白く可愛くさせ見えます。

燃料はガソリンではないとの話ですが・・少し割高らしく乗って
いる人も観光客が多く、地元に寝付くのにはしばらく時間が・・
掛りそうです。
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2019/01/05(Sat)
☆本日はヴェトナムの話を・・

この暑い国でも年末から新年に掛けて気温が急激に下がり
ました・・( ゚Д゚)

肌寒さよりも寒い程でした・・21度前後で太陽が顔を出して
いる間は27,8度位まで上がりましたが・・それでも朝晩
上に羽織るものが必要でした・・Σ(・ω・ノ)ノ!

さて、本日はヴェトナムに昨年できた日系人経営の店が出
している{炭酸シャンプー}についてのご紹介です。

普通のシャンプーでは落としきれない汚れまで綺麗に取れ
頭皮を若返らせ、健康な状態を保つことができると言われ
多くの人たちから賞賛されているという話を聞きました!

炭酸内の二酸化炭素が皮膚を通して毛細血管に入り込む
と血液中の酸素濃度を上げようとして血管が広がる。

その結果、頭皮の血行やリンパの流れが活発になると言う
のです。これは雑誌にも掲載されていたので・・本当だろう
と思いました・・(^^)

また、頭皮のたるみや顔全体のリフトアップにも繋がり若く
なれるとも書いてありました・・・・(#^.^#)

使用法は炭酸シャンプーを使って何時もの通り髪を洗った
後は三分程度置いて流す方が効果的で週二回程度が良い
そうです。

知り合いに教えられ、又、冊子でも読んだものですから・・
ご存知の方もいらっしゃるかもですが?書いてみました。

       (ヴェトナムスケッチ参照)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2019/01/04(Fri)
※屋台の店が無い・・

州の新条例なのか?国策なのかは理解できないのですが・・
急に昨年末に市場の前で営業をしていた屋台の店が全面的
に禁止された。

ベトナムでは随分以前にこう言った光景が見られ・・公安が
突然やってきて、あちこちでそれらの屋台の荷物をトラックに
積み・・一掃して行った記憶が何度も何度もありました!

   ▼それが今この国で行われている感じです!▼

ベトナムと違うところは無理強いしない事でしょうか?
警官の警笛で警告を発し・・右往左往する屋台の小父さんや
小母さんが店を畳む様子を見ていたことでしょうか?

いずれにしても立ち退くことは事実でした。そして1週間程度で
全て撤退され・・市場の中へ強制的に入れられたのが現況。

それにしても隣人が誰なのか?所謂(くじ引き)の様にして決定
されたそうです・・('Д')

だから、長年仲良く市場前で屋台を開いていた人々の戸惑いは
相当で若い人は直ぐ慣れたようですが・・

隣人の人とは余り上手くいかない人もいて・・時々言い争って
いる姿を見かけます。間違って隣{境目が無い}の商品を持つ
と「それは違う」と言われる・・( ;∀;)

また大きな札を出すと今迄は誰でも持っている人が交換して
くれる様子を見たのですが・・最近はそう言う雰囲気もなくて
肉やは肉やで端から端まで一列全部肉やが続く。

野菜やもズートそうだから何処までが店の境界なのか?
見当が付かず買いずらいです・・(;^ω^)

ま、その内慣れるのかもと思いますが市場内にはイスラム系
の人が半数近くに激増した・・Σ(・ω・ノ)ノ!

中国人は大きなスーパーを牛耳っている感じの現実でホテルも
レストランも観光客も殆どが中国人へと変化しました。

とても不思議な光景に変貌して来ています・・( ゚Д゚)
この記事のURL | カンボジア | CM(2) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2019/01/03(Thu)
※何も変わらない生活が流れて・・

新年を迎える行事はあったものの・・この国とは全く異なる
日本の(お正月)など関係なく日々が暮らしが過ぎて行きます。

とすると、不思議なもので・・その流れに乗って(お正月)気分
をすっかり忘れて生活しているんです私・・('Д')

数年前は脳内で日本的な感覚が刺激されていて・・お餅などを
買って持って来ていたのですが、それも無くなって、お花さえも
今年は亡夫の前にはありませんでした・・Σ(・ω・ノ)ノ!

   ◆元旦が明けて気が付いた次第です‥(;^_^A◆

それほどこの国の習慣や生活に慣れてしまったは事にかなりの
驚愕を覚え・・ちょっと寂しい感覚が過りました・・(-_-メ)

亡夫や亡くなった人々に申し訳なく暫し遺影の前で拝んでいた
のですが・・忘れるほど年月が経ったことでもあるのかな?

1日は何時もの店も休んでいて商品を探すのは大変でした。
でも、昨日はそう言うこともなく早朝より賑やかで・・何時もの
顔がそこにあり安心しました。
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2019/01/02(Wed)
※1月1日の街中を偵察・・

朝はかなり冷えて21度位でした。この国では25、6度でも
肌寒さを感じるのですから・・個人的にも冬用の服装でした。

身体がすでに常夏仕様になっているのとー痩せているので
身に染む感じがしておりました・・!(^^)!

元旦だからお昼はレストランでと思い息子と出かけました!
観光客でごった返していたメイン道路が工事中で車が渋滞
して思うように通過できない有様でした・・('Д')

ま、何とか店を見つけて入ったのですがイタリアンの店の
中はガラガラでした!外を歩いている観光客は入る事もなく
ただ冷やかす程度で土産店も人の数は少なかった。

レストランでは厨房がガラガラでリクエストしたピザを造る人
がいないとかで・・(+_+)
食べ損なってしまいがっかりしてワインとビールを飲んで店
を出ました!

スーパーで欲しい物を買って・・家で飲み、好みの物を造る
ことにして買い物をして帰宅。

夕方まで2人で飲んで食べての1日になりました・・うふふふ
異国の正月2人揃う事は珍しく(大抵は息子が招待で留守)
何年振りかの賑やかな新年を迎えられました。

そう言えば大晦日は街中でカウントダウンが狂乱した様子で
若者で盛り上がったそうです・・Σ(・ω・ノ)ノ!
何処の国も同様になってしまった気がしました・・

花火もお粗末なほどの威力と10分程度で終わって悄然と
しました。貧弱な花火でした・・(-_-メ)

我家は2F建てで半分しか見えずこれも愕然とした事実で・・
それでも、若者にとっては《特別の日》なのだと改めて感じ
ました。

早朝熱々のパンが食したくて市場へ出かけたら昨夜のお疲
れかしら?半分ほど開店していなくて、うろうろと探し回った。
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2019/01/01(Tue)
※  ≪新年明けましておめでとうございます・・(*'▽')≫

異国で迎える新年は10回ほどになりました・・
今だに年末や新年を迎える準備をすることがないせいで
ごく通常の時間の経過なのですが・・(;^ω^)

矢張りこの国に来る前の数年間東京で暮らした生活や
札幌生活が日本人としての心を残しているようで・・
時々『郷愁を感じる!』こともあります・・ふふふふふ

まー歳のせいでしょう・・
自分で選択した生きる道です・・今年も生ある限り頑張り
たいと心密かに願っています!

皆様にとって素晴らしい年になります様に異国から祈って
おります。ご健康でいて下さいませ!

  {今年もよろしくお願い申し上げます・・m(__)m}
この記事のURL | カンボジア | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン |