FC2ブログ
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/10/30(Tue)
※1週間一時帰国・・

一寸疲れています。『乾季』に入り暑くなりました・・( ^^)
そのせいでしょうか?夜中に目覚めて眠れなかったのです!

結局は午前4時半を大きく回って寝坊しました。
今日は忙しいのでご連絡のみです。

明日から日本へ帰ります。と言っても1週間程度です。
暫く休ませて頂きます・・m(__)m
スポンサーサイト



この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/10/29(Mon)
※カンボジアの自動車・・

プノンペンでは想像以上の車の洪水ですが・・実はその90%が
中古車だそうです・・\(◎o◎)/!

カンボジアに住んだ頃から車が増加して・・ベトナムよりも多い
かも知れないと思っていました。

所が日本の高級車なども走っていますが、一部は米国の保険
オークションで落札された〖事故車〗である事をご存じですか?

米国から輸入された車はプノンペンや都会の青空市場で売買
されています。

また、日本では廃車同様の車も高額な値段で取引されるそう
です《日本製は性能がよく長持ちするから》

時々ドアーが無かったりトランクが閉まらない車が走っている
のを見かけ吃驚します・・(@_@;)

中古車のメンテナンスがどのように行われているのか?見当
もつきませんが走っているのだからいいのだろうと言う感覚
に思えます・・(^_^;)

日本の業者はメンテナンスに力を入れている様で人気も高く
信頼されていると言われています。

              (冊子プノン参照)
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/10/27(Sat)
※『乾季』に入った感じです・・

この数日朝は黒い雲に覆われていますが少しずつ晴れ間が多く
なって多分『乾季』に入った気がします・・( ^^)

気温が上昇すると洗濯物の乾きが早く、個人的には凄く仕合せ!
まーそれでも、未だ気温は33度前後ですからちょうどいい気温と
言えます・・(*^^)

本日は観光地へ行く時の瑣末な注意事を書いてみます。

①アンコール・ワットなどの遺跡見学には服装規定が一応あります。
暑いので、ショートパンツやキャミソールなど肌を露出させた服装は
避けた方が良いと言われています。

また、傾斜のある階段を何段も昇るので・・靴はスニーカーや履き
慣れたものがいいと思います。

②オプションを選ぶ時の時間帯ですが・・日の出、日没には観光客
が集中しますので・・落ち着いて静かに鑑賞したい方はその時間は
避けた方がいいのでは?

③アンコール・ワットの午前中は正面が逆光になるので・・この事も
ご一考下さい。好みの時間帯と鑑賞シチュエーションに合わせて・・
選択して頂けるといいかと・・(*^_^*)

④ルート
アンコール・遺跡群と言われるように大小凄い数があります。主要な
遺跡を見るだけでも2日は掛ります。効率よくそして、沢山鑑賞をして
頂けると嬉しいです。

最近は中国人の観光バスばかりが市内を通過していて、日本人の
観光客は本当に少なくなりました・・(^_^;)
一時期の賑わいはすっかり姿を消した感じです・・残念ですが!

              {カンボジア冊子参照}
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/10/26(Fri)
※〖カンポット〗・・

首都プノンペンから4時間弱移動すると着く街で、海辺の観光地と
しても有名です、

そこから『ケップ』という街までは30分足らず。ここも観光には素敵
な街です。また外国人が好むと言われる《シハヌークヴィル》にも
も近い距離にあります。

この街は胡椒の産地として国内外でもよく知られています・・( ^^)

川沿いの穏やかな地方都市ですが、街中から汽船に乗って午後
出発、悠々とした景色を眺め上流に向って進んで行くと、船は程
よい地点で停泊。

他の観光客とともにコンポンパイ川に飛び込んで泳いだりシューノ
ーケルで遊ぶ事ができる。

暫く停泊すると周囲はすっかり夕暮れの中に誘われて街中に戻る
頃は夜の闇へと変貌しています。

この街は豊かな時間と幾つにも重なった雄大なポコー山の色彩の
美しさが見事な光景として現れます。

悠久の刻を大きく流れた過去と幽玄な山々の佇まいはプノンペンや
シェムリアップとは違って格段の差があり絶景です。

今日は途中まで書いたら・・停電になってしまいました・・(-_-メ)
また何時の日かご紹介します。

        [カンボジア・スケッチ参照]
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/10/25(Thu)
※漸く完成した下水道・・

ずっと工事が続いていた下水道工事がやっと完成して、堀り起こ
された土も中に埋められ、その後はアスファルトで固められるから
通過し易くなった・・(-.-)

両サイドを仕上げるのに片側から順番にするので、中々進捗する
事がなくて長い日数が掛けられた感じがします。

まーそれでも道路はそろそろ『乾季』を迎えるので・・通るには楽に
なったがとにかく土埃が酷くて困ります・・(--〆)

その都度、屋台の小母さんたちはぎりぎり迄商品を引き込めたり・・
殆ど何日も自分の屋台を動かしていたが、これからは安堵して商売
に精を出すことができると思います。

蓮の花の蕾が最近、少しずつ開花している姿を見かけるので上手
に開きかけた花を採取してくるのだなぁとばかり思っていたのです。

しかし、それは違っていて・・蕾のままを1枚づつ慎重に優しく剥いで
いる姿を見た時は一寸吃驚しました!凄く淡くて綺麗なピンクになる
からです・・\(◎o◎)/!

また、プルメリアの花を串刺しにして10個位でしょうか?毎日売り歩く
人がいます。先頭にはカトレアの小さな紫の花が付けられ香りも素敵
でよく売れています。

これは玄関や部屋の中にある日本で言えば仏壇の様なところに何本
も差し、線香を立てる感覚で供えます。
殆どの家庭で行われている日々の習慣です。
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/10/24(Wed)
※近頃の市場では・・

近くにと言っても歩いて行ける距離ではないが・・大型スーパー
が出来て、週に1回程度は買い出しに出かけるようになった・・(-.-)

特別に安価ではないが種類が豊富なので・・色々選択できるのが
嬉しいと思っている。

市場で買う物よりも安全だし衛生的だから・・(*^_^*)肉類なども
蠅が集っているのを手で払いながら購入する事もなく、パック詰
めが買える。

市場の方が野菜は矢張りかなり廉価です。でも、氷の中に入れら
れカチカチになった野菜の上部だけを剥ぎ、それに水をかけて店
に出す。

この暑さの中ですから直ぐに元に戻っている感覚が面白い。
果物やでは今は【柿】が山盛に売られています・・( ^^)

最初は【柿】だと解らなかったのですが・・今はすっかり慣れた。
そろそろ、蜜柑の季節で小型の蜜柑が出回り始め店頭に山積
され並んでいます。

野菜やでは葉物は生で食せないからレタスもセロリも店には無く
スーパーで買わねば手に入らない。
それでも生では誰も食さないから・・多分、レストラン関係者かも?

早朝の市場では野菜やから遠方の店の人が購入に来るので・・
私など少ない量の客はずっと後回しにされる・・(-"-)

バイクに乗せられるだけの野菜を買いそれを自宅で売るみたい。
そんな客が多いからパンやも一瞬で100個位は無くなっていく。
屋台を出している人が買い占めるからです・・(--〆)

相当早く行かねば個人では購入が難しく・・時々7時前に行くと焼き
立てで触れない熱々のパンに出会う・・( ^^)

そんな時は5個以上買う事もあるが・・大抵7時には既に売り切れて
いるのが普通です・・(-_-メ)
この記事のURL | カンボジア | CM(2) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/10/23(Tue)
※クメール料理のご紹介・・

◎ミーコーコア、ミーコーカォ?と言います。

これは日本のシチュウーに似ています。トマトをベースにした
物ですが・・日本の味よりかなり酸味が強いです。

日本のビーフシチューと違うのは牛の肩骨、アキレス腱などの
部位がふんだんに使用されている事でしょうか?

それらから出るコラーゲンの旨味は絶品です・・( ^^) 物足りなさ
を感じないほど充実した味わいに仕上がります。

作る過程で使用するハーブの種類も豊富で付け合わせに用意
されるホーリーバジルや鋸コリアンダーの食感が統合されて・・
相性も良くシャープな仕上がりになります。

それに紫玉葱(凄く小さいの)を生で輪切りにして載せる。
シチュウーの旨味に鮮烈な辛味が口の中をくすぐる食感です。

これにライム(この国ではレモンといいますが・・)を絞って入れ
るとシチュウーのコクに包まれ、まろやかでフルーティな味わい
に変化します・・(*^_^*)

これに麺を入れて食しますが好味はありますが米粉より小麦粉
の方が合う気がします。

          {クメール料理の本から参照}
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/10/22(Mon)
※最近思うこと・・

正直、この国に再度上陸した時は・・ここで骨を埋める覚悟でした。
だから、終活も全て済ませスーツケース1つだけの処分に何10年
という歳月が生み出した{生きていく為に必要と勘違いしていた物}
との惜別でした・・ははははは

所がこの国で生活し始めると身体的にも凄く元気になったのです。
血圧、心臓の持病も何処かへ飛んだのか?不思議に凄く快適な・・
生活が出来ています。

平凡に1日が明けて1日が過ぎて行くことの私の人生の終末期は
≪ミラクル≫と感じながら感謝し、日々が普通に過ぎて行く感覚が
嘘のように思えてなりません・・(*^_^*)

            ☆幸せで嬉しい誤算でした☆

本当に有難く・・何処も体調が悪くなく身体も動いているんです。
今にも駄目かと思っていたのですが・・信じられないほど・・当り前
の暮らしが流れています。

勿論、高齢ですからあちこち痛みやつらい事も数多ありますが・・
そんな事は大きな波動の微細な部分でしかありません・・( ^^)

人生の不思議を感じて亡夫や先に逝った先人たちの心を受け継ぎ
生かされている現実を≪奇跡≫と感じる昨今です。
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/10/20(Sat)
※アンバランスな感覚・・

この国はと言うよりも発展途上の国では何でも流通が激しく動き
新しい物や流行が一早く登場します。

未だインフラ整備の最中なのに・・地方は遅れているのが事実!
都会では殆どが水洗トイレになり、シャワーもごく普通に使用可能
ですが・・

そして水道水も何とか汚染だけは免れ、あの黄色い汚濁水は漸く
無くなったが・・(-"-)それは未だ都会だけのことです。

今も井戸水の利用者も多く、甕に雨水を貯めてそれで洗い物を・・
する家庭も多々あるのが現況です。

そんな現実に先日、国道沿いにスポーツジムが完成した!
今は珍しさも手伝ってか?富裕層や外国人が土、日には道路に
向けられたマシーンで頑張っている男女を見かける・・(@_@;)

とてもチグハグで普段の日は殆ど開店休業状態なのに、休日や
夜は割と入っている感じです。

外からしか見た事がないので奥までは解らないが、この国の資本
ではなく中国のオーナーだと聞いた・・矢張りです・・(-"-)

健康に気遣いするよりも、先ず食べて行くのが先決の国なのに・・
娯楽は一応何でもあるみたいです・・(*^_^*)
カジノもありますし、サッカーも結構盛んです。

街の公園ではお寺参りの人の横で中国人が太極拳をしている姿も
見かける・・

皆それなりのライフスタイルがあるのかも知れませんが先ずは足元
からでは・・と・・つい思ってしまいます。
この記事のURL | カンボジア | CM(2) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/10/19(Fri)
※カンボジア・海底ケーブル開通・・

本日も《プノン》と言う冊子で面白い記事を発見しましたので
引用しながら感想も少し書いてみます。

海に面している東南アジア諸国で唯一海底ケーブルを所持して
いなかったカンボジアですがついに昨年開通しました。

タイとマレーシアの3国を結ぶ事ができるようになったそうです。
これはマレーシアのテレコム、タイのシンフォニー、カンボジアの
EZECOMの子会社テルコテックの3社によるものです。

通信規制が比較的に緩いカンボジアでは最近話題になっている
lot関連の膨大な情報量を処理するためにも、この海底ケーブル
は通信改善の大きな救いとなっていると言われています。

ベトナムに住んでいた頃は携帯が出初めていた頃で誰もが未だ
持っていないのが普通でしたが・・あれから考えるとカンボジアの
Wifiの普及率はベトナムより早く大勢が携帯を所持していた記憶
があります。

現在、我家はWifiを接続させていますが街中では何処でも使用が
可能でネットも凄く盛んです・・\(◎o◎)/!

今は少し治まりましたが・・再度来た頃は携帯やの多さに仰天した。
もーずーと30軒くらい隣り同士や向い側に携帯やがありました。

最近は少し減っていますがそれでも市場へ行く道の半分は携帯と
中古、外国のスマホの店ばかりです・・(@_@。
この記事のURL | カンボジア | CM(2) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/10/18(Thu)
※カンボジアの教育・・

これは以前にも少し書きましたが・・詳細が記載されている本
を発見したもので・・一部分引用させて頂きます。

カンボジアの教育制度は日本と同様で6,3,3,4制です。
最初の9年間は義務教育として無料で受けられる事になって
いますが・・?

ただ家庭の事情(子供は親にとっては働き手であるため、又は
幼い子供の面倒を見たり、親が働いているので家事をしたりと
子供は忙しい生活を送っているのが現実です。

通学が段々難しくなって・・(-.-)周辺の子供たちも小学校までし
か行かない子供が増加しています・・(・_・;)

退学や留年が続くと様々な問題が起き、勉強自体も連いて行け
無い問題が出てくるからです。

その上大抵の学校は午前授業と午後の二部制で午前は朝7時
から11時。

午後は1時から5時までの4時間と言う慣習もこれも子供達や親
の立場からすれば面倒なことなのでしょう・・(-"-)

その理由としては大きな内戦の後、学校や教師不足が重なった
原因だと言われています。

特に教師不足は著しい現象で、教師の地位や給料の廉価さから
大きな社会課題となっています。

不足する授業を補うために塾に通う中学生も多いそうです。
何故なら{卒業試験}があるからで、教師は空いた時間には大勢
アルバイトとして補講をする人が多いのが事実です。

体育や芸術関係は施設や教師不足で殆ど行われていないのが
現況です。

街の中に子供が溢れている感覚もあり・・幼い子供が家事をした
り店の手伝いをする事は当然のことの様です・・(@_@。

見ていて痛々しい感じがしますが、ただ、子供が明るく人懐っこい
のが救いです
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/10/17(Wed)
※お酒のつまみとして・・

この国に再度来た時は1年半前でしたが・・周辺はすっかり変貌
して・・立派な市場ができていました。

尤も以前の市場は火事で全焼したとかで数年後、新しくなった様
ですが・・

今はまたその市場を囲むようにして周囲は小さな屋台が立ち並び
肝心の立派な2F 建ての市場が隠れるようになってしまって・・
何処からが新しい市場か?解らない現状です・・\(◎o◎)/!

客たちも中には殆ど入らず周囲だけで買っています!
この市場へ通い出して4年になりますが、驚いた事にお酒のつまみ
が急激に増えたことです・・(@_@。

若者は殆どお酒は飲みませんが中年になると大方が飲むみたい
で夜の街を(滅多に出ませんが・・)走っているとお酒を飲んでいる
小父さんたちに遭遇します・・( ^^)

屋台では蛙の皮を剥いて串刺しにした物が人気です。牛肉の巻い
たのや、豚肉、鶏のモモ肉など串刺しやワシ掴みで食べれる物が
多いです。

後はアヒルの丸ごと焼いたのや総菜、漬物などもあります。
川魚ばかりなのですり身を天ぷらで揚げたものも美味しそうに食
しています。

日本の様に枝豆やピーナッツで飲むという習慣は無いみたいです。
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/10/16(Tue)
※すっかり慣れて・・

最近は目新しい物に目がいかなくなってしまいました・・(^_^;)
これでは何のための発信か解りませんねぇ・・m(__)m

近頃、仲良くなった市場の人々が声掛けをあちこちでしてくれる
から一寸、調子に乗っていたのかも知れません・・(反省↓)

乾物屋さんの話です。

決まって行く店があり親子で本当に小さな店なのですが種類が
多々あるのでよく利用します。市場の奥にあるので雨上がりは
泥跳ねで困りますが・・(-"-)

そこは別に愛想が良い訳でもなく、小学校へ行っている子供と
2人でやっています。

スープの素になる干しエビや川イカなどを干した物(するめ)を
小さな袋に入れて柱に紐で結わえて売っています。

客はそこから引き千切って勝手に買うというスタイルです。

また食用油は勿論ボトル入りも数多ありますが・・それを購入
出来ない人用にビニール袋に大きなボトルから目方を計って
小袋でも売っています。案外買う人が多い!

この様に何でも小さく分けてぶら下がっているので客は勝手に
取って行くのです・・(@_@;)

何処から出てくるのか?大抵の物は売っていて本当に小さな店
なのに面白くて時には立ち止まって眺めています・・(*^_^*)

先週中から毎日雨が降り・・未だ『乾季』は来ないです。陽光は
かなり強く33度前後まで上がるのですが・・雨が降ると気温は
下がるから凌ぎやすい日々です。
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/10/15(Mon)
※宝石類・・

この国では女児は誕生すると同時ぐらいにピアスを付けさせます。
それは驚きの現象で吃驚します。子供には何が何だか解らないと
思いますが・・(-.-)

それに結婚する前に男性は最低30万円貯めないと結婚出来ない
風習があります。

  ▼結婚式の負担は全て男性と決められているからです▼

若い人は大変です!賃金も安価ですから30万円を貯蓄する事に
奮闘していますし・・精一杯の状況です・・( ^^)

   ◇殆ど箪笥預金だと聞きました・・(@_@。◇

貯金する感覚が薄く・・ベトナムでもそうでしたが少しお金に余裕が
出てくると(金)に変換します。

市場に来る大方の女性は指輪、ネックレス、ピアス、ブレスレットと
失礼ながら寝巻き姿に宝石をじゃらじゃらと付けて来るので・・妙に
不自然で可笑しく思いますが・・(@_@;)

 ☆それがその人のステータスであり自慢なのだと思います!☆

日本と違うのは純金や18金は購入出来ないのが普通らしく14金
とか12金が人気があるようです。

国が違うと面白いです。よれよれの服に真珠のネックレス、ダイヤ
の指輪の人が多いのも特徴でしょうか?
この記事のURL | カンボジア | CM(2) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/10/13(Sat)
※日々雑感・・

よく言われることに〈人生は長いようで短い〉と言う言葉があり
ますが・・(-.-)

私は利口ではなく、頭の切り替えも遅く愚鈍な性分だし、まさか
こんなに長く生きるなんて想像もしていませんでした!

お叱りを受けるかも知れませんが主人を亡くして30年が過ぎた
今はかなり苦痛の時間だと時折考えます・・(-.-)

 ◇これは贅沢な悩みでは無く・・自然に生まれた感情です◇

最初の10数年は夢中でしたが後の半分は海外生活をしたので
アッと言う間の歳月でした・・(@_@。

今、考えるとそこそこ豊かな人生で素敵な生活を送らせて貰ったと
思います・・( ^^)   ”時代も良かったせいでしょう”

だから我儘を通して最期は外国でと願ったのですが、矢張り、心は
日本を恋しがり郷愁の念は離脱出来ない気持が未だあります。

  ◇不思議な感覚ですが・・矢張り日本人なのでしょうねぇ!◇

かと言って自分で選択した回答を受諾していない訳でもなく、それは
それなりの覚悟はあるのですが・・(^_^;)
この記事のURL | カンボジア | CM(2) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/10/12(Fri)
※ネットが全く繋がらなくて・・

今朝は何時もと同じ時間に起きたのに・・ネットの接続が悪く
もー本当に手こずり40分ほど時間をロスしてしまいました!

▼多分、これからもこう言う事が度々あるかも知れません▼

このPCもかなり古く既に駄目になりかけているので一時帰国
するまでの数週間迄持って欲しいと切望しています・・(・_・;)

日本に帰ったら購入するつもりなのですが・・
もし、書けない日があってもご勘弁くださいね・・<(__)>
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/10/11(Thu)
※国民の祭日・・

盂蘭盆が終わりその直後に3日間連休が有って、この国では
殆どの店が休むことをうっかり忘れていました・・(-"-)

しかし、知り合いの店は閉店していてもある程度の店もあるの
ですが・・慣れないと買いずらい・・

そこに集中するからそれは大変な混み具合で・・道路まで人が
溢れ渋滞していました・・\(◎o◎)/!

その3日間の休みは国が決めた盆休みでその3日間は奥さん
の実家に行くのが慣習で・・4月のお正月よりも店は少なくなる。

4月のお正月はご主人の実家に行くことが決まっているのも・・
面白い風習です・・( ^^)

お正月の方が店は開店しているから理解できなかったのですが
矢張り女性の権力は偉大で・・そこまでしてでも実家へ行かねば
ならない事実にこの国の力の差を感じたものです・・うふふふふ

まー殆ど通常の品は無くて有っても少ないから大変な思いで買物
をせねばなりませんでした・・(-_-)

やっと、今日から正常になると思いますが、数年ぶりのカンボジア
での暮らし・・既にすっかり忘れていた現実でした!
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/10/10(Wed)
※何より食事が大事・・

ベトナムでもそうでしたが・・この国カンボジアでも挨拶代りに言う
言葉があります『ご飯食べた?』と聞かれることです。

「ニャム・バーム・ハウイ?」がご飯食べたという意味ですが・・
私の様に馬鹿の1つ覚えの様に「おはよう!」とか言うのは何故
か親近感がなくて未だ溶け込む迄の段階にすぎません・・(-"-)

朝、市場へ行くと食事をしている若い女性や小母さんが沢山いて
買物客がいても素知らぬふりで食している人もいれば様々ですが

大抵は一旦止めて商品を売ってくれますが、中には”美味しそう?”
に見える麺やご飯があって・・そんな時は「食べる?「と聞かれたり
する。

≪きっと、食べたそうな顔をしているんでしょう≫・・ははははは

何にでも興味のある人だから結構他人の麺や肉類、野菜の載った
朝食を頂くことがあります・・(*^_^*)

それが親しくなった証の様で大方の女性たちは未だ手を付けてない
朝食をいとも簡単に食べさせてくれ「どう?」と言う顔をする・・( ^^)

私が【グッー!】と言うと嬉しそうに「もっと食べなさいと必ず言うのも
お決まりのパターンです。

家に招待されることがあると、そこはまるで何処から集まったかと思
うほどの人の多さに圧倒されるが・・(@_@;)

一通り挨拶を終えると、後は座らされて食卓の上の総菜を誰彼関係
なく見知らぬ人が紙皿に盛って前に置いてくれる。これもお決まりら
しい。

まー言葉が通じないので面白みには欠けるが雰囲気だけでも十分
に楽しく、皆が笑顔だからいい時間を持てる歓迎方法だと思います。

あっけらかんとして、次に会っても全く覚えていない人が多いけれど!
でも、そんな事は何ら抵抗のない国でもあります。
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/10/09(Tue)
※現況・・

早朝3時半になると風に流され揺れている様に何処からか読経
の声が聞こえます。

それは丸で夢の中の様な音になったり、急激に音が耳をくすぐる
様に入ってきます。

数軒から唱和するようだったり凄く遠くて聞き取れない女性の哀切
を帯びた咽ぶような声だったりします・・(-.-)

毎日がそうだからすっかり慣れて忘れている時もありますが、妙
に切なく哀調を帯びた音の様に流れてきます。

私が起きる4時には既に周辺の家庭からも読経は聞こえます。
でも、余り近くからは声は殆どかき消されるように小さな声で唱え
ているのかも知れず気になりません・・(-_-)

暫くして5時半には玄関の掃除に出ますが・・カンボジアと言う国
での挨拶は親しくない人にはちゃんとするのですが慣れて顔見知
りになると無視されたように・・返事も笑顔も返って来ない。

これが親しくなった合図の様で、最初は無視されることに一寸、心
がチクリと傷んだものですが・・そう言う国だと理解してからは大方
の人は何も言わず会っても知らんぷり・・(@_@。

かと言って完全に無視したり苛々しているのではなく彼らにはそれ
が自然なのだという事を覚えた!

日本人は神経質で、とかく、挨拶も出来ない人だと思いがちですが
親しく顔見知りの間柄になるとそれらは省略していいらしい・・(*^_^*)

昨日は夕方に葬列に遭遇した。寂しそうな笛の音だけで多分葬儀も
終わり帰宅する様子でした。数10人の女性も男性も白い上着と薄紫
の衣装でした(これはこの国で初めて見た葬衣でした!)
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/10/08(Mon)
※〖コンクマエ・〗・

東南アジアではタイのキックボクシングが盛んで有名ですがこの
国にも似た格闘技があります。

それを〖コンクマエ〗と言います。
プロのスポーツとしては未だ殆ど無名で知られていませんが・・
多分、歴史も古く国民に近いスポーツだと言われています。

何故、国民の間に浸透しないかと言うとそれだけで生計が立た
ず難しい環境にあるからだそうです。

選手は各地のジムや軍に所属しながら身体を鍛えて週末には
リングに上がるという生活スタイルだとか?

試合はそれでも必ずと言っていいほどTV中継があるようです。
カンボジア人同士の戦いもあればタイから選手を招待して行う
事もあると言います。

会場は盛り上がって血湧き、肉踊ると言われるほど激しい動き
に魅了される。

リングに上がった選手は独特の音楽が鳴り響く中様々のポーズ
で祈りを捧げる。その間は瞬時、静寂が会場を満たす・・

いざ試合開始のゴングが鳴ると熱狂的なファンは猛烈な応援を
するので選手たちの気合いも入り心を奮い立たせる。

そして、試合は3分間、5ラウンドで行われるが、有名な選手ほど
ノック・アウトが多く・・ましてやタイからの招待選手をノック・アウト
して勝つとそれは凄い歓声で・・会場は沸騰しておひねりのお金が
飛び交うと言われています。

見る機会はありませんが知る人ぞ知るというスポーツです。

       (冊子プノン参照)
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/10/06(Sat)
※海外生活をするとは・・

ベトナムから始まって10年以上・・海外生活を体験している・・(-.-)
当初は物珍しさや文化、習慣の違い風習、食事など全てが新鮮で
それこそ見るもの聞くものに心が動かされていました・・(@_@。

所がその国に入り込んで内情が段々理解でき新開発が行われて
所謂インフラ整備が進むと人々は我先とばかりに新しい物に飛び
付いて・・ぐしゃぐしゃな経済が大きな波となって流動し始める。

富める人は愈々豊かになり、貧しい人々は取り残される現象が起
きて・・格差が数段と拡大して行きました・・(-.-)

ベトナムでそれを味わってカンボジアに来たらまた同様な光景が
日常展開されている現実に国民は不満だらけの生活を強いられ
ていました!

発展途上国では仕方ない現実ですが・・同じ経験を2度する羽目
になった・・(@_@;)

政治が悪いと言えばそれで終わってしまうが・・難解な事が多過ぎ
情報は水が流れるように溢れ、オロオロと生きている中年や高齢
者たちには流れさえ停滞して汚濁している。その現況を目の辺りに
見ると・・(-_-メ)

今の日本も高齢者には厳しい時代になっている事を知らされる・・
決して全ての人が好きで長生きしたいと思って生きている訳では
無く・・これは贅沢だと充分承知していても・・(-"-)

辛く切ない時間でもあります!
かと言って生かされている時間は誰にも計り知れない・・(-"-)

何処にいても住み易い、暮らし易い国はもう、無くなってる気がして
なりません・・生活苦や病気と闘っておられる人々には本当に恐縮
ですが・・老いの我儘ばかりでは無いと思っているのですが!

海外で生活することは正直な気持ち本当に面倒です!鬱陶しい事
が多く、それらをクリアーにしながらその国に寄り添って合わせて
生きて行く・・それはかなり厄介なことです!

まー自分が選択した道だから不平はないのですが・・ふふふふふ

そして〖日本人の矜持や誇りを忘れず言う時は絶対譲らない覚悟
が必要です。相手は理解できていないからです〗

それでものんびりと時間は流れ何があっても自分を喪失しなければ
それはそれで受諾して貰える部分も多々あります。

それにしても大変です(まー当然のことですが・・( ^^) )それを解って
来ているのに・・時折、心が揺れてしまう日々も数多あります。
この記事のURL | カンボジア | CM(1) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/10/05(Fri)
※こんなことって・・

数日前に、オーナーから日本語の解る女性に連絡が来たそうで
住んでいる家の写真を撮りたいと、急に言われた。

以前にも既に契約して住んでいる家の中を見に来る人もいて・・
この国では他人の気持ちなどお構いなしで事が進むことを知り
気分を害したことが有った・・(/_;)

今度は家の外だけでなく中も撮ると言う。何の説明も無かった!
契約して家賃を支払っている{謂わば他人の家の中の写真}を
「何故撮る必要があるのか?それも今?」

不思議感と不愉快で翌日来た英語の達者なカメラマン《体中に
タトゥーを入れていたので一寸驚いたが》カンボジア人なのか?
判らなかったが・・

物腰は柔らかかったけれどオーナーも一緒だったので・・英語で
捲くし立てた・・(-"-)

『先ず、1時間以上約束の時間に遅れたことと、私と息子の部屋
はNO』とはっきり断った。別に見せても良かったのだが一応は・・
プライベート・ルームだしそこまで写真に撮る意味が理解出来な
かったからです・・(-.-)

オーナーに何があったのかもっとお金儲けをしたいのか?回答は
この家を売って香港に住む予定だと通訳された。

そんな事は〖私達には全く関係のないこと〗と言った・・彼らは私
の剣幕に驚いていたが・・撮れる範囲内を写真に撮り出て行った。

「オーナーの問題で私達に出て行けと言う意味なのか?」とまでは
聞いたのですがオーナーが代わるだけで私達には全く問題はない
と聞かされた・・(@_@;)

それでも感情は抑圧できなくて多分、憮然とした顔をしていたと思う。

普段は殆ど英語も喋らず余り理解力もない人なのですが・・
何時もへらへらとして優しそうな振る舞いの私ですが外国人を相手
に怒ると思いがけなくすらすらと英語がでてくる・・\(◎o◎)/!

これは本当に不思議な現象です・・(-.-)ベトナムに住んでいた時も
何だったのか?すっかり忘れたが・・そう言うことがあって自分自身
が吃驚したことがありました・・(@_@;)

多分納得できないと我慢できない性分なのでしょう・・ははははは
この記事のURL | カンボジア | CM(2) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/10/04(Thu)
※時々見かける光景・・

何時も大型のトラックで運んで来る・・何処かの村で作っている
だと思いますが・・市場の近くでそれは道路を塞ぎ、暫くは通る
事ができない・・(-"-)

他人の事は殆ど考えないのは・・ベトナムもカンボジアも大して
変化は無く怒る事も無く回り道したり我慢して待っている!

それは竹で編んだ籠や笊、そして衝立、ベッドの上に敷くなどの
竹で作ったシーツの様な物までが市場の前で下ろされ・・数人の
リヤカーに分配されている姿を見ることがある。

それらは数10分ほどで分配されてあちこちとバイク付きリヤカー
で散って行きます。

また、土器や七輪なども同様に小型トラックに載せられ地方から
持ってくるのが普通みたいです。

鈴生りになっている姿も興味が有ります。物凄い数ですし・・(@_@。
それが殆ど無くなるまであちこちと売って生計を立てている。

時にはリヤカーで植木やが来て盆栽や鉢植えの花々も売っている。
そこには小花の薔薇やマリーゴールド、色々な色彩のハイビスカス
もあります。

魚やは盥の上に網をかけたり工夫をしているが時折大きな雷魚が
道路に飛び出て、突然目の前を跳ねる光景にはギョッとなります。

朝は特に盥から出して捌いているので本当に道路には数匹がいて
驚かせてくれます・・(@_@;)

まーそれらも何時もの風景と化して個人的にはすっかり慣れて来た
日常の暮らしです。
この記事のURL | カンボジア | CM(1) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/10/03(Wed)
※歓送会・・

何日ぶりかで晴れた。彼の出発には前途洋洋と思いそれもまた
嬉しくもあった・・(*^^)

迎えのバイクに乗って実家に行くと既にパーティは盛り上がって
いました。彼の友人達が10数名集まって串焼きを手伝いサラダ
や生春巻きを食していたり造るのを手伝っていた。

私の顔を見ると彼が飛んで来てくれて・・拙い英語で日本人の事
日本語やその場所のことなど判る範囲内で質問に応えた!

パーティは1時間程でしたが親族が来たりご近所さんが来たりで
彼は1人1人に丁寧に胸に両手を掲げ拝んで挨拶していた。

そして人数はその位だと思っていたのですが・・私の勘違いか?
彼が銀行員だと聞いていたのですが・・高校の数学の先生だった
ようで空港には学生が5,60人も集まっていて・・\(◎o◎)/!

彼の人徳や人がら教え方が上手だったのか凄い人気者でした。

チェックインまでの時間は殆どが学生と写真の撮り合いで終わり
もう1度持ち込みの荷物を取りに見た時は母親としっかりハグし
私とも握手して見送った。慌ただしい見送りになった!

これ程大勢が見送りに来る光景はベトナムに住んでいた時以来
でした・・(@_@;)

あの頃は海外へ出る事は地方からバス1台で親族や友人が送迎
するのが当然でしたから空港は何時も溢れていました・・ふふふふ

この国も未だ海外に出る人は少なく、研修生が大金を支払って行く
のが常套で、また、一部の富裕層が海外に観光旅行に出るのが・・
当然と言う風潮が今のカンボジアの現況です。

こんなに賑やかで楽しい見送りは初めてでした・・(*^_^*)

彼はバンコック経由で日本に着き、それから国内線で地方へ行くとか?
初めての体験で数日はかなり緊張していて食事も摂れない?と聞いて
いたので案じていたが・・もー心が決まって肝も座ったのか?

落ち着いた感じで若者ながら頼もしく感じた。母親は泣いて居た。何処
の国の母親も子供の旅立ちは切ないものだからずっと傍にいた。

きっと大きく成長して帰国し、この国の役に立つ人になる事でしょう!
迎えが誰もいないと聞かされ驚いたが・・かなり綿密に検索し調査して
いたようで・・頭の良さを感じた。
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/10/02(Tue)
※一寸・・楽しみ・・(*^_^*)

今日は久しぶりに知人の女性の兄が日本に勉強をするために
初めて出国する日です。

近場でそんな話を聞くと矢張り嬉しく感じます・・( ^^)
日本でも地方の何処だか言いたがらないのですが某大学への
留学生として招聘されているようです、

とてもスマートな人でシャイ・・1度しか会っていないが大人しく
優しそうな感じのする若者でした。

今迄銀行に勤務していたようですが・・そこを辞めて日本留学を
決めたそうですから根性もあり、意志の強い人だと信じています。

その彼が出発するのが今日で夕方の便でバンコック経由で行く
と教えられている。その彼の歓送会が内輪だけで開かれると・・

それに参加することになり送迎付きなので有難く受諾した・・(*^^)
珍しく仕合せな話に嬉しさを感じています。

息子と一緒の招待は稀に有るのですが・・私1人は初めてなので
応援の意味も兼ねて出席させて貰う事に決めた。
詳細は明日お話しできると思います。
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ(クメールの風に揺れて・・)
2018/10/01(Mon)
◆台風の影響は如何でしたか?
 強烈な暴風雨のニュースを何度もしていましたので案じており
 ました・・心中よりお見舞い申し上げます・・<(__)>◆

”皆様のご家庭には何事も無く通過したことと想像しております”

※カンボジアでは・・

未だ『雨季』が居座っていて・・激雨や雷鳴が又、何度も始まって・・
すっかり止んで『乾季〗に入ることは無いみたいです・・(-.-)

毎日急に暗転してそれはバケツをひっくり返したような雨になったり
周囲は雨の激しさで見えなく白く霞んでいたりの土曜、日曜でした。

未だ『乾季』は遠いのかも知れません・・太陽の威力も少しづつ増し
ているのは事実ですが、それでも直ぐに暗雲の中に潜り込むので
晴れた感覚が殆どありません・・(-_-メ)

今はバナナの最盛期で毎朝大きなトラック一杯に真緑のバナナが
運ばれて来ます。

20本程度は付いているバナナの木から包丁でカットして店頭に並
べられるのですが・・日本で買う長いフィリピン産とは違ってはたまた
小さなモンキーバナナとも違う種類です。

それは2日位見ていると緑から黄色に変色して美味しそうになって
購入する人は少なくとも2房以上は買うので・・一寸、吃驚します!

今が旬なのでしょう・・沢山の店がこの時期を待って店頭販売します。
バナナだけしか売っていませんから・・直ぐに判るのですが・・数日間
で半分程度は売り切れて追加の緑色が再度並べられます・・(@_@;)
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |