小夜しぐれ
2017/06/29(Thu)
※MRIを受けてきました・・

4年前海外へ移住する前に受けたMRIでしたが・・それなりに
老化が始まっていると言われておりました・・うふふふふ

カンボジアで強烈な伝染病に罹患して酷い目に遭ったもので
もしかして最近の鈍痛であちこち移動する頭痛が・・関連ある
かも知れない話をしたら掛り付けのDRから紹介があって・・
専門のクリニックへ行く事になったのです。

      ★★まー吃驚しました・・(@_@;)★★

その病院は全て予約制で紹介状がないと駄目みたいで・・受付
が5つ位有って・・問診が2枚、持参している用紙にも書き込んで
いたのに待っている間に全員が書かされました。

暫くすると番号札を貰い所謂(入店証)見たいになっていて首から
掛けるんです。 問診用紙が終わると次はDR?に又、診察室にて
詳細に聞かれ部屋を出て時間まで待つと言う状況でした・・(-"-)

暫くして予約時間が来たのでしょう・・数人の番号が呼ばれました。
エレベーターで私は5Fでしたが後の人たちは7F、8Fと行った様子
でした。

この病院は造影専門で東京だけでなく地方からも来ておられる・・
みたいでした・・(@_@。

≪ここにはMRIが10台、CTが数台、MANMOが数台あると聞かさ
 れ・・吃驚仰天しました≫

待合室の凄い混みようは驚きでしたが・・慣れている看護師達が
10数人居て、てきぱきと動いていました。

MRIを以前受けた時はとに角、猛烈な音で・・そして、その音の記憶
が残存していましたが・・昨日はそれがヘッドホンを付けさせられた
のですが・・音楽が流れて来ても{ゴォー、ドンドン、カチカチ、ザァー
ドクドク}と様々な騒音に吃驚しました!以前とはかなり違っていた!

     ▼でも、本当にすっかり忘れていたのです私!▼

こんなのでは無かった気がしていましたが・・(-"-)それに機械も以前
とはかなり違っていた感じがしました。
日進月歩の医療機械には本当に驚倒してしまいました・・\(◎o◎)/

そして「20~30分程度です」という技師の話でしたが・・その長さには
かなりの限界を感じていて「早く終わらないかなぁ」?と心の中で必死
に願っておりました・・(;一_一)

時代は進歩して医療現場の躍進は凄く驚きの連続でした・・(@_@;)
掛り付けのDRに送付されるそうで・・結果は来週になるようですが
まーこんな機会は無い方が良いと思った1日でした!

地下鉄を降りたら晴れていて・・長いトンネルの中から出てきた感覚
がして・・一寸嬉しく幸せな気分でした・・うふふふふ
もしかして何か腫瘍とか認知症の症状があるかも知れませんが・・
一仕事終わった気分でした・・ははははは
スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ
2017/06/26(Mon)
☆ヴェトナムニュース・・

8月6日に南中部沿岸地方『ダナン』市で『ダナン国際マラソン
2017』が開催されます。

『ダナン』はヴェトナムでも大きな都市で中部では有名な都市
です。

同イベントは2014年から毎年開催されてきていると言います。
フルマラソンとハーフマラソンがあってハーフマラソンは午前4時
スタートとかで同市を流れる《ハン川》に架かる橋から朝日を眺め
る事ができて有名です。

エントリ―なさる方は7月10日まで受け付けていると言います。
参加費用はマラソンの種類によって異なるそうです。

『ハノイは猛暑』
丁度、学期末試験シーズンを迎えた『ハノイ』の学生は猛暑対策
に試行錯誤していると言うニュースです。

エアコンがない学生寮には4,5人が共同生活をしていますが・・
部屋を閉め切って扇風機を{強}にして・・その前に氷水を張った
洗面器を置いたお手製の冷風機で暑さを凌いでいると言います。

それでも我慢できない暑さが続いているので1日に何度もシャワー
を浴びるせいで寮では度々”断水”が起きていると言う話です!

コンビニとカフェが大人気で学生たちで埋め尽くされているとか?
殆どの学生が夜に勉強するそうです・・\(◎o◎)/!

日本も暑い夏ですが想像を絶する暑さで、これはカンボジアも全く
同様でカンボジアの方がもう少し暑さは強いかも?・・(-"-)
この記事のURL | ヴェトナム | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ
2017/06/22(Thu)
※久しぶりにカンボジアの話を・・

先日息子が出張で行って来まして色々と情報をくれたものです
から是非、聞いて頂きたいと思いました・・( ^^)

以前にも書きましたが3年前までアンコール・ワットのあるシェムリ・
アップに住んでおりました。
『歳月は人を待たず』とか申しますが・・凄く変遷している様子だと話
をしてくれました。

私が知っている中心部には大きな市場があるのですが、これは街中
でも{尤もコアな場所}でしてそこに住んでいるクメール人や観光客も
訪れてとても賑やかな市場です。

名前は【オールド・マーケット】と言います。その名の通り起源1920年
頃には既に有ったという話です。

西洋人によってアンコール観光が始まったのもその頃あたりと言われ
遺跡観光の膝元として文字通り{コアな場所}であったそうです。

もし、観光のチャンスがある方は覗いて見てください。想像を絶する位
の大きさと種類に驚かれることでしょう・・(@_@;)

      ◇一見の価値を見出して頂ける気がします◇

カンボジアの市場は沢山ありますがここは無数の店舗数(凡そ、500
店舗)が犇めき合っている光景は見事ですし壮観でもあります!

それでも最近は観光客が多く土産店が増加していて市場の半分を
占領しているとか聞きました。

観光客と一線を引くのが・・ローカル向けの市場ですが日用品、雑貨
野菜、食事処、肉や魚などは生々しい現地の素顔が見れるし買物も
できて賑やかで活気もあり面白いです。

こんな風情のある場所を表して”カオス的”と呼ぶそうですが・・犇めき
合う土産店を冷かすのも、買物をするのも魅力がある街であり市場だ
と思います・・(*^_^*)

足元は土で、通路にも店が並ぶのでそれを除けながらぶつかりながら
欲しい物を探すのもまた興趣があり楽しみでした・・(*^^)v
この記事のURL | カンボジア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ
2017/06/19(Mon)
※この歳で資格検定試験に挑戦・・

未だ若かった頃は試験が好きで色々と頑張って資格を取る勉強を
していたのですが・・あれから数10年経ってすっかり忘れていた!

今回思い切って挑戦しました・・ところが地下鉄の改札口を出ると
もー方向が良く解らない人ですから反対を向いて歩いていたようです。

携帯も持って行かなかったし手紙に書かれた地図だけで・・どう見ても
理解できずにコンビニに入って聞きました。
全く正反対の方向でした・・\(◎o◎)/!

まー高齢者ですからそんな事もあるかと思い1時間半前に出たのです
が・・結局は1時間ちょっと前に到着。

想像していなかったのですが学生が多くて90%は中、高、大と言った
人々の中で、1クラス90名でびっしりでした。
若い人は慣れているようで開始時間10分前にどやどやと押し寄せる
様に入室。これも初体験でした・・(@_@。

      ▼何を受けたかはご勘弁下さい・・<(__)>▼

        ▼この教室では最高齢でした・・ははははは▼

生まれて初めてマークシートを体験しました。それが数ヵ所あって・・
慣れないのと、とに角すっかりスカスカの脳細胞から引き摺りだす
答えは中々手強く・・時間内でぎりぎりでした。

まー参加するだけでも十分私には頑張った方だと思いました・・(^_^;)
だから、受かってると嬉しいのですが、多分、弱点で覚えられなか
った所が殆ど書けなかったので・・先ず駄目だと思います・・(--〆)

それでも数ヵ所の教室から終わって出てきた若者に交じって受験した
と言う体験が少し私の心を躍らせていました!

      ◆結果は駄目でも「まーいいか!」◆

素敵な経験とチャンスがあった事に感謝した日になりました。

帰宅したら・・流石に集中したのでしょう・・余計な道を歩いた事も重なり
疲れて少し眠りました・・矢張り歳相応です・・ははははは
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ
2017/06/17(Sat)
※息子が海外出張で・・

先ず食事が楽なことです・・ははははは 彼がいると色々な野菜を沢山摂取
させねばなりません。
メタボの身体には悪影響が出ているもので・・それでも、直ぐにお腹が空くら
しく・・種類や味を変えてメインを1つと野菜、サラダで4種類を作るのです。

帰宅時間がバラバラなので・・それも大変ですが・・最近はチンする事もなくて
冷たいままの方が良いらしく(電子レンジでご飯を温めるのは大嫌い!)まー
適当に作ってテーブルに置くと全て完食してくれるので有り難い・・(#^.^#)

ただ野菜の種類を色々と買うので食費は2人なのに結構掛ってしまいます!
今の所それでも、元気で働いてくれている様子なので安心はしていますが・・

1週間居ないと部屋の中も汚れないし・・うふふふふ 無理やり干すお布団
もここぞとばかりに干しています・・あはははは

        ▲偶には出張もいいものですねぇ!▲

ずっと1人暮らしでしたが・・すっかり依存症になっている自分を考えてしまい
ましたねぇ!

最初の1年は30年1人暮らしだった私は彼の性格や行動が気になリ苛々が
あってかなり葛藤がありましたし言い争いも多々あったのですが・・(-.-)

体調が悪かったせいで、それらを言わなくて飲み込む事にしたら、彼の優しさ
やぶっきら棒な性格も納得がいきどうにか最近はお互いを理解できる生活に
落ち着いた気がします・・(・_・;)

我が子でも大人の1人の男性です・・難しいと思いましたし・・いい勉強になった
と今は思えます。

どっちかが我慢したのでは無くお互いが譲り合って出来た生活なのだと居ない
留守にそんな事を考えていました・・ふふふふふ
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ
2017/06/15(Thu)
※公開講座に出席・・

昨日早朝から息子がカンボジア・ベトナムへの出張で慌ただしく
珍しく私も忙しくしていた。

時間になって雨が小振りに降っていた中出かけました。
今日の講義は英国が生んだ偉大なる女流ミステリー作家であり
その一生は謎に包まれていたと言う話がテーマでした。

家政大学名誉教授の伊藤節先生であった。
中々面白く興味深い話に惹きこまれて行ったのは流石だと感心
しました。

沢山の作品の中から皆様もご存じの『オリエント急行の殺人』
『ABC殺人事件』『そして誰もいなくなった』『カーテン』等は知る人
ぞ知る話ではあるが・・ヴィクトリア朝時代から発祥した殺人事件
を書いた女性本は富裕層や貴族社会に浸透していったそうです。

この頃がミステリーの幕開けになり密室トリックが流行したそうです。
アガサ・クリスティはその黄金時代を生きた女性で沢山の女性の
作家が進出した時代を生きた女性でもあります・・(-.-)

一方、私生活では母親の死によって大きな転機を迎え自分を喪失
10日間ほど失踪して記憶喪失となる事件を起こす!

夫からの離婚を迫られ、また母の住んでいた家を片ずけていたりと
苦痛と凄惨な日々の中で段々と自分を喪失し追いこんで行ったよう
で・・ノイローゼ状態になった!

夫との離婚が成立して{19世紀頃の英国は保守的で富裕層の離婚
はタブーであった}オリエント急行に飛び乗った話は有名です。

その後14歳年下の考古学者に出会い再婚する。
その頃書かれたのが『オリエント急行の殺人』だと言われている。

全世界でも彼女の名前の作品を知らない人は居ないほど超有名人
でしたが・・生活は波乱万丈の人生を送った女性です。

まーご存じの方は多々おられる作家ですが・・私的な部分と19世紀
の英国の生活や富裕層に集まる人々の環境が鮮明に描かれている
作品が多いのも特徴ではないでしょうか?

彼女の小説中に出てくるポアロやミス・マーブル等は彼女は余り好き
ではなく特にポアロを早々に消したいと思考していた話は興味があり
面白く拝聴した。結局は彼女が85歳で亡くなった頃にポアロも死んだ
と言う話でしたが・・( ^^)

まー色々な諸説があるようですが・・ミステリー界の女王としては沢山
の本を残した作家だと言えると思います。
今も世界中で読まれているのですから・・才能のある作家だったと思
いました!

外に出たら青空が広がっていて折り畳み傘は必要がなく帰宅して即
洗濯をした・・ははははは
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ
2017/06/12(Mon)
※他人の悩み相談・・

既に帰国して3年目に入った私に若い友達が出来て色々と一緒
に食事したり、家にも招いて話したりする娘よりも若い女性がいる!

彼女から何度も誘われていたのだが・・足の状態や体調が余り良く
なくて3ヶ月くらい会えなかった。その彼女に昨日会って来た。

諸事情で別居して2年近くなるのだが・・今月始めに離婚が成立した
話から・・新しい恋人が出来て九州へ行く事になったと言う話・・(-.-)

ま、親しくしていたので報告がてら話を聞いて欲しかったのだと思う!
でも、何となくそんな予感がしていて「離婚が成立したのねぇ!そして
別の人を好きになったって話しかしら?」と水を向けると吃驚した様子
で「ど、どうして解ったの?」なんて驚いていたが・・(@_@;)

他人のと言う言い方は酷だが・・矢張り人のドロドロした恋の話は
苦手で、やっぱりと思いながらも一応話だけは聞いたのだが相手
も離婚しているそうで子供が2人も居ると言う。

親の立場なら「とんでもない話だ」と思われるだろうけれど・・私は
「答えなど悪いけれど出せない」「一人前の女性だし、貴女の人生
だから好きな生き方をすればいいのでは?でもご両親は悲しむで
しょうねぇ!」と言った。

他人だからきつい言葉も言えたのかも知れないし・・少々難問を吹
っかけて困らせたかも知れないが・・どんな人生を選択するのにも
何かの支障はあるしそれらの課題を理解した上の結論なら私など
が何かを言う立場では無いと思ったのです・・(・_・;)

相手の彼の方が問題が大きいし「2人の子供をどうするのか?」など
聞いたけれど・・母親の方で引き取り20歳まで養育費を支払うことに
なっているそうだ・・(--〆)

私個人はそんな面倒で殆ど10年以上も養育費を支払う彼の生き方
それでも新しい恋人と一緒にいたいと言う感覚が本音の部分で理解
が出来ていない・・(-_-メ)

色々な考えや生き方があるし・・こんな迅速な世の中だし先の見えな
い人生です。答えなど出せないと思った・・(+_+)

彼女が選択したのなら私は何も言えない。幸せになって欲しいだけ・・
貴女が選んだ岐路なのだから、後悔しないように・・沢山の問題を抱え
る事になる現実を確実に自分の中で処理出来たらいいのではない?

私がどうこう言える立場では無いから・・意地悪ではなく年長者として
の一般論だけれど・・と付け足したのですが・・矢張り、私は人事として
捉えていたのかも知れないが難しい問題が山積しているようで・・(/_;)

   ▼聞かなければ良かったと思った数時間でしたねぇ・・(^_^;)▼

自分の身体や生活を守るのが精一杯の現状が今の私です!
正直、他人の話を聞く余裕や寛容さを持っていなかったのかも知れ
ません・・(-_-)

でも、凄く今は幸せそうに話していたので、楽しいのだろうと思いつつ
どうやって生きるのも個人差があるし彼女は既に大人だから・・( ^^)
そんな事を思った1日になりました。

実際、間近でこんな話を聞くとは?ただただ仰天したのが本当の気持
ちでした!
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ
2017/06/08(Thu)
※TVでもお馴染みの・・

コメンテーターをなさっている東大の歴史の教授〈本郷和人〉氏の
公開講座を受講してきました・・( ^^)

足を痛めてから初めて靴を履いたのですが・・辛うじて歩くことが
出来るようになった・・やれやれ

ただ信号時にはー少しで変わる時などは走ることが未だ出来ない
から次まで待ってゆっくり渡るようにしている!
{日にち薬}とはよく言ったもので浮腫もかなり萎えて来ている感じ
がしています・・既に1ヶ月が経ったと言うのに・・「あーあー」
未だかなり腫れています・・(^^ゞ

さて、教授は体調が悪かったとかで元気がなくTVの話や家庭の話
等で半分近く雑談であった。

折角の〖吾妻鏡〗の話に一般の方の参列もあって何時もより多数
の人数だったのに・・肝心の源氏と平家の争いや北条正子や頼朝
についての簡単な説明で終わったのは残念だった{がっくり↓}

今回は〖吾妻鏡〗=鎌倉時代に成立した歴史書で有る事位しか
恥ずかしながら無知で殆ど知らなかっただけに・・結構楽しみだった
のだが・・その意味では納得がいかない解説であった。

日本の歴史書と言われているらしいが嘘も多く、注意して読まねば
いけないと言う話もあった・・(@_@。
それに歴史は化学であること。歴史には本音と建前があると言われ
何とも面白そうだったのに・それ以上の進展は無かった・・(-_-)

鎌倉幕府の設立は教授の説では1180年と言われ、その理由もごく
簡略な説明で飛ばして2時間座ったり立ったりしながら落ち着かずに
余程疲れておられるのだろうと友人と話していた・・(-.-)

何度も家庭の話がでてきたりTV出演の事など・・若くない私たちには
「どうでもよい話で・・できることならもっと突っ込んで将軍たちの活躍
など面白い逸話などが聞きたかったのに・・(--〆)」

前記にも書きましたが批判したりではなく・・矢張り期待してくる人達に
納得や確認が欲しかったと何度も思いながら過ごした時間でした。

体調が悪いのなら延期されても良かったと思うし、家庭内の話などは
歴史書に必要ではなかったと思ったものです・・(-.-)

辛辣な批判をしているかも知れませんが興味津々で集合した人の心
をもー少し理解して頂きたかった授業でした・・(/_;)

(それでも有名人らしく握手を求める人々が何人もいて仰天した私!)
TVとはそれほどの影響力があるものなのだと改めて感じた。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ
2017/06/06(Tue)
※息子が釜山へ行って来た・・

友人3人で初めての釜山だったようだ。男ばかりで楽しかった
様だが息子以外はお酒を飲まない人達で・・依頼された買物
に精をだしていたそうです・・( ^^)
近くの店で魚介類のつまみでマッコリでも飲んで待っていた
のかも知れません・・あはははは

韓国ソウルやその他の都市はツア・コンをしていた頃に何度
も行った経験がありよく知っていると言ってましたが・・今回の
釜山は初めてで・・面白かったようです・・(*^_^*)

珍しく私にも韓国海苔のふりかけやキムチの詰め合わせなど
又、これは餞別を渡し依頼したのだが・・ははははは
”オーデコロンを購入して来て”と頼んだのです・・香は好き嫌い
があるから解らなくて機内で購入したと言って買って来てくれた!

汗は殆どかかないので心配は無いと思っていたのですが所謂
≪老臭≫がそろそろ出てくる年齢だと思い何年振りかで買った
気がします・・(#^.^#)

若い頃は香水がないと寂しさを感じたものですが・・(-.-)
最近は殆どオーデコロンに代わり直ぐに匂いも飛ぶような穏やか
な香りに変化していた・・(-.-)

今は素晴らしいですねぇ!緑茶から抽出した香りに香料を混ぜ
爽やかで優しい香りでした。今夏は暑いとのこと・・出番を待って
います・・うふふふふ

柑橘類も爽やかさは多分にありますが・・緑茶は初めての経験で
使うのがちょっと楽しみです・・(*^_^*)
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ
2017/06/04(Sun)
※少し安堵しました・・

足の痛みが{老化?}と言われてから・・一寸ショックを受けて
いました!
痛みは幸い薬の効果で(1週間は無駄にしたが)早目に取れ
今は痛みが無いのが有り難い・・( ^^)

しかし浮腫は全く取れず・・中に細菌やウイルスの有無検査も
受けたけれど【異常は無かった】・・それが何よりも不思議で訳
が判らない・・(/_;)

もーそろそろ3週間近くなるのに浮腫は引かない・・かと言って
痛くて歩けないほどではないのだが「動かさない方が良い」と
言われる・・これは一体何なのでしょう・・?

それでも家事はごく普通にこなし買物だけが近場になったのが
気分的には嫌だけれど・・(-.-)

同じような材料を購入する機会が増え、料理は好きで結構1人
でも3食は作る・・が、しかし食する量はかなり減って・・体重は
減るはずなのに・・あはははは

[運動不足のせいでしょうか?]でお腹周りに肉がだぶついて来
ている〈これには愕然〉としてる・・(;一_一;)

それでも上半身は元気だから・・太陽が昇る前から布団干しをし
洗濯もする・・結構部屋の中は歩いていても狭い部屋を行ったり
来たりの生活が3週間も続くといささかうんざりしている!

学校の講座が毎週有るので・・それだけは遠回りしながらも近く
のバス停から乗って行くのだが・・駅に到着しても今まで使用を
しなかったエレベーターにお世話に我先になってしまう。

こんな筈ではなかったのに・・明日も講座があって出かけるから
買物は我慢してと思っているが・・冷蔵庫が空になるのが怖くて
多分出かける予感がしている・・うふふふふ

早く完治してほしい!それのみ願っているが恐怖の{老化?}に
対応の術がない・・(-_-;)
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
小夜しぐれ
2017/06/01(Thu)
※大学公開講座・・

今回は凄く楽しみにしていました。好きな≪古典≫だったからで
平安時代の2大才女【清少納言、紫式部】についての話が聞ける
事にワクワクしていた分、愕然としたのは・・何度も何度もつっかえ
て話の内容が理解できなかったことが残念でならなかった・・!(^^)!

半可通に+少しだけ予習もして行ったせいかも知れないのですが
何をおっしゃりたいのか?焦点が見えないし、視点を何処に置いて
話されているのかさえも解らないまま心の中がもやもやしてしまい
時間の制限もあったのかも知れませんが、2時間もあったのにと思
わずにはいられなかった・・(--〆)

批評をするのは容易いけれど・・スライドが見えにくく漫画本からの
表現法には私たち高齢者には殆ど見えず、返って解りずらく厄介な
表わし方だと感じたのです・・(・_・;)

【清少納言】はご存じの通り〖枕草子=随筆〗を書いた女性で自分
の宮中での体験や読書などから得た知識で、感想や視点を捉えて
書かれたものはご存じの方も数多おられるでしょう・・( ^^)

【紫式部】はあくまでも〖源氏物語=物語〗として作られた話であり
長編でもあり、順序立てした傑作集だと思っていました。

所がそう言う話ではなく、摂関政治の話が多くて・・それも系図通り
に話が流れずあちこち飛び火するものだから・・准教授(彼女)は何
を言いたいのか?表題からは想定できなくて、私には興味が殺が
れがっかりしたのです・・(-.-)

「ライバル同士で有ったのか?」とか【紫式部】は【清少納言】をどう
見ていたか?」などの疑問に挙手を求められたり・・漢籍の知識や
素養があった【清少納言】への嫉妬とか【紫式部】がどう感じていた
のか?本当の意地悪はどっち?」等が話されたが・・生半可に好き
で読んでいただけに「要点はそこ?」
と言う感覚が最後まで拭えず政治的な話で終わった。

少し時代がずれていて2人の才女は一緒に宮中で執務した事は無く
そのことは好きな方なら知っている鎖末な話だったり〖漢詩=これも
好きな私にとっては忘れられない話で{香炉峯の雪}の話などは無知
なこの婆さんは知っておりました・・うふふふふ〗

ま、彼女は一体この大きな課題に対して何を語り伝えたかったの?
そんな疑問が沸々して収束ができなかった私の脳細胞でした。
そのことが何よりも期待が大きかった分愕然としたのはとても残念
でなりませんでした・・(-.-)

  ▼恰好つけて批評など偉そうなことは言えた筋ではありません▼

増してや教えることの難解さと苦手なことは自分で充分承知している
筈だったのに・・酷な批判になってしまったことは私の個人的な感想
であくまでも真面目に聞いていた人は多かった!

何も知らないことを教わるのと中途半端に齧ったことがあることを聞く
のでは最初からスタンスが違っていて当然でしたねぇ!
かと言って「説明しろ!」と言われると「うぅー」となるのだからどうしようも
無い人ですけれど・・ははははは

表題が大きく期待も大きくて残念な講義だったと感じたのは私だけかも
知れません・・<(__)>
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |